「40周年記念特別ブログ」コメント&トラックバックでオリジナルグッズをプレゼント!

ブログ

あなたが初めて“スター・トレック®”を知ったきっかけはなんですか?“スター・トレック®”に初めて出会った時の思い出や、初めて観た作品。あなたの“スター・トレック®”とのFirst Contactについて教えてください。

2006年12月25日を持ちまして“スター・トレック40周年記念ブログ トラックバック&コメントキャンペン”を終了いたしました。たくさんのご応募ありがとうございました。

コメント一覧


■一番違いにファーストコンタクト

数年前から宝くじのナンバーズ4の申込み番号を、USSエンタープライズが、数々の絶体絶命の危機を乗り越えて来たその幸運に、私もあやかろうと、その艦隊登録番号にちなんで、1701のストレートといつも継続して申し込んでいたところ、つい最近の何週間か前、神様か仏様のバチがあたったのか、一番違いの1700のストレートの当せん番号が出た時、地団太踏む悔しい思いをしました。

ナンバーズ4はいつも1701ストレート(2006年11月28日 14:38)

■おもちゃ探し

昨年NYに行った時、おもちゃ屋でエンタープライズ号(1000ピースのLOGOブロック)を見つけました。トリコーダーとかフェイザーライフルとかを探していたので購入しませんでした。今となっては少し残念です。でも、ENTを放映している時期だったのに、スタートレック関連のおもちゃがこの1点しかなかったのが予想外でした。

ライカー(2006年11月16日 13:24)

■ぴっかりピカードに会える幸せ

DVDの発売されていない頃、電車に乗って大きなビデオレンタル店にスタートレックのビデオを探しに行った記憶が有ります。映像が悪く、しかも全部揃ってない状態でしたがそれでも見つけた時は嬉しかったです。今はガラス扉の付いた本棚にDVDの全巻シリーズが飾られています。いつでもピカード艦長に会える幸せ!本当にいい時代です。

トキオ(2006年11月08日 12:56)

■FirstにしてLastまで

一言「出会えてよかった」 どんな状況でも希望を捨てない、成功を信じる事の大切さ。 科学技術よりも意思が最強である事を教えられました。 肉体が果てても付き合います。

SPOCK(2006年10月31日 22:31)

■転送!

クイズ・ミスターロンリーでマイルスならぬ太目のジョーディ…あっ違った、桂文珍氏が「転送」の掛け声とともに回答者をどこかに転送してたのが思い出されます。文珍氏と次の回答者が「どこに行ったんでしょうねェ」とばっくれるのが楽しかった…あっ、アニメ版のカークをやってたささきいさお氏も出演して、転送されちゃいました。 サテ、近キの皆さんはやはり関テレの火曜日の夜中に思い入れがあることでしょう。TNGが始まったころ、ボクも大学生になってて、火曜日にバイトから帰ってきたらまずは8チャンでしたね。ピカード艦長の声が途中で変わったときはめっちゃ違和感がありましたが、今を思えば麦人氏の声のほうが心地いいですね。 確か、ターシャとセブンは同じ声優さんでしたよね。ターシャを殺した(?)コールタールのお化けが後日艦長になるなんて…。 仕事してるときに、つい「トリコバルト弾」とか「ホロエミッター」とか「デルタ宇宙域」とかの単語がアタマを占拠して困るときがあります。なんとかならないでしょうか…

えいいち(2006年10月18日 21:42)

■第一印象

小学生の頃、オリジナルのTOSから見ています。エンタープライズ号の形が特に鮮烈だったことを覚えています。中に出てくる科学用語(デュラック跳躍とかヒルベルト空間とか)が実際の理論であることを大学時代に知り嬉しくなりました。TV放映が無い時代は単行本を買いあさり、深夜の再放送は全てビデオに撮って、何十回も見ています。TNGは、アメリカでMTVで放送していた曲のバックに、アニメで艦長と副長が出ていたのを見ました。日本に帰った時、ビデオ屋で「スタートレック88」を見つけた時、私の中の記憶が全て繋がった感じがしました。

ライカー(2006年10月13日 13:20)

■心の友「ヴォイジャー」

私のSTとのファーストコンタクトは7年位前に深夜にやってたヴォイジャーをたまたま見て、一話完結で面白いのですぐにハマったのが最初でした。それから放送を見るようになったのですが、引越しで放送時間帯が変わってしまいそれきりヴォイジャーからは遠ざかってしまいました。それから某出版社からSTのDVD付の本が発売されるのを知って一巻目を買ったところ、その面白さがよみがえってきて、なんとヴォイジャーのDVD全部購入してしまいました。それを最近見終わってしまい、今私は抜け殻状態です。(

ヒメんこ(2006年10月12日 00:03)

■ドクターが好き

カークの時代からずっと見てます どのシリーズもドクターが個性的で大好きです 私てきにはヴォイジャーが1番 ネクストジェネレーションが2番ですDS9もすべて見ましたが これだけ異質な感じをうけます ピカードも好きですしデータも好きです でも1番好きなのはヴォイジャーのドクターです セブンオブナインに対しての淡い恋心 たまりません 1番印象に残っているドラマは シリーズ5のsomeone to watch over me です ぜひヴォイジャーのドクターボックス作ってください

夢人の夢(2006年10月07日 21:09)

■私の初恋

最初の出会いは、高校生の時。中間試験期間中で、早めに家に帰り、ふとつけたTVに、宇宙大作戦が!転地がひっくり返るくらいの衝撃でした。それから、深夜放送を繰り返し見続け、約30年間、ずっとずっと大ファンです。何度見てもあきません。見るたびに、何か初恋の感動のような感覚を覚えます。 中国出張の際、偶然、現地の書店で手に入れた中国語のスタトレの本や、DVDでもおおいに楽しんでいます。

MS.スポック(2006年10月05日 15:00)

■ファントム

初めて知ったのは、ファントムでした。毎日STが見れ、関連グッツも購入でき、いろいろな方々とも出会えました。そんな中でもST通信?は感動ものでトレッキー魂見せ付けられました。700話に及ぶ旅が終わり今、新しい旅立ちを待っています。トレッキー魂!エンゲージです。

toshi(2006年10月04日 20:09)

■20代で聞いた映画音楽

TMPでエンタープライズをバックにカークが乗船するまでのBGM(曲名:ENTERPRISE)に魅せられたのがSTEARTREKとのFIRST CONTACT!

かかあ天下の夫(2006年09月28日 20:43)

■まだまだ若輩モノです

40周年てスゴイ! スタートレックにハマるきっかけは深夜放送なので約10年くらいの付き合いだけど、DVD全部観たり好きな人と談義したりwebで調べたり…40年の歴史すべてを把握するには、まだまだ時間がかかりそう! デアゴスティーニも最初は150巻とか言ってたのに、とっくに追い越しちゃってるし!!(笑 これからも、50年、100年と歴史が途絶えることなく続いていくといいですね。

Panchi-la(2006年09月26日 18:10)

■宇宙家族ヴォイジャー

私がSTファンになったのは、関西TV深夜に放映されていたヴォイジャーを見たのが最初。関西TVは中途半端で終わってしまい、宇宙好きな私の興味を引く、デルタ宇宙域での様々な物語をスーパーチャンネルで見るようになり、ジェインウェイ艦長とヴォイジャークルーが家族の様になっていくのが非常に良かった。DVDの特典でRobert Picardoにも会うことができた。ヴォイジャー最高!

