「40周年記念特別ブログ」コメント&トラックバックでオリジナルグッズをプレゼント!

ブログ

圧倒的な存在感でシリーズの枠を超えた人気の“ボーグ”。初登場のインパクトはもちろん、各シリーズ・エピソード、劇場版などで描かれた様々な“ボーグ”に関する感想や見所、その魅力について語ってください。

2006年12月25日を持ちまして“スター・トレック40周年記念ブログ トラックバック&コメントキャンペン”を終了いたしました。たくさんのご応募ありがとうございました。

コメント一覧


■孤高の小宇宙

常に強大で無二の存在、まさにシリーズを通して永遠かつ絶対の敵!素晴しい存在ですね。 でも、妥協や譲歩しちゃう所がまたご愛嬌、宇宙種何とかには弱いし、究極の存在Qがいる。 リーグ優勝したが日本一になれなかった中日ドラゴンズに重なるのは私だけか… 確かに日ハムには宇宙種新庄がいた。

SPOCK(2006年10月31日 22:22)

■北○鮮=BORG ?

北○鮮、やっちゃいましたね〜。核実験を。しかも国連決議を宣戦布告!とまで・・・ 完全にBORGです!他国の情報を手に入れる為には拉致して“同化”するし、世界中から何を言われても「抵抗は無意味だ」的発言をするし。北○鮮の軍はみなBORG的存在。将軍様はひょっとしてスタートレックファンなのでは?ひそかに「喜び組」とBORGごっこでもして悦に浸ってるのでは?ボーグクィーンならぬボーグ将軍様? ゲゲゲ、気持ち悪くなって来た・・・。その内、マスゲームでは会場全員が連邦のユニフォームを着用して、将軍様がスポックのヘアースタイルでバルカン式挨拶をしたら・・・ 世界中が大笑いするだろうな。

ピカード艦長代理(2006年10月19日 03:09)

■最近見ないんですが…

コーヒーはいつもブラックですし、ファーストフード店やファミレスでは袋入りのグラニュー糖しか見かけないのですが…なんかのハズミでコーヒーを飲むときに角砂糖を入れたのです。それが溶ける様を見つめながら「ふふふ、ざまあみろ」とつぶやいてしまいました。いい病院があったらご紹介下さい。

えいいち(2006年10月18日 22:23)

■ドームズディマシン

TOSで登場した最終破壊兵器が、実は対ボーグ用の復習兵器だったとは。 小説の世界でも、ボーグは話が広がるほどのベストキャラクターですで。

イッシー(2006年10月17日 18:20)

■ボーグって

ボーグって最初、無敵だったけど、ヴォイジャーではいろいろと解明されてきて、脅威とはいえなくなってきましたよね〜 とはいっても、やっぱ怖いボーグ、あのスキャンされてるときのドキドキはたまらんわ・・・ 抵抗は無意味だ

くに(2006年10月13日 23:03)

Borg第一作目のラスト 「存在を知った」「やってくるな」 ガイナン・艦長の真剣なまなざしとやりとりから恐怖を感じたのは、無機質なBorgの姿を見た直後だからでしょうか?

かかあ天下の夫(2006年10月10日 10:38)

■セブンが好き

ボーグ関連の物語はすべて面白いですが、その中でもセブンが 一番好きです。あの美貌とクールさにぞっこんです。

yosi(2006年09月23日 11:47)

■ボーグ誕生の起源

VOY第59話 ”Unity” 「ボーグ・キューブ」は比較的地味ではあるが、とても興味深い。これは、初めてボーグの肯定的な面が描かれたエピソードだ。 和平を実現するため、互いの心と心を結び、個を超えて理解し合う。このような話は他のSFでも見られるが、このエピソードは、そもそもの原ボーグ集合体誕生の経緯を強く示唆するものと言える。 チャコティと元ボーグの女性が文字通り心を通わせるシーンは私的な美しさが漂う。 個を超えて理解し合えるのは、素晴らしいこと。それが、個を抑圧するのでない限り。 統合された意識、その強大な力が、他者を認めない傲慢さを持つときの危険性。 そしてこの話は、ここで誕生した新たなる集合体の未来の危険性をも示して終わる。

ねも(2006年09月20日 23:11)

■こわい!!

ボーグがテーマの回は身をこわばらせて見ていました。ボーグには何も通用しない・・・?でも、最後にはやってくれましたが。ピカード艦長がボーグになった時は本当にショックだった!

スノーイン(2006年09月19日 22:35)

■ターミネーターより怖いかな?

自分の体を乗っ取られて、 自分の意識とは関係ない 蜂のように集合意識で動くとは 不気味。

tagosaku(2006年09月19日 13:08)

■抵抗は無意味だ!

惑星連邦の最大の脅威として衝撃の登場。 TNG、VOYでその恐ろしさを見せてくれたが 個人的には映画「FIRST CONTACT」で惑星連邦の存在そのものを消す為に過去へタイムスリップする一番の恐怖を見せたところですね。

こ〜さん(2006年09月19日 03:45)

■ボーグサイコー!!

大昔にTNGでみた時は怖かったですがVOYでボーグのとてつもないかっこよさに気づき、ボーグのムービーアドベンチャーゲームも買ってしまいました!  セブン、ブルー、ワン、 泣ける話もあり・・・ あの同化プロセスのCGもかっこよい!!  デザイン、テクノジーも好き!!  サイコーです。 もうスタトレには無くてはならないものですね!