じばくてろ(2006年09月25日 02:01)

■あれは35年前…。衝撃でした。

1971(昭和46)年12月、土曜五時から中部日本放送(CBC)で放映開始。第一回目は、2ndシーズンの「パイラス7」。当時、中二。これが、STとの出会いでした。それまでSFと言うと「ロビンソン」しか知らなかった私にとり、とにかく衝撃でした。各種メカを始め、セリフのスマートさ。「こんな番組見たことがない!」という思いでした。ビデオがなかったあの頃、TOSは再放送される度に何度も繰り返し見ました。多々のST作品が制作されている今日でも、TOSのオープニングテーマを聞くたびに何か甘酸っぱい感傷的な思いを感じざるをえません。

HDKATOH(2006年09月24日 10:29)

■スタトレと同級生の40歳

スタトレとのファーストコンタクトは約25年前。クラスメートに頼まれ、当時テレ朝で夕方4時位からやっていた放送の音声の録音で見てからでした。(当時はビデオが無かったのでテープレコーダーで音声だけ録音!(T^T))その後ファンクラブ「スターフリート東京」に入会。立派なトレッキーへと成長しました。(笑)

NIGE(2006年09月23日 00:38)

■え?逆!?

あれは中学の時だと思うけど、 最初のスタートレックの映画のポスターがエンタープライズとの出会い。実はその映画は見ずじまいでした。その数年後にレンタルビデオ屋でTNGでハマる訳です。手にした理由があのポスターに描かれたエンタープライズのインパクトでして、実はあの青く美しいディフレクターをエンジンと思ってしまい船を前後逆と思ってたんですね。で、そのデザインの優雅さと奇抜さが頭に残ってて手を伸ばしたのが始まりでして、いまはDVDも揃えどっぷりトレッキーになってしまいました。当時は友人にも笑われちょっとほろにがいファーストコンタクトでした。

たまひよ(2006年09月22日 18:12)

■やっぱり深夜のTVでした

深夜にたまたま見てしまったのはTNG。今までみた事は無かったのですがその設定や役どころが面白くこっそりと見ていました。転勤が多い仕事なのでシリーズ途中で異動なんてこと事もありました。

pengo(2006年09月21日 16:25)

■私のとってのファーストコンタクトは

 大好きなシャーロックホームズのホログラムのエピだったのでしたが、データと艦長の掛け合いが、面白く、はまってしまいました・・  思えば、SFの話って最初はわからなかったのですよね(笑)

seven(2006年09月21日 01:50)

■やっぱりTNG!!

私にとってのスタトレはなんといっても、TNG。ビデオとりまくって、必死で見ました。スーパーチャンネル様々です。その次はDS9なんだなー。やっぱDVD買おうっかな〜長編過ぎて高いんだもん。

スノーイン(2006年09月19日 22:47)

■第一種接近遭遇

私は今年冬で47歳です。頭の毛もピカード。少年時代はちょうどSFブームの中ですごし、夜空を見上げては、他の天体の異性人に思いを寄せて。15年ほど前に偶然、ケーブルTVのスーパーチャンネルでTOSや新スタートレックを見てから、少年のときよりも、はまりました。今回、Netで偶然また接近して、また!はまりそうで怖いです!今回は、DVDbox狙ってますが購入できるかどうか…。夢は尽きないものです。

岡嶋 睦(2006年09月19日 13:54)

■昔に戻れたら

もし昔に、違う人生を歩めたかも知れない。

tagosaku(2006年09月19日 13:05)

■猫のスポック

邪道かも知れませんが 猫のスポックがかわいくて ついついはまってしまいました データが話しかける時とか もう最高っす

house(2006年09月19日 12:07)

■ファーストコンタクト

まず、私とスタートレックのファーストコンタクトは、映画「ファーストコンタクト」です。 この時は、TVシリーズがあるのを知らなくて、ただの洋画だと思って観ました。 その時に出てきたボーグの圧倒的な力が凄い印象的でした。 その後、ケーブルTVでやっているTNGを偶然みたら、映画と同じボーグが出てくる話でした。 それからは、毎回欠かさず見るようになり、DS9、VOY、ENTとすべて観るまでになりました。 TOSだけは、まだ数話しかみていません。 私は、ドラマとかは全くみない人なのですが、スタートレックだけは例外になってしまいました。

hogan(2006年09月19日 07:06)

■20年前

20年前、初めての一人暮らしを始めた大学時代の深夜に放送されていた「宇宙大作戦」がファーストコンタクトだったと思います。その後映画シリーズ(ボイジャーに関係する作品)のストーリーの奇抜さに衝撃を受けた思い出があります。

スイレン(2006年09月19日 00:50)

■40周年記念番組…

見終わったばかりで、感動冷めやらないままコメント書いてます(^^

くまっく(2006年09月18日 21:41)

■ボーグクイーン

ボーグは集合体でいてほしかったと思うけど、映画として時間の限りがあると、敵対する相手には一人でいてもらう必要があるのかな、ボーグ集合体相手では話し終わらないですよね。でも映画の中では、この話が一番好きです。データが皮膚を移植されクイーンに吐息をかけられているところが記憶に残ります。

hikadu(2006年09月18日 21:12)

■最高ですねっ♪

スタートレックをはじめて見たのは、高校生ぐらいだったと思います。深夜にTVでやってました。SF系のストーリーが好きだったのですぐにはまりました。おそらく「ネクストジェネレーション」だったと思います。ピカード艦長が印象的でした^^ケーブルTVでスタートレックが毎日放映されているので、スタートレックシリーズはほとんど見ました。今は「ヴォイジャー」が一番好きです。ここ3日間まるごと40時間をやっていたので、見たことのないものも見ることができて、とても新鮮でした!やっぱり夢があっていいですね。もうすぐ「エンタープライズ」も終わってしまうようですが・・・さびしいです。最後まで見逃さないようにしたいです!

ひぃたん(2006年09月18日 21:00)

■夏休み子供劇場

私が小学生の頃、夏休みになると「夏休み子供劇場」と称して海外のSFドラマが放送されていました。そのころ「レンズマン」などのSFを読みふけっていた私は「スタートレック」と出会いました。文章でした見ることの出来なかった「転送」や「宇宙旅行」「異星人」に魅了されました。その後、運命の人ピカード艦長と出会い、ただのSFとしてでなく、人間ドラマとしての奥の深さを知りました。

shima(2006年09月18日 20:32)

■スターログ

確か私が小学校低学年の時に兄が購読していたスターログでスタートレックのことが掲載されていたのを覚えています。これが私の1番古いスタートレックの記憶です。それ以来スポックのキャラクターは強烈に印象に残っており、帝人のCMに出ているのを見て、さらに魅力を感じていました。ある時深夜放送でTOSがやっているのを知り、見始めたのがスタートレックにはまるキッカケとなりました。 本当にエンタープライズは終わってしまうのですか? 新しいシリーズでもいいのでこの素晴らしい作品を続けて欲しいですね。

jean(2006年09月18日 19:26)

■やっぱり小学校から中学校でしょう。

小中学校時代は(当然TOSね)成績優秀でお金持ちのグループがはまっていて、当然ビンボー成績不良グループのおいらは横目で彼らが見てる外国雑誌を眺めて耳ダンポになってたっけ。大人になってTNGにはまってTOSは一生見なくていいと思ってた。でもそのグループで医者になった奴がスキルスで死んじまったって聞いた時に。いやなはずの思い出が突然懐かしい思い出に変わっちゃったんだ。それでも当時はLDで場所も取るし高価で買えなかったけど、今ならDVDで復活してるし。劇場版ともどもTOSセカンドコンタクト生活エンジョイしてます。

帰ってきたエンタープライズ(2006年09月18日 11:09)

■宇宙大作戦のときは幼かった。TNGでは若かった。

最初、宇宙大作戦を見たときは幼かったため、あまり面白いと感じなかった。そして、TNG(新スタートレック)は彼女と一緒に良く見たが、若かったため、彼女の方に興味があった。ボイジャーはその彼女と一緒に夢中になった。いま、エンタープライズを今は嫁になった彼女と楽しんでいる。