抵抗は・・無意味ではない!(2006年09月18日 22:58)

■ボーグが表すもの

既に皆さんも書かれていますが、ボーグが初登場した際、主役であるはずのエンタープライズがなす術無く引き下がることとなりました。世の中には思いどおりに行かないことがあり、いつかその壁を越えられる時もきっと来る、ということを教わったように思います。

明太(2006年09月18日 22:55)

■ボーグ

ボーグのような存在は、この宇宙には本当にいるんだろう。

akapan(2006年09月18日 20:27)

■史上最大の敵 ボーグ

TOSの時のライバルといえば,クリンゴンだった。映画シリーズも含めると,クリンゴンがライバルの時代は長い。しかし正直言って,迫力に欠けていた。その後ロミュランなどいろいろな異星人が出てくるが,あまりかわりばえがしない。その中で,ボーグは,宇宙艦隊が壊滅されるなど,迫力がある。クリンゴンとは結局友好関係を結ぶことになるが,ボーグは,いつまでも宇宙艦隊に恐怖を与える史上最大の敵として君臨してほしい。

yoshio(2006年09月18日 18:07)

■「ブルー」にスタトレの精神を見た

ボーグといえば、ブルーが初登場するエピソードが印象的。完全悪と思われたブルーに対して、スタートレックのとったスタンスは相互理解というスタンス。「おお!さすがスタトレ!」と唸ってしまいました。

Jun.(2006年09月18日 07:05)

■ボーグに関する考察

TNGで初めてボーグが登場した時のことは、強烈な印象と共に憶えている。 巨大なキューブ型の宇宙船といい、まるで蜂や蟻の様な生態といい、発想のユニークさとスケールの大きさで、他のエピソードとは一味違うな・・・という印象だった。 ボーグネタが視聴率も高く、高い支持を集めるのもうなづける結果だろう。 VOYに引き継がれ、更に特殊メークやCGの進化によって迫力も一段と増した。 ボーグ以降、見栄えのする派手なCGシーン特殊メークが増え、初期からのファン以外の支持を取り込むのにも成功したように思える。 ただそんなテクに頼らずとも、スタトレの本当の醍醐味は、そのストーリーの発想のユニークさにあると思う。 TNGの「超時空惑星カターン 」などは派手なシーンなど皆無だが、シリーズで1・2位を争う秀逸な作品だと思う。 初期からのファンはその点を十分に心得ており、映像効果満点のENTにあまり興味を持てなかったのではなかろうか・・・。 私にとってのボーグは、良きにつけ悪しきにつけ、スタトレにとって大きな転機をもたらした、重要な存在に感じられてならない。

mikeneckie(2006年09月17日 15:52)

■人間味のあるボーグに安心

私は、ブルーを始め、自己にめざめたボーグが増えていったことに、安心感を覚えてみていました。機械は楽をくれるけど、幸はくれない。換わりの時間をくれるけど、感動の一瞬はくれない。ちなみに、データも人間を探求する点では同じじゃないかな。

かっきゅん(2006年09月17日 15:21)

■セブン・オブ・ナイン!

宇宙大作戦以降スタトレから離れていましたが、偶然見始めたヴォイジャーシリーズ。そこで初めてボーグの彼女に出会いました! 感情を持ち始める過程にも魅力がありますが何と言ってもあの美貌、スタイル。同性から見てもほれぼれします。スタイルが良くなきゃあの衣装は着られませんよね〜

さと(2006年09月17日 15:12)

■ビバ!ボーグ

私にとって印象的なのはセブン。頭脳明晰、冷静さはうらやましい限りですが、時に人間らしい気遣いや表情を見せるのが魅力的です。

川村睦美(2006年09月17日 13:52)

■ボーグの思い出

機械との人と融合された「サイボーグ」的なエイリアンは今までも出演してきたが、「BORG」はデザインが秀逸であった。しかしながら、話の筋は古くからのトレッキーには驚く事は無い普通の展開(筋の面白さが)で放送されてきた。 しかし、「ロキュータス」の回は違った。先の見えにくい展開で、終わり方も先に通ずるような話で印象深かった。映画館の大きなスクリーンで最前列から見た「FarstContact」のオープニングは一生の思い出となるでしょう。

USSY(2006年09月16日 23:18)

■人間になりたい

クイーンにに感覚器官を移植されてしまったデータ少佐のシーンは今でも忘れられません。技術的もすごく高度なボーグですが何とか同化せずに連邦にもその英知をもたらす話があればなと思います

data(2006年09月16日 17:27)

■ボーグの故郷

時空ネタのひとつで、ボーグを生み出したのは地球人だったというのは、いかがでしょうか。 映画版のTOSで、ビジャーが、でてきますが、このへんと絡めできそうな感じが。

こんきち(2006年09月16日 13:57)

■決め台詞

おむつ替えをぐずる息子にいつも 言っています。 「抵抗は無意味だ!」

緊急医療ホログラム(2006年09月14日 23:40)

■私の

私の中で”ボーグ”は蟻か蜂。 圧倒的な数と統制でぞわぞわする感じがすき。

おおくじら(2006年09月14日 14:33)

■ボーグ大好き

最初ボーグを見たときは、非常にグロテスクでしたが、あのボーグからセブンオブナインが出てきてからボーグのとりこになりました。

かばっち(2006年09月13日 20:47)

■嫌いでしたが・・・

はっきり言ってボーグが出てくる話は嫌いでした。なんか、暗いし、怖いし・・・。でも、セブンオブナインの登場で、かなりボーグに対する興味がわきました。

jinpachi(2006年09月13日 12:23)

■いたっ

 ボーグといえば「いたっ」。 あんな改造されたら、と思うだけでもうダメ。TNG放送当時はその圧倒的な強さと相まって、とんでもない恐怖を抱いたものだ。VGRになってちょっと弱いところもあるイメージができたけど、やっぱ「いたっ」。

1701f(2006年09月12日 22:59)

■最強の敵

どんな敵であろうと必ず勝利してきたエンタープライズが、逃げなければならない敵に出会った時はショックでした。集合体意識と同化思想、脅威の科学力と全てにおいて異次元の最強最悪の敵がボーグです。 でもいつかきっと勝利することでしょう!

たかさん(2006年09月12日 21:42)

■私もボーグ(爆

ボーグ最強は”ワン”!! まともだったら無敵です。

キューブ(2006年09月12日 17:42)

■ブルーLOVE

ボーグこえ〜! でも、同化したらたのしいかも!

nx-01(2006年09月11日 12:55)

■コワイよぉ〜〜

最初のボーグに対する感想。一言「こわいよぉ〜〜」でした。 しばらくは、ほんっとに怖くてボーグの回を見るのを躊躇ったぐらいに。。 そんな私がボーグに恐怖がなくなったのは、VGRのセブンの登場あたりから。 セブンが登場したことによって、ユニマトリックス0の話が生まれたと思うし、あの話でボーグに関するイメージがガラリと変わりました。 今はボーグだけど、元は普通の人なのだ。。と。  セブンという、元ボーグを通して見れたボーグは、今までのボーグと違って、人間的?というか恐怖だけじゃないボーグを見れてよかったです。

小春日和(2006年09月11日 11:12)

■だんだん弱くなっちゃって・・・

TNGに出てきたボーグ、圧倒的な強さで、出会ったら逃げるが勝ちって感じでしたが、VGRでは、なんか、弱くなっちゃって・・・。もう少し強いままの方がよかったかな。

ウィル(2006年09月10日 00:43)

■抵抗は無意味だ

自分にとってボーグというのはとても憎い存在です。なんか言えば「抵抗は無意味だ、お前らを同化する」とか言って・・・正直、嫌いです。 ボーグに言いたい・・・ 「お前らはどうか(同化)している」

うたちゃん(2006年09月09日 23:49)

■抵抗は無意味だった

STの魅力の前には無力です。 でもどうせ同化されるなら BLUEよりSEVENにお願いしたい。

odyssey1701(2006年09月09日 23:19)

■ピカードの涙

TNGのボーグ戦の後日談『戦士の休息』で傷ついたピカードが最初は平静を装うが兄にケンカをふっかけられ『抵抗できなかったんだ〜』と本音を出して泣きじゃくるシーンでもらい泣き!これでTNGにはまる決心をした。 ヒュー(ブルー)の話も泣かせるが、VOYの第三シーズン終わりの方からのついにボーグと遭遇か!という緊迫感が最高!そして、なんとジェンウエイはボーグと手を組むなんて、このへんの脚本すごい!セブンの登場で人でない者を通して人間の本質を描くSTの精神が冴える!DS9でエディングトンの『ボーグも連邦もやってる事は同じだ〜』というセリフにも心動かされた。 人間の本質を描くのに最高のキャラクターだねボーグって!

kazumagic(2006年09月09日 17:06)

■無機質からの脱却

ボーグといえば初めて登場したときには「Q」の脇役って感じでしたが、その無機質な不気味さが印象に残ってました。きっと多くの方がそう思われたのでしょう。以来DS9、VOYAGER、Movieなど様々のシーンで欠かせない存在となりました。 中でもSeve of Nineは無機質なボーグからの脱却にスタートレックらしいヒューマンドラマを感じます。

恵比寿(2006年09月09日 13:41)

■やっぱりセブンかな?w

ボーグはTNGからのキャラなので、TOS派の自分としてはあまり馴染みが無いのですが、VOYで登場する元ボーグのセブンオブナインは印象強いですね〜。コマンドクルーの個性とかかなりTOSを踏襲してるような気もするので、シリーズ的にもTOSについでお気に入りです。あと、TMPのビジャーって、やっぱりボーグが改造したんでしょうかね?

H.T(2006年09月08日 03:10)

■ボーグ〜人間へ!!

ピカード船長のボーグ姿も印象的でしたけれども、私の中では、セブン・オブ・ナインですね。人間に戻っていく過程が、とても印象的でした。セブンが、チャコティ副長を意識していくところとか・・・ね。人間に戻っていく可愛いセブンが、好きです。

パリス(2006年09月05日 14:19)

■ボーグと言えば

セブンオブナイン美しすぎる美貌と卓越した頭脳。シリーズNO1でしょう。

ゆきさん(2006年09月04日 19:24)

■ピカードが・・・

ボーグに同化されるなんて・・ 艦長は絶対大丈夫!!と思って見ていただけに心配でした。 セブンオブナインが元ボーグでも人間らしくなっていくところに感動と、ボーグの親玉がアレはアレでとてもきれいな人だったのが印象的でした。

airin(2006年09月04日 16:46)

■抵抗は無意味だ。

やはり最高のキャラクターは、”ボーグ”以外ないでしょう! 最高の世界観を持った展開ですよね。 ただ、惜しいのはボーグクイーンの登場。 そういうトップを置くから完全であったあの!あのボーグが崩壊した。 ま、主人公がやられては話になりませんがね・・・ 実に無限の夢のある”ボーグ”・・・すばらしい。 そうだ!ラスベガスの「スタートレック・エクスペリエンス」では、クリンゴンではなくボーグのウエイターで出迎えて欲しいですね。 ・・・行ったこと無いけど・・

ムネ(2006年09月04日 14:07)

■同化と開放

登場した頃は、圧倒的な戦力と、ひたすら同化の恐怖がついて回ったものですが、だんだんボーグも変質したり、人間への興味を示したり、解放されるものも出てきたりと種族(?)の質の変遷が興味深かったです。

cybergypsy(2006年09月03日 11:02)

■絶対的な強さが魅力です。

 TNG登場時の、あのボーグの絶対的な強さは恐怖でした。ピカード艦長をライカー副長が助け出した時は本当に感動しました。ブルーの登場でラフォージとの友情に、ボーグに対する親しみを感じ始め、セブン・オブ・ナインの登場で彼女を見守るジェインウェイ艦長に感情移入するようになりました。映画の続きがENTで描かれたことは、ファンにとっては嬉しいことでしたが、やはり、スタートレックの全体のストーリーに矛盾が生じてしまうと感じました。ストーリー上、矛盾の生じないような最大限の努力は払われていたちは思いますが・・・。

なんば〜わん!(2006年09月02日 14:41)

■忘れてました。。。

ボーグとの思い出を考えてみた。「ピカードって改造されて痛そうだったな。ブルーっていうのがいたな。」そう思ってコメント一覧を見ていると、セブンオブナインの名が。忘れていました。セブンオブナインが元ボーグだってことを。

ししゃも(2006年09月01日 23:36)

■やっぱロキュータスでしょ

ピカードは、何故同化されたのに生き返れたのか不思議です。 身体の中にナノプローブは入っていないんでしょうか。 誰か聞いてきて下さい

あねご(2006年09月01日 23:36)

■どうなの?