まくわり(2006年09月18日 10:26)

■オープニングにわくわく

私が小学校低学年の頃、私の居住する地域では平日午後4時から毎日海外ドラマを放映していました。当時のタイトルは宇宙大作戦でした。毎回オープニングの音楽を聴くだけでわくわくしていたものです。あれから30年くらい経ちますが、今でもスタトレのオープニングを聴くだけで、子どもの頃のようにわくわくします!

nobu(2006年09月18日 01:14)

■何と言っても九州

スタトレとの出会い15年ぐらい前のFBSのおかげ。日曜の21:30〜TNGの放送をしていた。数回見たら奥の深さにほれ込んでずーとはまってる。いまだに九州はスタトレで熱い。

galactica(2006年09月17日 20:56)

■宇宙大作戦

テレビで宇宙大作戦を見ていた頃に、同じようなSFドラマとして原潜シービュー号が放映されていた。 一方は宇宙を舞台にワープを駆使して飛び回り、他方は海中を縦横に進む。海上を進むときの全面の窓から波を分けて進む姿、フライングサブでどこにでも行ける。 エンタープライズは、そのユニークな外観が今まで見ていたロケットの概念と全く違っていた。 乗組員のユニフォームがTシャツでなにか違和感が逢ったが動きやすさは抜群だろう。 若い時代の宇宙や海を駆けめぐった思い出がいっぱいです。

mochikei2006(2006年09月17日 20:52)

■12年前から…

ケーブルテレビに加入し、当時のスーパーチャンネルでDS9を見たのが始まりですね。 家内の出産が近づき、家で一人の時間が多くなりふと回したチャンネルでDS9を見たのです。 登場人物などまったくわからずに、シンプルにストーリーにはまり込みました。 勿論、家族全員大ファンです。 ちなみに父→ジョーディー・母→ピカード・長女→キラ・次女→ジェンウェイ・三女→オドーがそれぞれ好きなキャラクターです。

マメゆずパパ(2006年09月17日 18:08)

■人生何がおこるかわからない

私は、結婚して初めて、スタートレックを知りました。彼の持ち物中にDVDがいっぱいあったからです。そして、その5シリーズをすべて見終わったとき、その結婚生活も終わり、どちらも私の人生の大きな転機になりました。今は、デアゴスティーニの本とDVDを購読し、新たな情報を仕入れて、楽しんでいます。

かっきゅん(2006年09月17日 14:22)

■洗脳されたのか、、、?

アメリカ人の夫が大のファンだったのがそもそものきっかけです。もちろん、スタートレックについては知っていましたが、本格的にはまったのは、「エンタープライズ」を友人に借りてから。「エンタープライズ」から入るファンも珍しいと思いますが、、、今では登場人物もわかるようになり、どんどん知識を吸収中です!

川村睦美(2006年09月17日 13:50)

■えすえふだいすき

私輪 えすえふがすきで づっと すたーとれっくわ しりーずでみています 

堀野 厚志(2006年09月17日 07:31)

■Boldly going for the first time

交渉、チームワーク、リーダーシップ、そして友情。 スタートレックとのFirst Contactは僕が11歳のときだった。ユニバーサルで時代を超越しているそのストーリーは、この4つのテーマを今も変わらず人々に示している。

artemis entreri(2006年09月17日 05:30)

■よるおそく

親に隠れて、夜遅く見てました。カークが始まりで、DS9で失望して、ボイジャーで最高頂に。

ちょび(2006年09月16日 23:42)

■30周年

私のファーストコンタクトは 小学生の時に再放送で見た TOSの「新種クワドトリティケール」が 最初でした。それまでの和洋ドラマにない専門用語や小道具の数々 に、毎週心待ちするようになってしまいました。それから30年、 TNG、DS9、VGR、ENTと すべてのムービーを見てきました。 もはやSTは私の生活に欠かせない 水や空気と同義のものと化しています。これからも、 これまでと同様に一ファンとして 応援していきたいと思っています 「長しえに栄えあれ」

シラノジョーンズ(2006年09月16日 23:25)

■inada 916 2006

ファンになったのは、なんと言っても高校生の時にしつこいぐらい関西テレビが夜中に再放送をしていたクラッシックスタトレをみたときです。

inada yoshiaki(2006年09月16日 23:14)

■米国滞在中のTNG

最初に見たのは兄が見えていた深夜放送か再放送です。確かに、「転送」のギャグ(転送中は友人には見えないという仲間内の約束事)などで遊びはしたもののそんなに傾倒はしていませんでした。89年に米国でTNGをリアルタイムでみて、それ以来DS9/VOYAGER/Enterpriseと見ています。禿の船長にOZの魔法使いに出てくるようなData。民主党的リベラルな未来像。やはりTNGが一番です。

No1(2006年09月16日 22:17)

■Star Trekとの出会い

子供の頃にウイリアムシャトナーが船長だったときからです。 最近は、テレビの深夜放送で毎週欠かさず観てました。 特に、ボイジャーの女艦長キャサリンジェンウエインがとても魅力的で印象的でした。それとボーグとの戦いで最後の話は面白かったですね。しかし、最後のシリーズがパワーダウンしたような感じを受けましたが、それなりに話の展開そのものは楽しめましたね。 シリーズそのものが終わってしまってとても残念です。

バナナ(2006年09月16日 20:35)

■夏休み子供劇場

新潟は佐渡島育ちの私がスタートレックと出会ったのは 小学生の夏休み。夏休み月〜金 毎朝10時30分から 夏休み子供劇場というタイトルで「宇宙大作戦」を放映していた時です。毎年 夏休みになると 海外のSFドラマを 放映し、あるときは「原潜シービュー号」あるときは「謎の円盤UFO」と、毎年 交互に放映していた記憶があります。中でも 宇宙大作戦は 一番のお気に入り。その後 社会人となり 新シリーズ TNGが放映開始となったというニュースを 噂で 聞きましたが、なかなかTV放映されることなく、悶々とし TNGのレンタルビデオを見たいが為に 初めてビデオデッキを購入したのも 今ではよい思い出です。今では スタートレックの情報・映像も容易に入手することができるようになりましたが、あの なかなか映像を手に入れられず名古屋の友人にビデオテープを毎回送って TNG放映の録画を頼んでいたことが懐かしい今日この頃です。只今42歳です。

USSサドガシマ(2006年09月16日 17:45)

■受験勉強

私のファーストコンタクトはそれまで起きていない時間帯になにげにテレビのSWをオンしたときでした。 当時深夜帯の番組とは無縁だった私は受験勉強に勤しむ為、なれない夜に起きていたのがきっかけになったのでした。出会ってからというもの受験勉強も楽しくがんばる事が出来、そこそこに勉強を切り上げTNG観賞したのを覚えています。社会人となったいまでも話の流れで実は私も隠れ?トレッキーですなどと、そこから知合いの輪が広がる事も多く感謝しています。

data(2006年09月16日 17:12)

■コンピュータ?

私のファーストコンタクトは遅く、15年ほど前、大学時代です。 友人が、胸のあたりを叩いて、「コンピュータ?」と言っているのを聞いて、それはいったい何だろうと問うてみると、スタートレックという海外ドラマだというのです。 なかなかできる友人だったので、気にはなっていたのですが、しばらくはそのままになっていました。 その後彼女ができたのですが、その彼女がスタートレックが好きで、まとめて見る機会ができ、その面白さにすっかりはまってしまいました。

もー(2006年09月16日 12:38)

■アメリカ横断ウルトラクイズじゃなかったのね

アメリカ横断ウルトラクイズの予選会に出場し,テーマソングを聞いたとき,まさかこれがスタートレックTOSのOPとは知りませんでした。とても心に残るメロディーだったので調べてみると,スタートレックがアメリカのSFドラマであり,しかも大変に人気のあるシリーズであることが分かりました。ワープ,転送,フェイザーといった遠い未来の技術にも惹かれ,またたくまにスタートレックのファンとなりました。以来,TOS,TNG,DS9,VOY,ENTと欠かさず見てきました。私の青春とスタートレックはまさに車の両輪でした。

トイトイさんあんこ(2006年09月16日 09:59)

■深夜番組から

あれは大学進学のため関西で独り暮らしを始めたころでした。深夜まで起きてぼーっとテレビを見ていると、何か宇宙船が出てくる番組をやってました。 日本のドラマには無い、政治/人種/人権問題にかなり衝撃を受けました。それに加えた艦長やクルーの素晴らしさ。。。とにかく面白くって、どっぷりスタートレックにはまりました。

きっと(2006年09月16日 02:17)

■スタートレック’88’

中古ビデオ屋で「スタートレック’88?」なるタイトルのビデオを見つけて以来です。その話がたまたまTNGの第一話で、運命を感じました^^;

cataract(2006年09月16日 02:09)

■大好きスタートレック

何と言っても、各シリーズの艦長の魅力にやられました。 中でも映画シリーズのクラーク艦長と、TVシリーズではピカード艦長この2人はダントツです! まず、感情全開でいて、豪快、まさにアメリカ人のイメージそのままのクラーク艦長に魅かれて、 次に、いつでも冷静沈着でいて、実は情に熱いピカード艦長に憧れを抱きました。 未だに私の目標であり、 あんなかっこいい大人になりたいと思ってます。 スタートレックは、SFって一言でかたずけられがちですが、 ヒューマンドラマとして見るのが一番の良い見方だと思ってます。 いろいろ得ることがちりばめられていて、きっとあなたの人生の岐路で役に立つエピソードや、言葉が見つかるハズでしょう!! まずは、ジェネレーションズから見ることをお勧めします!!

ピカードン(2006年09月16日 00:01)

■日曜の午後

日本での初回放映(確か小学生の時)、たまたまTVのスイッチを入れたときに、第1話が入っていてそのままはまってしまいました。その当時、普段は遊びに出るとなかなか帰ってこないこないくせに、日曜の午後だけは家にいると親によく笑われました。

CODE:000(2006年09月15日 22:29)

■宇宙大作戦

日テレの初放映がFirst Contactでした。 70年代には、公式ファンクラブのトレッキーナンバーも取得しました。 番組自体が終了した後は、文庫本にはまりました。 ドラマのシナリオではないですが、「過去から来た息子」(スポックの息子!!)がお気に入りです。

gamaguchi(2006年09月15日 21:23)

■やはり宇宙大作戦!

中学生のころ夕方TVで宇宙大作戦を放送していた・・・毎日続きを見るため、学校が終わると急いで帰宅し、TVにかじりついてました。おかげ?で、中学生の頃は寄り道もせず、優等生でした。

kuma(2006年09月15日 14:45)

■父の影響ですね。

子供の頃父が宇宙大作戦を見ていて、一緒に見ていてハマりました。 今では立派な親子2代に渡る トレッカーです。 是非3代目トレッカーも作る予定(笑)

くれす(2006年09月15日 10:39)

■転送

今でも、マンホールのふたの上などに立つと転送されるのかと思ってしまう。

enzo(2006年09月15日 09:23)

■夜中の楽しみ

かれこれ30年前、中学生だったころ、週一回夜中の「宇宙大作戦」を、まっ暗な部屋(遅くまで起きていることがバレるとしかられるので)で音量もさげて楽しんでいました。田舎の学校で同じように見ている友達もなく、なんだかわたしこそエイリアンのよう・・・。でも、今でもその週一回の真夜中の宇宙旅行の楽しさは忘れることができません。

むくいぬ(2006年09月14日 23:48)

■スタートレックとの初めての出会い

私が中学の頃、確か水曜か木曜日の夕方4時から放送されていたと思います。初めて見たのがAmokeTimeでした。若山玄蔵さんの「宇宙、それは人類最後の開拓地である..」で始まるオープニングが印象的で、特殊撮影も当時としては衝撃的な素晴らしさでした。魅力的なキャストもさることながら夢のあるれるストーリーに毎回ワクワクしながら見ていました。スタートレック見たさに部活サボったほどでしたね。そして今もなおハマっています。きっと死ぬまで、いえ、死んでもトレッカーですね。

uncle@(2006年09月14日 22:41)

■深夜のアメドラ

関西でジェネレーションズが放映されていた時の関西深夜テレビはほとんどどの局もアメドラに(アメリカのドラマ)占領されていて、それらを見ているうちにどっぷりスタトレにはまってしまいました・・・。関テレが地上波では一番OA早かったと思います。

ランチョ(2006年09月14日 21:50)

■私の青春時代

学生時代から今までのシリーズで色々な思いでがあります。それぞれの艦長の決断と周りのスタッフの活躍が忘れません。今後も期待しております。

よしこ(2006年09月14日 21:26)

■深夜の再放送だった

私のファーストコンタクトは深夜の再放送あった。

おおくじら(2006年09月14日 14:29)

■初めてのレンタルビデオ屋

15歳の時、初めて借りたビデオです。店長のおすすめでした。

いくらすじ子(2006年09月14日 13:20)

■小学校から帰って来ると

小学校低学年だと思いますが3時くらいに学校から帰って来るとスタートレックじゃなくて宇宙大作戦の名で4時くらいから再放送やってて楽しみに見てたような記憶があります。

FarEastBoy(2006年09月14日 05:09)

■吹奏楽がきっかけでした。

初めてスタートレックを知ったのは高校の時にやっていた吹奏楽でした。TNGのオープニング曲をあるお祭りの際に演奏するため練習していたのですが、変拍子に苦しんだ思い出があります。 その後、夜中にTOSをやっているのを見つけ、何気なく見てから今まで17年ほど。。。。はまりすぎですね。

k-suke_k(2006年09月13日 23:15)

■私と宇宙大作戦

私のスター・トレックとの出会いは宇宙大作戦でした。 みんなを指揮するカーク・沈着冷静で優れた能力を持つ スポック、それに対して情のドクター・マッコイ、日本 人のミスター加藤、修理の天才チャーリーなど様々なキャ ラクターも魅力の一つでした。 宇宙それは人類に残された最後の開拓地・・・ 黒電話の時代、凄い未来にドキドキしながらみていまし た。・・・ドキドキはいまだに続いています。

ナンバー10(2006年09月13日 22:50)

■スタートレックとの出会い

私のスタートレックとの出会いはまさしく映画の「First Contact」です。この映画は傑作でした。今ではDVD、グッズなどをせっせと集めています。まだトレッキーとまではいきませんが。

濱 利一(2006年09月13日 20:43)

■懐かしい青春時代

私のスタートレックとの出会いは中学生の夏休みだったと思う 当時は民放2局の田舎でのこと。アポロ11号が月面着陸して一気に宇宙熱が盛り上がった時期だった。宇宙を旅するエンタープライズにあこがれ、未来のテクノロジーを真剣に理解しようと研究したものでした。もちろん理解できるわけも有りませんが。時代は変わり高校生になりTVシリーズは終わってしまっているので今度は早川SFシリーズを読みあさりまだまだ熱は冷めませんでした。就職した会社で偶然トレッキーな友達と出会いスタトレ熱は再加熱するのでした。今はケーブルTVで毎週シリーズを見られる幸せをかみしめているのです。