前からちょっと気になってること。 スタートレックでは、ボーグキューブ。 スターウォーズでは、デススター。 どっちが真似したんでしょう(

さいころ(2006年09月01日 23:28)

■御前崎を高架下。

抵抗ハムニダ。

書いてみたかっただけ(2006年09月01日 16:44)

■Unimatrix Zero

Unimatrix Zeroで描かれたベータ宇宙域のレジスタンス。その後は? いつかどこかで新しいエピソードで触れて欲しい。40周年とはいえ、新作がないのは、悲しい。

コロック(2006年09月01日 14:03)

■意外に

当初は最悪最凶的なイメージでしたが時が経つことにそんなに悪くもなく好感すらもてるようになったのが不思議。やはりロキュータス遺伝子がなにかしたのでしょうかw。

ちょうじろう(2006年09月01日 13:19)

■ぴっかりピカード

大のジェネレーションファンを自負しており、僕の嫁がジェネレーションが大好きで、結婚したのも、同じジェネレーションファンとして気が合うかなーと考えたからでした。 特に好きなのがぴっかりピカードこと、ピカード艦長で 、ボーグにピカード艦長が取り込まれた時が特に印象に残っています。この時、艦長は戻ってこれるのだろうかと不安になったものでした。続きを見たいのに、DVDでは、前編がseason3の最後、後編がseason4の最初という構成だったので、次のセットが発売されるまでが待ち遠しかった事を覚えています。

トキオ(2006年09月01日 12:56)

■ボーグの名前

ボーグに名前をつけることで視聴者に親しみを持たせる作戦。 セブン、クイーン、ナイン…。 いけない! 危うく同化されるところでした。

とのちゃん(2006年09月01日 09:21)

■セブンは美人

ボーグは恐ろしい存在という表向きの印象の反面、ある意味究極の平等な社会なのでは?と思ったりしました。 んが、ボーグクイーンが出てきて「やっぱりどんな世界にもセレブはいるんだぁぁっ」とやさぐれた記憶があります。

9of9(2006年09月01日 01:15)

■SF嫌いの私が・・・

私は“VOYAGER”から見たんですが・・・。 SFが嫌いで世間でスターウォーズが流行っても全く興味なし! そんな私がスタートレックに出会ったのが9年前かな? たまたま彼氏が好きで見ていたのですが隣で「ニーリックスとか見て変なの〜」って思ってました。 あまりに彼氏が毎日ビデオ録画したやつを見ているので真面目に見て見ることに・・・。 見ていくうちにハマッてしまい、DVD勿論購入し、ドクターが来日イベントへも1人で行ってしまったほど・・・(笑)チケット1枚しかなかったし(笑) 今では見出すと・・・ 夜も朝会社出社する前にも見てしまい通常TVも見ないので1週間続くと、浦島太郎状態になっちゃうくらい見てます。 私の“家宝”としてDVDは子孫に受け継ぎたいくらいです! VOYAGERから始まりピカード艦長シリーズにはまり!ネメシスは映画館で見ましたしDVD勿論そろえました! 本当に素晴らしい作品を制作してもらいありがとう御座います。

くみっぺ(2006年08月30日 12:26)

■ロキュータス

 ブルーも印象深かったけれど、やはりロキュータス。特にDS9の冒頭シーンは強烈だった。TNGの立場から見れば「どうやって艦長を救うか」でしかなかったけれど、DS9の立場から見れば、明らかに彼は加害者でしかなかった・・・。この痛烈な皮肉ともいえる現実感が、スタトレのいいところです。

Noel(2006年08月28日 22:25)

■ファーストコンタクト

ボーグの話はどれも面白いが映画のファーストコンタクトは最高だった。映画次回作期待しています。

porthos(2006年08月27日 06:07)

■何時もわくわくして観てました

ボーグの出て来る話は何時もワクワクさせられます。 正しく最強の敵です。

hiro(2006年08月26日 19:14)

■同化

やはりピカード艦長が乗っ取られたのがとても印象的でした♪この先どうなるのだろうとワクワクしました^^

かじゅ(2006年08月25日 00:24)

■やっぱり

やっぱりロキュータス それでも7of9

いぬさんず(2006年08月24日 20:47)

■ボーグキューブって??

最初は機械化されると、意識はなくなると思っていました。でも、ブルーやクイーンに対抗するボーグもいるのが分かって、こうでなくっちゃと思ったものです。でも、ボーグキューブって「さいころ」だよね。宇宙を移動するのは抵抗を考えなくても良いからこれでもOKなのかな。自分的には、球体の方が強い気がするんだけどな…

HIK.SCORPIO(2006年08月23日 22:43)

■ボーグの最後?

ボイジャーの最終回、ボーグのトランスワープチューブを出たところで、ボーグ集合体が壊滅していくのを見ましたが、あの後どうなったのかが、気になります。 本当に最後だったのか、それとも復活してくるのか。 ボイジャーの続きがあっても、いいかもね。

tune(2006年08月23日 20:21)

■ロキュータス

みどころは、艦長が同化されちゃう所でしょ。

しら(2006年08月22日 10:19)

■TOSファンだけれど

もうン十年来のTOSファンで、新シリーズの存在を許すにはかなりの年月が必要でした。特にVOYは、初めの頃全く別の作品のように感じていたものですが、セブン オブ ナインのおかげで、私はVOYも好きになることができました。 「セブンちゃん」はなんともカワイイ!!!!! それにかっこいいし、少しずつ人間らしさ(?)が戻ってくるところも見ていて嬉しかったです。

なのはなもどき(2006年08月21日 18:10)

■ボーグ変質の謎…

登場当初は謎が多く,神秘的な存在だったが,人気キャラとして再々登場するうち,ちょっと物足りない敵役になってしまった感じ.しかし,そうして人類との共通点や,彼らの内なる苦悩を描かれるところが,STらしさでもあり,痛し痒しというところ…

S'Kal(2006年08月21日 09:26)

■ピカード

ボーグで最初に思い出すのはピカード艦長、次にセブンオブナイン、次にボーグクイーンかな。宇宙大作戦から見ていた私には、第一印象は、ほーって感じですかね。悪い意味ではありません。それまでに色々と驚きが沢山ありますからねー。

なつみかん(2006年08月20日 23:09)

■ボーグって

ボーグって怖い存在でしかなかったんだけど、ボイジャーで印象が変わりましたね。 どこか人間的な部分があるというか、心の中でどこかでつながっている「我々は〜」というボーグにある種の憧れもあるような。 うまく表現できない、それがボーグかもしれません。

星猫★ちょびすけ(2006年08月20日 19:55)

■やや無敵

やっぱり敵は強くないとね!