NOBU(2006年09月13日 19:41)

■ピカード艦長最高です

私が始めてみたのは、ジェネレーションズですね。その後、新スタートレックにはまり、DS9、ヴォイジャー、TOS(映画シリーズ)にENTとはまりました。やっぱり、スタートレックは面白いですね。ENTは打ち切れで終わったことは残念ですが、また映画を再来年にやるそうなので期待したと思います。

ジャン(2006年09月13日 15:31)

■エンタープライズにいつか乗りたい

ファーストコンタクトは、たぶん中学生。何の番組かもわからずに、「おもしろい番組があったなぁ」としか記憶に残っていませんでした。大人になって、スーパーチャンネルで、それがスタートレックだったと知りました。それから新スタートレックにめちゃめちゃはまりました。エンタープライズにいつか乗るのが夢です。

jinpachi(2006年09月13日 12:14)

■私のファーストコンタクト

スタートレックとのファーストコンタクトは、日本初放送から見ております。当時は、次から次に出てくる専門用語の意味すらはっきりとわからず、ただただエンタープライズ号の後姿に見とれていました。 通信機、トライコーダ、コンピュータなど特別な存在ではなく、存在そのものが当たり前の世界。そういうところに憧れを抱き、毎週TVに釘付けとなっていました。多くの事象や製品が、影響を受けたように私の人生においてなくてはならない存在です。自分もいつかはきっと、という思いで就職も何の躊躇いもなくコンピュータ業界に進みました。 世代は変わっても、STは永遠に続くと信じて、これからも頑張って行きます。

イッシー(2006年09月13日 12:07)

■何がキッカケになるか判らないものです。

私は中学の同級生が熱心なトレッキーで夏休みにその同級生の家に遊びにいった時に再放送をTVで見せてもらったのがファーストコンタクトでした。 それから友人宅でST2を見せてもらい嵌まっていったのです。 その友人はホームステイ(当時はまだ行く人はそんなにいなかった)でアメリカに行き土産に大判の写真(TOSの映像)をもらいました。偶然彼の家でTOSの再放送を目にすることがなかったら、今の私はSTを知らずにいた事でしょう。(余談ですがスターウォーズはきちんと見た事がありません!) STの世界観・メッセージ性には敵わないと勝手に思ってます。

カトラ(2006年09月13日 07:29)

■ヴォイジャーとの出会いが拍車をかけました

スターウォーズと同じ頃にスタートレックを知りました。ただ、そころはまた小中学生のころだったので、スターウォーズの戦闘シーンといろいろなメカに興味を引かれスタートレックは二の次扱いでした。でも、テーマ曲はCDを買ったりはしてました。 それから数十年たち、なにげなく、地方TVをまわしていたら、SFの海外ドラマを見つけました。それがヴォイジャーでした。 最新の映像技術で昔のぎこちなさもなく、またクルーの人間性も面白く、すぐに虜になりました。 トムとキムとのやり取りや、ニーリックス、ドクター、セブンなど、個性豊かで毎回飽きることなく話しすすみ、またいろんな場所に訪れていろんなことに対面して・・・本当に大大大好きな作品です。またTVでの再放送があればTVにかぶりつくこと確実。笑

エステファン(2006年09月12日 23:40)

■数少ない趣味

自分が初めてSTと出会ったのは小学生の時、父親が見ていたのを一緒に見たことでした。シリーズはTOSでした。当時は何とも気味が悪いテレビと思ったのを覚えています。その後STを見ること事が無くなり、大学生の時、TNGと再び出会いました。そのストーリーの面白さ、キャラクターの多種多様さに一気に引き込まれました。特にピカードのキャラ設定は出色でした。以降、フィギュア集めが数少ない趣味となり、現在もせっせと集めております。

1701-D(2006年09月12日 22:54)

■もう34年

 中学1年の時、夕方4時から『宇宙大作戦』としてやっていたものを見たのがFirst Contactです。  まわりで見ていた人がいなかったため、私個人の記憶の中にしまわれていたのですが、大学にいって同じ下宿の人に「スポックを知っているか」と聞かれ、当然知っていたので「ほー」と感心されたのがSecond Contact。その人とはそれ以来親友となっています。

1701f(2006年09月12日 22:00)

■Q

Qがピカードを何回もたぶらかしたことは、忘れられない。ピカードの「ばかげている」という言葉が印象的。

berserke(2006年09月12日 20:43)

■TOSごっこ

私が初めてSTに触れたのは中学の頃に見た「宇宙大作戦」 2歳年下の弟とカーク船長がビームで撃たれたシーンのアクションを、2人で敵味方に分かれて真似して遊んでいました。 当時はビデオなどない時代で、カーク船長が読み上げる恒星日誌を必死でノートに書き写し、これまたカーク船長ばりに読み上げ悦に浸ってました。

na@o(2006年09月12日 17:39)

■早川文庫

小学生のころ、SFを読み始めて、なんとなく買った文庫本ではまりました。 その後、テレビシリーズ再放送を経てファンまっしぐらです。

もはら(2006年09月12日 10:32)

■親子でスタトレ

父がSF好きで自分が小さい頃、レンタルビデオでTOSを借りて見ていたのを横で一緒に見ていたのが切っ掛け。子供だったので内容がよくわからなかったけど、父に質問しながら一緒に見てるのが嬉しかった。それから数年経った後にTNGが日本の深夜で放送されて、それを見る様になってから内容もわかる歳になり、すっかりハマってファンに、その頃には父と子の立場が逆転。深夜に放送してたものを自分がビデオに録画し、父が一緒に自分とスタトレを見るのが嬉しいらしく今度は父が自分にいろいろ質問する側に、 スタトレは親子の大事なコミニケーションツールでした。

まそ(2006年09月12日 03:49)

■スタートレックとの付き合い

日本での初放映 日本テレビ日曜日午後3時30分 必ずテレビの前に座っていました。宇宙大作戦というネーミングはダサイ!と思いました。内容の深さに反して子供向けのだ・・・。  でもカーク船長 ドクターマッコイ、ミスタースポックのトリオで完全な人格を表現している。感情と理性とユーモアのバランス。完璧だ!  思うに映画はテレビシリーズほど成功しなかった。現実社会への批判とSF性のバランスかな。  その点 TNGは両方とも秀作ばかり。ピカード艦長は私が理想とする大人で、シリーズ全体が人生のバイブルです。  DVDやスーパーチャンネルでずっと観ていたい。またスクリーンで再会できるらしいので楽しみにしています。

ミスタートシロー(2006年09月11日 23:12)

■やっぱり

ピカード! はじめてみて、サイコーにいけてました!