すこっぷ(2006年08月19日 09:37)

■ボーグBOX欲しくなった!

ここのコメント欄を見るまで,ボーグBOXには興味がなかった.私の中ではTOSしか認めていないからだ.しかし,First Contactでのボーグは確かに衝撃的だったし,スタートレックと同じくらい好きな『スターゲイト』TVシリーズに出てくる機械生命体『レプリケーター』の元祖とも言える.こいつはボーグBOXを買わない訳にはいかないだろう.カミさんに叱られるのを覚悟で.

中澤利彦(2006年08月19日 00:43)

■結婚記念日

 ファースト・コンタクト日本公開日である96年3月9日に、式を挙げました。  ハリウッドのヒルトンホテルで迎えた新婚初夜、ペイチャンネルでファースト・コンタクトがやっていました。「有料やで!」と嫁さんを叱りつけた後、どうせ払うなら消すのはもったいないと、最後まで見てしまいました。  10日間の新婚旅行から帰ってくると、そのまま東京に宿泊し、翌日日比谷映画へ行き字幕入りで再見しました。  サービスデイで、1000円で見れました。とてもラッキーでした。

あんそにー・ふぁろん(2006年08月15日 19:34)

■WORFさんのコメントへ

ボーグって食物を必要としなかったんですか〜。私が以前投稿したコメントの答えが分かってよかったです。

BORG No.2(2006年08月15日 01:19)

■ファーストコンタクト見た

やっぱり、ファーストコンタクトって面白いですよねー。ボーグが再生するときに、頭のところにピカピカ光っている(円形の枠の中にプラズマみたいなのが走っているやつ)が、近所で売っていましたー。ほしかったけど、お値段が・・・。ボーグってあらゆる有機物から体内に必要な成分を合成するから、食べ物は必要ないんですよ。しってました?

WORF(2006年08月15日 01:11)

■ボーグボックス買っちゃいました

他のシリーズの厳選エピソードが収録されてると知りネットで購入して今日届きました! 写真でみるよりパッケージも7色(?)にキラキラしててかっこいい!これから久しぶりにジェインウェイとの対決のエピソードを見ま〜す。

セブンオブナイン(2006年08月14日 18:03)

■抵抗は無意味だ

連邦の世界が地球人の未来像なら、ボーグ社会もまた現代人の未来像の1つなのかな?なんて考えたりもします。まさにどっちに転ぶかは自分たち次第♪無限の可能性ってやつですね。

EMH Mk-3(2006年08月13日 21:52)

■名言

クリンゴンの「カプラ」ヴァルカンの「長寿と繁栄を」に続く名言「抵抗は無意味だ」 はトレッキーなら誰でも判る。 TOS映画[[StarTrek ?]のヴォイジャーとボーグが似ている 情報を吸収する為だけに存在するマシーン。半分有機体である所に完全差と不気味差を感じるスタートレックシリーズで大きな存在である事は間違い無いだろう。

Jonathan(2006年08月09日 20:51)

■BORGER

テレビ版のボーグより、劇場版のボーグのほうがかっこいい!!(気のせいかな?)ボーグキューブの中ってちょっとしたお化け屋敷みたいですよね。いってみたいなぁ。

ade(2006年08月09日 12:44)

■ヴォーグの進化

ヴォイジャーのヴォーグは、何で人間タイプで進化したのかな?デルタ宇宙域では、ヒューマノイドより他の種族が多いのに、現在のエンタープライズは、どこの宇宙域かな?一度ヴォーグが出てきたけど、デルタ宇宙域とは縁遠い話で、時系列的に並べて、ヴォーグの出世元はどこかな?

HAY884(2006年08月08日 14:35)

■ボーグと進化論

ボーグは最強、ボーグは最適、ボーグは無比。だが、心を持ち人間に進化の過程にある。その先には、弱さと悩める「人生」だろうか。

DT2(2006年08月07日 16:48)

■スタトレ史上、最強の敵

ボーグはスタトレ史上の中で、最強の敵ですね。ボーク艦が出てきた時の威圧感....TVの中の出来事と言えども、ドキドキしてきてしまいます。それと、ボーグって、我が国の隣国に似てるな〜って前々から思ってます。クイーンの為なら黙々と働くドローンと、将軍様の為なら人権も何のその...って所が何となく重なってしまします。

とし(2006年08月05日 01:44)

■やっぱりいい!!!

ボーグは、フェイザーをも同化するけれども、もし、E型戦艦のタイプ12のフェイザーを1人のボーグに向かって発射しても、同化するんでしょうかね〜? ボーグクイーンになら同化されてもいいかも(笑

fds(2006年08月03日 02:24)

■奇怪なれど、楽しい画像

ヒューマンスティックな面が随所に現れているが、細部の画像を見る楽しさがひきつける

s7create51(2006年08月02日 20:56)

■ガクブル

「抵抗は無意味だ」...ボーグの話は、毎回手に汗握る緊張感がありました。

まさ(2006年08月02日 16:18)

■強い

強い!とにかく強い。

準ちゃん(2006年08月01日 14:15)

■連邦の鏡…

DS9のエピソード中のエディングトン少佐のセリフが印象的だ. 「大儀」の元に加盟国を増やす連邦も,他種を同化するボーグも同じではないか,と. ボーグはすなわち,肥大化した惑星連邦の映し鏡なのではないか? 鏡の中の自分を殺せるかどうか? ボーグは決して外にいる敵ではなく,人間の心に挑戦してくる内なる敵なのだ.

S'Kal(2006年08月01日 13:20)

■ネメシス

ネメシスでは実現しなかったが、ピカード艦長とセブン、二人が顔を合わせた時のやり取りが見たかった。 セブンとロキュータス。程度は異なるかも知れないが、同じ境遇を共有する二人。ロマンスもありかな?