ふじしゅ(2006年09月11日 22:07)

■40才・・・

京都生まれの私が見たのは、幼稚園か小学校?土曜か日曜の 昼頃放送されていた様な?エンタープライズ、フェーザーなど特撮物全盛期、宇宙船とSTの効果音に引かれていた様だ、ガラガラと音がする扉を開けるたびに「プシュー!」とか効果音を真似していた覚えがある、だからやはりSTはカーク&スポックである。

hiroZ(2006年09月11日 19:57)

■スタートレックとの出会い

いつもお風呂屋さんで会うクラスメイト。そう、あれは小学校高学年の頃なので、もう30年以上も前。彼は、登校拒否児童で、学校には来なかったが、なぜかお風呂屋さんには毎日来て、私とSF談義をしていた。時間・ワープ・異次元など、彼の口から出てくる単語に、興味津々で聞いていたものだ。その知識は、全てスタートレック・オリジナルシリーズからだった。それ以後、私もテレビに釘付けで観るようになった。それから気が付けば30年以上が経ち、未だに魅了されているわけだ。

タイべリアス(2006年09月11日 17:00)

■物心つく前から…

両親がスタートレックのファンだった為、物心つく前から一緒にビデオを見ていました。 幼児には理解できない内容でしたが、それでも楽しく見ており、母とスポックの物まねをしたりしていました。 小学校に入り、それまでは誰もが知っていると思っていたのに、同世代の子は誰も知らなかったことにショックを受けた覚えがあります。 それでも、熱は冷めることなく、社会人になった今でも夕食時にDVDを見たりと現在進行形で大好きです。 宇宙大作戦、新スター・トレック、ディープ・スペース・ナイン、ヴォイジャーと見続け、エンタープライズはまだ見ていないけれど、スタートレックと共に育ってきたと言い切れます!(笑)

碧(2006年09月11日 15:51)

■スタートレックを知ったきっかけ

高校生の頃、夏休みを利用して1ヶ月ほどヨーロッパを旅しました。 イギリスでホームステイさせていただいたのですが その家には、同世代の男の子がおりすぐに意気投合。 「よし、じゃあいいもん見せてやるから部屋においで」 と呼ばれて行ってみると彼の部屋はエンタープライズが部屋を飛び これでもかというくらいのフィギュアがズラリ。 初めて見る異空間に驚き、強く惹かれてしまった私は 日本に帰ってきてから深夜の放送に釘付けになったのです。 今ではシリーズ全てをDVDで所有してしまうほどスタートレック好きですが 「自分の部屋も彼の部屋のようにエンタープライズで埋め尽くしたい・・」 という願望は未だに叶っていません。 いつかスタートレック部屋を作りたいと思ってます(笑)

941(2006年09月11日 13:58)

■衝撃!!

初めて観たのは、小学5年生の時友達の家に夕方遊びに行ったときです。 友達がすごく好きで、一緒に観ようと言うので観たのですが、まさに衝撃でした。 子供には難しい内容でしたが、わけもわからず夢中になってしまっていました。 次の週には小説までその子から借りて読みまくってしまったくらいです。 今でもファクトファイルを集めながらDVDを楽しんで観ています。

nx-01(2006年09月11日 12:48)

■TOSからTNG

初めてStarTrekを観たのは大昔、TVで宇宙大作戦と言っていた頃で、子供ながら毎週楽しみにしていました。 それから約20年後アメリカに出張していた頃丁度TNGのTV放送が始まりホテルのテレビに齧り付いていました。以来立派なトレキーになってしまい今では日本で発売されたDVDは全てコレクションしてます。

トゥポルが一番(2006年09月11日 11:15)

■知らず知らずに・・・

むか〜し。 深夜にやっていた謎の宇宙人のドラマ。 それが最初のスタートレックの感想でした。 額に隆起のある宇宙人、変なメガネ?をかけている人などなど 何これ〜? オタクっぽい?? と思いながらも、ボーっと見ていたハズのドラマにどんどん引き込まれていく自分がいました。 あれから10年? すっかりハマってしまった私。 TNGから見始めましたが、今一番のお気に入りはVGRです。 未知の探査、クルーの個性、どれを取ってもマイベストなシリーズです。

小春日和(2006年09月11日 11:07)

■中学時代夕方の再放送

20年以上前の中学時代に、夕方TOSの再放送をやっていて、その時、初めてSTを見ました。友人数人も見ていて、よくSTの話をしたり、一緒に見たりしていましたが、彼らも今でもSTを見ているのかなぁ?

ウィル(2006年09月10日 00:37)

■スタートレックとの出会い

自分が小学生だった時に父親が紹介をしてくれました。初めて観た時、見入ってしまいました。それ(スタートレックネクストジェネレーション)から現在(エンタープライズ)まですべてを観ています。

うたちゃん(2006年09月09日 23:44)

■きっかけはケーブルTV

何年か前にケーブルTVを契約して、何気なくスーパーチャンネルを見てたら子供の頃に見た記憶がある「Mr.スポック」が出てるじゃないですか。そのまま何となく見ていくうちに、次回の放送も見るようになり、ついには毎回見ているようになりました。そしてよくよくタイムスケジュールを見てみると「新スタートレック」がやってるではないですか。こちも見たところ一気に虜になりました。それ以来DS9、VOYAGERとどんどんはまってます。

恵比寿(2006年09月09日 13:34)

■思春期に入る頃

小学生の高学年の頃、日曜日の昼間にテレビでやっていたTOSをたまたま見たのが最初。やたらとセクシーな女性ゲストにドキドキしていました。その後中学生の頃、関西テレビの深夜で再びTOSを見て、そのしっかりしたドラマ作りに感動。カーク船長のモテモテ振りにもある意味感動。「HEYJUDE」という曲はビートルズよりも宇宙大作戦のエンディング曲として覚えていました。その後は特に映画も見ていなかったのです。レンタル屋で「新 宇宙大作戦」のタイトルを見た時も、これは冗談で作ったパロディか何かだと思って見ませんでした。 しかし、5年程前ケーブルテレビでDS9第19話「DUET」をたまたま見てしまい、妻と一緒に大感動!以来VOY,TNG,TOS,ENT,映画とすべてのDVDを買いそろえるようになってしまいました。STが他のSF物と違うのは出演する俳優さんの演技力が物凄いということ。レギュラー陣はもちろん サブやゲストの人達もすごい、特にDS9のガラックことA.ロビンソンさんとウェイユンやENTシュラン等のJ.コムズさんが良いです。

kazumagic(2006年09月09日 02:24)

■やっぱり TOS

初めて観たのがいつなのか記憶が無いのですが、TOS であったのはわかっています。幼稚園に通っていた頃には初代エンタープライズ号の小さなプラモデルでを宇宙大作戦の宇宙船とちゃんと認識して遊んでおりました。

ラオウばかりの北斗三兄弟次兄(2006年09月08日 23:33)

■初めて見てスッカリ、スタトレに惹かれました。

当時、夜勤のある勤務をしていた私は、不規則な生活を送っていました。 「深夜に愉しい番組は放送されていないかなぁ〜」とチャンネルをまわしている時に放送されていたのが、スートレックでした。 「映画?」とか思いつつ、なんだろうこの面白さは・・とスッカリ はまってしまいました。放送が終わり直ぐに新聞をチェックしこれがスタートレックだと知りました。特殊メイクにも興味があったので登場するキャラクターも最高!運命!?とも思われるようなスタトレファンの主人と結婚し今では娘もスタトレファン♪ 家族揃ってスタトレ楽しんでいます。

ぱぐぅ(2006年09月08日 18:02)

■忘れもしない、幼稚園の帰り道

幼稚園に通っていた頃、マセガキだった私は何故かスタートレックが妙にお気に入りでした。 たまたま幼稚園の帰りに、友達の家に遊びに行くと、TV画面にスタートレックが・・・。 「あ、僕うちに帰らなきゃ」と言ってバスに乗り帰宅。TVをつけてどのチャンネルを見てもやってないので、幼心がかなりヘコミました(笑)。今思えば、オンエアーCMだったのかもしれませんね!

H.T(2006年09月08日 03:03)

■思えば長いおつきあい

「宇宙大作戦」最初のOAから見ています。 子どもの頃は、センス・オブ・ワンダーにあふれた、新鮮な番組として見ていました。 大人になってから思い返してみると、アメリカで「公民権法」が施行されるかされないか、という時代に、様々な肌の色の人達(白、黒、黄、青まで!)が、全く同じレベルで認め合っている。という大変な番組だったんですね。 シリーズでは、センス・オブ・ワンダーにあふれた、「ボイジャー」が好きです。 最近OAされた「エンタープライズ」で、なぜTOSのクリンゴンには額の隆起が無いか、という理屈付けに3話も使ったのには、ちょっと笑いましたが。

トレッキーなおとーさん(2006年09月07日 15:02)

■スタートレック命

昔深夜のフジテレビ系で見たことはありましたが、新居に引越ししてきて始めてネットでこのスーパードラマをみてからはまりました。まず新スタートレックが最高ですw☆データーに一目ぼれ。それからスタトレのファンになってHPとか検索してチャットにも参加したことあります。でもチャットはあまり人がいない。主人の会社にもスタトレファンがいてその人は宇宙対戦が好きみたいです。DVDをかりてみました。寝るマもおしんで。宇宙対戦では医者のマッコイがすきです。マッコイ役の俳優さんがもうなくなってる事にとてもショック。データーの純粋だけど人の心がわからないかわいそうな部分も切なくなります。DVDほしいけど貧乏なので。。毎日深夜2時まで我慢して起きて新スタートレックを録画してます。録画の設定がビデオが古くてネットではできないみたいです。機械音痴っていうのもあるかもしれませんが。。朝主人が出かけてから見るのが楽しみ。私もエンタープライズの仲間達と一緒に旅にでた気分になります。シーズン3の移民の話はとても面白かったです。データーが主役の時の話ももちろんすきですがw 衣装を着て芝居風にするのもピカード役の人が舞台とか色々でてるからそういう関係もあるのかなぁと想像してみたり。これからも応援してますw 放送よろしくお願いします☆

kazu(2006年09月07日 09:55)

■自分のファーストコ・・・・・。

はっきり言って、見出したきっかけは覚えておりません。通信の仕事をしているとき深夜にとあるコンピュータ集中室でケーブルを引いていた工事の休憩中にそこの社員さんが休憩室でみていたのが印象に深いです。それ以前から、ボイジャーは見ていたのですがそれ自体がスタートレックだったことすら知りませんでした。それから現在に至りますが、ボイジャーのほとんどDS9を制覇し、いまごろ一番好きな新スタートレックを制覇中です。わたしは、根っからのピカード派になってしまいましたが、映画の影響が色濃いかもしれません。ピカードシリーズでもファーストコンタクトは私の中では特別です。100回はみています。これからもがんばってください。以上(気持ちを素直に書いたため文章としては、下手です。ご了承を!!)

ncc1701e@earth.ocn.ne.jp(2006年09月07日 05:58)

■ボイジャー

なんのきなしに、見ててボーグとかが出てきてその洗練された美術に圧倒された それからはエピソードそのものもそうだが、その物語にのめりこんでしまった。

仙人(2006年09月07日 00:53)

■感慨無量

高校生時代、土曜夕方にTVで観てたTOSからのST信者です。仕事柄、海外に行くことが多いので、時間があれば、その国のSTARTREKをホテルのTVで楽しんでます。ちょっと自慢かな!7〜8カ国でST観てます。音声がその国の言語だとちょっとピンと来ませんが全然OKです。勉強にもなるし。仕事上でも趣味を尋ねられてSTARTREKと答えると、相手もニヤリ、ビジネスもスムーズになって結構助かってます。今回はここでの皆さんの書き込みをじっくり全部隅から隅まで読ませていただき、STファンとしての喜びを共有したいと思ってます。六本木のオールナイト妻と行きますよ。ST映画も久々大きなスクリーンでゆっくり観たいし、その場のファン同士の空気も吸いたいし空間も共有したいしね!!楽しみましょう。

トレッキー50歳(2006年09月07日 00:13)

■見た。

多分全部見ていると思う。

kouhei(2006年09月06日 10:40)

■今では・・・

最初、主人がスター・トレックのファンで私は興味が全く無かったんです。 たまたま、スカパーでヴォイジャーが放送されていて「へぇ〜女性の艦長もいるんだ〜」と思い何気に見ていたら・・・「ジェンウェイ艦長もかっこいいし、これは・・おもしろいかも・・?!」といつの間にか虜になっていました。 そして、TOS、TNG、DS9と一気に見ました。 今は、ENTの続きが早く見たくて毎週の放送を楽しみにしています!

のん(2006年09月06日 08:01)

■ST永遠なれ

TVでオリジナル見てからの付き合いです、TNGで至高の存在となりました。時を超越した存在になって欲しいものの1つです。

odyssey1701(2006年09月05日 23:45)

■そんな奴もいるって、

それほど、SF世界に興味は無かった。SF映画に出てくる金髪の女優さんの方が、、、。で、テリーガーという女優さんの出演作品をあさっていた頃、へーStarTrek(TOS)に出てるんだ。で、どの回?ふーーん・と、丁度販売し始めたLDセットを順次購入。セカンドシーズン後半のMrセブンの回で、ルンルンなテリーガーに出会う。それで充分なはずだったのに、TNGも購入。で、そして、そして、、、。やっぱり出てくる女優さんが素敵だからかな?キラ・ネリス、ベラナ・トレス、ターシャ・ヤー、、、癇癪持ちの姐さんたち大好きです。

ota200(2006年09月05日 22:53)

■子供向けのSFと思い込んでました

「宇宙大作戦」として初めて見たのは小学生の時です。夕方5時からの放送でしたので毎日見ていました。一度終了しても、半年後にまた再々放送されて3〜4回位見ました。この時間帯は日本製の子供向けSFも再放送されていたので、実は「STAR TREK」はアメリカの子供向けのSFと思っていました。そしてアメリカの子供向け番組は品質が良いな思っていました。でもおかげで今は一番のお気に入りです。

富士山1243(2006年09月05日 22:27)

■中学生の頃

あまりに昔で覚えてないけど、最初のシリーズを再放送で見たんじゃなかったかなぁ?

goodpd(2006年09月05日 22:04)

■ミスタースポック

学生の頃、耳のデカイ友人がいて彼のあだ名はもちろん「ミスタースポック」でした。 本人も、まんざらではなかったようです。40thおめでとうございます。

ゆきさん(2006年09月04日 19:19)

■あれは小4のとき...

「宇宙大作戦」という番組名を新聞のTV欄に見つけ、SF系番組が好きだった私が初めて見たSTAR TEKが、TOS「惑星M113の吸血獣」(本放送)でした。当時小4の私はその大人の雰囲気の番組にはまってしまい....ノベライズ読みたさにハヤカワSF文庫にも手をつけ....→そのまま現在に至る

まさのあ(2006年09月04日 02:12)

■同化されました

最初の出会いは、小学生の頃に日曜の昼にTOSをテレビで観たことでした。そして高校受験を控えた頃、SFファンの私は学校の図書館でJ.ブリッシュのノベライズを読み虜になりました。 論理と感情の狭間で揺れるスポックと、共感の人マッコイに人間の弱みを露にしながらも、そこが魅力のカーク。 テーマ性に富んだストーリー。 私にとって全てはそこから始まりました。

物の怪のもっくん(2006年09月04日 01:40)

■出会い

私のスタートレックとの出会いは「宇宙大作戦」以来。部活にも入らず、毎日放送を見るために、早々に帰宅していたのを思い出します・・・。ボイジャーは、女性艦長?と、全然見る気が湧かなかったのに、一度見てしまったら、ハマってしまった(^^ゞ今では一番のお気に入リ(^^)v

troi(2006年09月03日 16:25)

■映画とTNG

スタトレの映画は劇場やテレビで時々見ていましたが、それまで単なるSF物のシリーズの一つでしかなかったのですが、TNGではまりました。 SF設定、人物描写、CGがよりリファインされて、スタイリッシュSFの先駆けになったからでしょうか。奥深さがまして、先が気になるようになってからは、TNG,ボイジャー、エンタープライズ、DS9とテレビで見つづけています。

cybergypsy(2006年09月03日 10:56)

■The Original Stories are beautiful.