源九郎(2006年08月01日 10:57)

■生命体として

普通,生物といわれるものは,自分の同種族を増殖させることが,第一の目的であるはずで,どういう手段であれ,別種の生き物を取り込むのは,生物本来の目的からは,逸脱しているのではと思います。DNAを取り込んでいるわけでもないですしね。 機械が進化するためなら,脆弱な肉体は,むしろ邪魔であり,データのような個体が究極の存在でしょう。 そもそも歩ける必要は無いと思いますし。 共同体の割りには,クイーンという代表を登場させなければ,物語を終結させられなかったとは,当初は,これほど人気が出るとは思えなかったということなのでしょうね。 攻めてきたら,抵抗しないことにしますから,痛くしないでね(笑)

東(2006年07月27日 12:58)

■セブンに恋心

販売店に設置されていた セブンおぶナインに 恋してしまった。 周りの目を気にせず 写メで2ショーットして しまった・・・。 そして待ち受け画面に してしまった・・・。

NewNewちゃん♪(2006年07月24日 13:03)

■ボーグの謎

ボーグって、寿命とかあるんですかね?それに、ボーグに対して何もしなければ、襲ってこないということは、誰でも同化するというわけではなさそうですね。

trek(2006年07月23日 21:38)

■どうなったのかな?

たった今、「ボーグ変質の謎」を見ました。やっぱりおもしろいですね〜。ブルー達は、このエピソードの後、どうなったんでしょうね?

JAMES(2006年07月21日 01:02)

■ボーグが実在したら・・・

ボーグは蟻の生態によく似ている。他の蟻を奴隷化する蟻が実在する。まさにボーグそのものではないだろうか。 ボーグには善悪の区別はなく、蟻同様、他者を同化することは彼らの生き方に他ならない。 なぜこんな考え方に至ったかはボーグクイーンの存在である。まさに女王蟻そのものだ。すべてを統率し、いかに効率よく兵隊たちを動かしていくかを常に考えているではないか。 ボーグは生きて進化するために他者を同化する。こんなやつらがもし地球にやってきたらと思うとゾッとする。

ラトムス(2006年07月20日 22:45)

■ある意味、最良な社会

 TNGシリーズから始まって、TOS、ENTと楽しく拝見させてもらっています。  スタートレックシリーズの根幹にあると思っている現代社会への警鐘というか、理想、夢というか、そういうものを考えるとき、「ボーグ」の存在がある意味では最良な社会の形態では?と考えてしまいます。  ボーグ内部では、平和そのものですからね。(笑)  しかしまぁ、そういった完全に統制された社会への反発も、現実にはよくある話で、ボーグに限らず、現実社会の縮図を見ているような気になります。  連邦の掲げる理想もボーグの掲げる理想も、紙一重であるからこそ、最強最大の敵となりうるのでしょうね。

さっさ(2006年07月19日 10:38)

■お腹すかないの?

ボーグって再生はするけど、食事はどうしているんでしょうね?ボーグも半分は有機体なのだから、栄養を取らなければ、細胞に栄養がいきわたらなくなり、死んでしまうのではないでしょうか?集合意識は空腹感でいっぱいでしょうね(笑)

BORG No.2(2006年07月19日 00:42)

■恐怖

今までのキャラでなく無敵、ボイジャーで未来のキャサリンジェンウエィが出て来てボーグ対策が出来ていたのはうれしかった

toshihiko(2006年07月18日 23:00)

■YVシリーズから映画版までに

ボーグの外装も進化したのかな?

へろすけ(2006年07月18日 19:10)

■ボーグがなかったら

TNGを初めてTVで見てからしばらくすると「浮遊機械都市ボーグ」がやっていた。 で、当時一緒にはまっていた友達とFirstContactを見に行ったっけ。 あの時、ボーグやってなかったらここまではまってなかったかも。 ありがとうボーグw

りょう。(2006年07月18日 18:46)

■新シリーズがあればまさか…

TOSで敵だったクリンゴンが味方になり、ロミュランとも和平が実現しそうな展開…新シリーズがあればまさか、ボーグとの和平も!? もともとが、未知の生命体との友好的な接触が目的なのだから、そんな展開もありうるのではないかとか思っちゃいます。 ボーグの理念も、相互進化(吸収)が前提ですし…。 かなり、難しそうだけど…。 次の敵?エンタープライズで異次元の敵と戦ってましたし。 新シリーズ、期待しています!

かとまさ(2006年07月18日 16:02)

■お化け屋敷

もちろん、どのシリーズでもボーグのエピソードは印象に残っていますが、何といってもヴォイジャーシリーズでも何度となく描かれていた、クルーがボーグ船に潜入するシーン。夫婦でいい年こいて固唾を飲んでハラハラしながら見ていました。 で、毎回、「こんなお化け屋敷あったら絶対ウケるよなぁ」って興奮しながら言ってました。かなり怖いと思うねんけどなぁ。

りょう(2006年07月18日 08:57)

■ジェインウェイ艦長殿 私のボーグ考

ボーグとは・・・確かに「ヴィージャー」がボーグを登場させる起源だと考えられますが、決して無機質な者をボーグ?が同化したのではなく、当時、損傷して宇宙を彷徨っていた「ヴォイジャー」を機械化生命体(あえてそう呼ばせてもらいます)が救護し、その使命である、地球への帰還の為に修理し手を貸しただけのこと。  その後、エンタープライズのメンバーに出会い、アイリーアとデッカーを手に入れたことから、新しい生命体が誕生し、それが、「ボーグ」としての種となったのではないでしょうか。 兎にも角にも、セブンのあの姿態が悩ましい・・・

YYおやじ(2006年07月17日 20:50)

■気になりませんか?

ボーグは、「バルカンとロミュラン」を同化する際、ちゃんと違いを認識しているのでしょうか?気になりませんか?

トムヤンクン(2006年07月17日 11:49)

■ボーグになりたいと思う事

集合体の中でリンクは 口に出さなくても相手の心が読める。 って事は、そこには個人はあって、その最大公約がボーグの行動となるとも言えるのだろうか。 言葉に出さなくても目と目で・・・というような古風な日本人の形はもうない。 それどころか、自分の思っている意見と違っていても、「人と違ってはいけないかも」 と多数決で 多そうな方に手をあげてしまうような事もあるかもしれない。 口に出さないで自分の意見が伝われば、もっと違う結果になるかもしれないのに。 1人は辛い。セブンの言った言葉に同意した人もいるのじゃないかなあ。 たとえ1人ぽっちでも、どこか小さな社会に属そうとする人間。 小さな社会は井の中の蛙。 でもボーグのような大きな集合体の社会の中は どうなんだろう。 個人になっても、争いをやめようと話し掛けるためにリンクを作った話もあったっけ。 少なくとも 寂しくはない。  また「征服」。 これがボーグの第一目標のようにあげられるけれど 人間の歴史は限り無く領土争いを続け、征服し同化して来た。 同じだ。 ボーグは人間の奥底の醜い部分を露にしただけだ。 クィーンに操られているとしても・・・ だけど それ以外のボーグの生態は どうなんだろう。 沢山の色々な文化や風習も同化しているならば 今現在の地球上で全滅している大事な文化も残っているかもしれない。  征服しつくしたボーグの文化はただの機械文化になるんだろうか。 流行りも何もなく、自然派が多いボーグになると また違う変化があるかもしれない。

ERI-tin(2006年07月16日 22:21)

■知らなかった・・・

ジェインウェイ艦長!そうだったんですか・・・知らなかった! あの「ヴィジャー」が同化されていたなんて。 という事はBORGは無機質の物質も同化するんですね・・・ ちょっとむりやりって感じだけど、まっいいかっ! でも何でもカンでもBORGと結び付けるのはちょっとしつこいかな?

ピカード艦長代理(2006年07月16日 19:50)

■ボーグクィーン

ボーグといえば、ボーグクィーン。あの妖艶な魅力、たまりません。 僕も同化されたい(^^

robert picardo(2006年07月16日 19:15)

■知ってました?

劇場版の1作目に登場した「ヴィジャー」って、実はボーグに同化されてたんですよ。劇場版7作目「ジェネレーションズ」のその後を描いた、小説版で明らかにされています。

ジェインウェイ艦長(2006年07月16日 11:22)

■BORG No.1!

ボーグは完璧な物を目指している人種。ドウカを繰り返し仲間を増やして行くさまは凄く寂しいものがある。ボーグはこれからも宇宙艦隊の永遠の敵だと思う。

松山虎志(2006年07月15日 21:50)

■同化するボーグ

短期間に数多くの種族を同化するボーグ。その起源は未知のままだ。さて、ボーグはヒューマノイドを同化するとき何を考えているのだろう。より良い、完璧な存在になるため、ボーグは数多くの種族を同化するとボーグクイーンは言っているが、彼らには感情が無い。そのため、同化する際に集合体の利益を考えているとは思えない。よって、ボーグクイーンの言っていることとは矛盾することになる。ボーグの謎は深まるばかりだ。

クリストファー・パイク船長(2006年07月15日 17:50)

■忘れてはならない、ウルフ359の戦い

ウルフ359の戦いでピカード艦長がロキュータスとしてボーグ艦隊を率い惑星連邦を攻撃。 惑星連邦とボーグの壮絶な艦隊戦は忘れられない。 そして、その戦いでサラトガに乗っていたシスコが妻のジェニファーを失うストーリーで始まるDS9。 ボーグがTNGとDS9を橋渡ししています。 とても重要なエピソードでも、ボーグが活躍?しています。 奥が深いですよね。 この戦いで、日本名の戦艦(たしか、USS−Kyushuだったと思う)も登場し、ボーグ艦隊との戦いでは一番印象的。

こばごん(2006年07月15日 11:56)

■初めて出てきた時には、とんでもない敵が出てきたとワクワクしました

Qによってエンタープライズがデルタ宇宙域に飛ばされ、圧倒的な強さと能力を持つボーグに遭遇。(たぶんこれがボーグとのファーストコンタクトだったと思う) 初めて出てきた時には、とんでもない敵が出てきたとワクワクしました。 生命体8472が出てくるまでは、BORG No.1でした。(Qを除いて) その期待を裏切ることなく様々な発展エピソードが描かれましたが、ピカード艦長が同化されるエピソードと、自意識に目覚めたブルーのエピソードが一番印象的かな。 あとは、劇場版の『ファーストコンタクト』で、ボーグが地球の過去を変えようとしたエピソードもよかった。 TNGでのボーグはブルーの件を除いては完全に敵対種族だったが、VOYでは生命体8472への攻撃に対しボーグと共同戦線を張ったり、セブンを筆頭にボーグが人間性を取り戻しクルーとして乗船するなど、本当に幅広い位置付けのキャラクターでスタートレックになくてはならない存在だと思う。

こばごん(2006年07月15日 11:00)

■ボーグと聞くと

まず、“ブルー”を思い出します。なんとも切なかったなー・・・それにしてもジョーディーの出会い、だーいたい最後が悲しい(笑)

ばうだばうぞう(2006年07月15日 10:25)

■ヴォーグは何故不滅の名脇役なのか

時には主役を食う脇役の如くの存在感を示すヴォーグが何故これほどに我々を惹きつけて止まないのか。それは他の敵や異星人と違い、人間になりきれず、怪物にもなりきれない、何者にも所属できない悲しさを秘めているからだ。これはいまだに古くならないフランケンシュタインの怪物と共通するものを持っている。また、ヴォーグが強力な武力以上に圧倒的な恐ろしさのイメージをを与え続けるのは何故だ?我々の誰しもが自分の中にヴォーグという非人間性を秘めていることに気づいているからだ。新聞をにぎわす殺人犯たちはまったくかけ離れた怪物ではない、我々の精神の中に彼らは必ずある。同じようにヴォーグの秘めた非人間性は我々の中に確実に存在する。さらに、ヴォーグという変質は、同化という形で次々と広がってゆく。これは現代のエイズや、あるいは遺伝子操作に対する我々の危機感を思い起こさせるのに十分だ。この、恐ろしさと危機感、その陰に秘められた悲しさの3要素がヴォーグを常に名脇役としてくれる原因だろうと思われる。あたかもサーカスのピエロに人生を読むように、ヴォーグの中にも尽きないさまざまな人生が秘められている。これからもヴォーグは永遠の名脇役であってほしい。

Dr.hiro(2006年07月15日 00:42)

■やっぱり・・・

やっぱり、ボーグといえば ヴォイジャーの最終話でしょう。ジェンウェイとクィーンの 最後のバトルがかっこよかった!!

mappamundice(2006年07月15日 00:07)

■セブン・オブ・ナイン

ボーグの中ではダントツに好き。

greedo(2006年07月14日 22:57)

■立ちまくる敵キャラ

圧倒的に強い!何しても効果なし!!絶望的な力の差!!! これほど圧倒的に強い敵キャラ、しかも恐ろしいながらも魅力的な敵キャラは空前絶後!

apogee(2006年07月14日 22:40)

■理解し合えない存在もあるという認識の広がり

それまでのアメリカ的理想主義、楽天主義と明らかに一線を画す存在。クリンゴンやロミュランと違い共存を図り得ないものもあるという、スタニスワフ・レムに通じる認識はそれまでのSTにはなかった広がりを感じさせた。極めつけはピカード艦長の改造/同化。その事件を重層的にその後のストーリーに活かした点も見事だった。

こてつ(2006年07月14日 21:45)

■不完全な存在のコメント

初めて「ボーグ」を見たときは、まだ「スタートレック」と出会ったばかりだったので、「何だこのエイリアンは?」と思ったことを覚えています。しかし、複数のシリーズ、エピソードを見ていくうちに、だんだんと「ボーグ」に同化されていくのを感じました。完全な自分を求める、というボーグの理念は分かりますが、同化はしないでほしいですね(笑)

カーク船長(2006年07月14日 21:22)

■セブンが好き。

TNGのボーグ・エピも劇場版「ファースト・コンタクト」も無機質で怖くてお気に入りだけど、なんといってもVOYのセブンが大好きです。ジェインウェイとの関わりを経て、自分の中の人間性に目覚めていく過程が素晴らしい。

mnv(2006年07月14日 21:13)

■ボーグって

TNGから登場したと思います(オリジナルでは記憶なし)。初見は気持ち悪いな、なんて強敵なんだ利己的で自分本位な人種と思いましたが、回を重ねる毎に現実と一緒かな大国がやっている事を表していて政治的な表現でやばいのではと思いましたが、実力に勝るものなしでものともしていないのには驚きました。女王は魅力的かな!まだ生存し続けて欲しいね!

たあちゃん(2006年07月14日 21:09)

■ボーグの起源は?

多種族を同化しているボーグですが、最初のボーグ(生命体001)は何者なのでしょうか? 当初ボーグクィーンが起源なのかと思っていましたが、クィーンも同化された一族。では、最初のボーグは今どの様になったのでしょうか?又母星はどこなのでしょうか?地球人にこだわる点から、本当は地球人が起源だったりして・・・

ミズハー(2006年07月14日 20:59)

■ボーグ変貌

はじめて見たときのボーグに対する冷たさ、恐怖から出るごとに変貌してゆく姿が人間としての変化なのか、機械としての変化なのか毎回考えさせられます。

ニッシー(2006年07月14日 20:38)

■「抵抗は無意味だ!」

兎に角この台詞が印象深い。TNGで最初に出てきた時のインパクトは多分私の中ではナンバーワンだと思う。

data2740(2006年07月14日 20:37)

■スタトレは我が人生なり

物心ついたころからスタトレを見続け、自他共にトレッキーを自負する私にとって、ボーグとQははずせない存在ですね。 スタトレ自体が何度見ても未だに見劣りしない斬新なテーマと映像である中、ボーグとQはコンセプト・ストーリ共に突出した存在。 ただ、強いて言えばボーグクイーンの出現はある意味残念だった。 集合体意識というあり方だからこそ絶対的な強さになっていたボーグを弱体化したのがクイーンの出現。 残念な設定でしたね。 私はスタトレの中に哲学を見ていました。 部下との接し方、外交上のスタンス。これらが私の実生活の中で実際に活用されたり、テーマとして議論されたり・・・ 人生そのものがスタトレだったと思ってます。 最新作、エンタープライズで40年という類い希なる歴史に終止符を打つのが残念でなりません。 すべての点で、スターウオーズを超えているスタトレに、長寿と繁栄を!

ムネ(2006年07月14日 20:34)

■抵抗は無意味だって??

“BORG”いいですねぇ〜、スタートレック全編に亘って共通する「敵」を作り上げたのは面白い。 “Q”と“BORG”は無くてはならないキャラです。 TNGとMOVIEではBORGの装備が若干違っているのが困りモノですが・・・ でも何故、BORGはヒューマノイドばかりを同化するのでしょうかね? どうせならトリブルも同化してあの毛むくじゃらにBORG Implantを付けて登場させても面白かったのでは?TNGでは完璧な敵対化させていたキャラをVoyで同盟を組ませる等でBORGを軟化させてしまったのが残念です。 でも、BORGのナノプローブがあったら人間の病気も無くなるでしょうね。

ピカード艦長代理(2006年07月14日 20:26)

トラックバック一覧


40周年記念~ボーグ~

スタートレックについて、本日はボーグです☆ 私のボークとのファーストコンタクトは・・・ [ 続きを読む ]

流れ流れて (2006年09月18日 23:04)

40周年記念~ボーグ~

スタートレックについて、本日はボーグです☆ 私のボークとのファーストコンタクトは・・・ [ 続きを読む ]

流れ流れて (2006年09月18日 22:56)

祝40周年!その2

さらにスタトレネタで。ボーグの怖さは彼らはただ純粋に、迷いや良心の呵責も無く、「同化、さもなければ破壊」を実行することにあると思います。そんなボーグがどうやって...・・・ [ 続きを読む ]

#24'log (2006年08月20日 11:33)

ボーグ考察

== ボーグについて 自分なりに考えていること == ===== ★ボーグの生態 ===== ボーグは蟻の生態によく似ている。 実在する蟻の中には...・・・ [ 続きを読む ]

スタートラベラー☆彡 (2006年07月25日 20:35)

ボーグに関する考察

ついでなので40周年記念サイトのもう1つのトラックバックテーマ「ボーグに関する考察」にも触れましょう. TNG「無限の大宇宙」でQの力によって遭遇したボー...・・・ [ 続きを読む ]

ホビートレック (2006年07月16日 23:53)