某テレビ局の深夜に放送されていたのを毎回楽しみに観ていました。ケーブルテレビで録画するようになってからは英語の音声を大きくして永久保存版にしています。Energies!

Captain Kirk(2006年09月02日 22:39)

■First,Second,Third and Forth Contact

First:言わずと知れたTOS。小学生の頃か。2才年上の兄と一緒に見てました。その数年後に再放送があり、その時は全作品を見たかな。 Second:そして2000年頃、テレビ愛知でだったか深夜にVGRを放送していることを偶然知り、毎回録画して見ました。2002年2月に東京に単身赴任になり、この深夜放送を見ることが出来なくなりガッカリしましたが、何とMXテレビで木曜の8時から放送しててビックリ。単身赴任に感謝。 Third:VGRの放送が終わりかけの頃か、今度はフジテレビがDS9を放送し始めました。再び感激。現在も放送中。 Forth:単身赴任寮の近くのレンタルビデオ店でTNGのfirst seasonビデオに遭遇!ついでに見逃していたVGRの初回DVD5話も発見!他のseasonを探してレンタルビデオ店をはしご、でもこれ以上は見つかりませんでした。

シャミくん(2006年09月02日 16:21)

■初めてのスタートレック

カーク、スポック、マッコイの粋な会話が、それも好きなスペース物で繰り広げられるのを楽しんで深夜に見ていました。エンドの音楽の「HEY JUDE」の美しい旋律が洋物番組という思いをより醸しだしていましたね〜

すえ(2006年09月02日 11:46)

■もう遥かな昔なのかもしれないが・・・。

高校生のときにSF好きの友達に紹介されて、深夜にTV放映されていた「スタートレック」を見始めた。 決して何でもできる存在として描かれていない人類が面白くて、また、スポックやマッコイなどの個性的なキャラクターと、女性乗組員のセクシーな制服が好きで、ずっと見ていた。 最初に映画化されたとき、興奮して、気がついたらチケットを握り締めたまま、受付を通過していた。(おかげで、2回見にいけたが・・・すいません。)

maguru(2006年09月02日 10:42)

■STER WARS じゃない

50オヤジとして、多くの年代のトレッキーがこのコメント一覧で生き生きとSTER TREK自分史を語っているのを見て、感慨深い思いが湧いてきます。今迄までも今でも、自分の周りにはスターウォーズのファンはいてもトレッキーに遭遇したことがありません。私のSTER TREKとのファーストコンタクトは、小学校時代の土曜日に何故か遊びから早めに帰宅してたまたま見た「宇宙大作戦!」(夕方5時過ぎっだたと思いますが)確か「怪獣ゴーンとの対決」のエピソードだったと思います。ただ単に恐竜人種が出る安っぽいドラマだとの認識を持ったんですが、そこに現れたエンタープライズの勇姿に釘付けになりました。その当時のSFに出てくる宇宙船は皆ロケット型ばかり…。ウウォ〜!!っていう感じで感激したものです。UFOとも違う、骨組みだらけのイオンロケットとも違う今で言うCool!でしょうか、ともかく「カッコいい!」の一言でした。そのエンタープライズのスタイルの良さだけでなく、物語が子供だましではないしっかりしていたことにすっかりはまったものです。ファンタジーでは無い、しっかりした人間ドラマ人生を語れるような内容で今でも楽しんで、考えさせるところがSTER TREKの良さだと思っています。ただ、最近はちょっと争い(戦闘)シーンが多くてSTER WARSっぽくて「何かなぁ」と思いますが…。ともかく、これから先 STER TREK 永遠にとの思いです。

トゥポリスト(2006年09月02日 10:10)

■トロイに恋して

この壮大なドラマの内容のすばらしさは語りつくされているので、私は不謹慎ながら違った観点で述べたい。血気盛んな男子には「トロイ」の密着したスーツの胸元に興味をもった人は数知れず居るとおもうのだけど。「トロイ」はわたしの永遠の女神なのです。

清洲城信長鬼馬券師(2006年09月02日 07:52)

■受験勉強中の友でした

私のファーストコンタクトは、高校3年生の夏でした。CATVで放送されていたTNGを、なんとなく見ていてハマってしまい、日本語吹き替え版と英語版を切り替えて、毎日2回欠かさず見ていました。受験勉強の息抜きのつもりでしたが、英語版の台詞を真似したりしているうちに英語の成績が上がっていて一石二鳥でした。

賢(2006年09月02日 02:08)

■FIRST CONTACTはマイコン

今から25年くらい前だろうか、世はパソコンがまだマイコンと呼ばれていたとき、デパートのマイコンコーナーで出会ったスタートレックゲーム。 英数字だけで構成されたマップで、ワープ、インパルスエンジン、魚雷、フェイザーといった指令を与え、敵艦からの攻撃の防御またその逆、スターベースでの燃料補給を行いながらすべてのエリアを探索するといった内容。 STAR TERKの名前は知っていたけど、民放2チャンネルしか無い田舎では見たことがあるわけでもなく、なんとなく遊んでいた。 あれから20年、ケーブルTVですべてのシリーズと出会い、あのゲームでやっていた事が映像になると、こんなに素晴らしい世界だったんだと、感動を覚えました。 今の家庭用ゲーム機からはすると、まったく話にならない表現力だけど、想像力は今のゲームには真似できないものだなと懐かしさをおぼえます。

COOL#9(2006年09月02日 00:04)

■やっぱりスポックでしょ

カーク艦長は、子供心に、 なんてすけべったらしい人だと(笑) スポックの「おもいろい」が 口の動きで「interesting!」と言っていると分かった中学生のあの日も、更に深く入ったきっかけかもしれません。 いまは、ジェインウェイ艦長を尊敬するあたしです。

あねご(2006年09月01日 23:33)

■思えば・・・

初めてスタートレックを見たのは、フジテレビの夕方の再放送。何故か怖いドラマと思ってました。それからウン十年、今では生活の一部になりました。

wedge1701(2006年09月01日 22:50)

■常に失われない新鮮さ

最初に見たのは何時だったかのか忘れるほど昔のことですが、何年経っても新鮮さは損なわれないストーリーの設定は素晴らしいと思います。

流星(2006年09月01日 20:51)

■会社名にするほどに!

今から13年ほど前に当時付き合っていた彼女が、ピカード(あくまでパトリック・スチュワートではなく、ピカード)のファンでした。彼女はコアなトレッキーでしたが、私はスタートレックという存在すら知りませんでした。最初は彼女と話をあわせるために見始めたんですが、気づいたら私自身がどっぷりはまっていました。 今では、先日立ち上げた会社名にトライコーダと名付けるほど、すっかりトレッキーな私です。

sen-u(2006年09月01日 18:38)

■7年前、偶然の出会い

高校受験でいっぱいいっぱいになってた夏、唯一の息抜きはテレビでした。 有線放送をとっていたので、音楽番組や映画をみていて、チャンネルを替えたときに偶然放送していたのが、新スタートレックでした。 はじめてみた時は、全くわけがわからず、正直おもしろいともおもわなかった。でも、なんでかテレビから目がはなせず、結局2話連続2時間見きっていました。 毎日見ているうちにストーリーもわかってきて、どんどんはまっていきました。 こんなに有名なシリーズだと知ったのは、もっと後になってから。 なにげなくチャンネルをかえたときが、スタートレックと私のファーストコンタクトです。

kanaco(2006年09月01日 18:23)

■夕方のテレビで

観たですよ。 友達の家の白黒テレビでした。 米袋を運ぼうとして破ってしまい、三角錐状に盛り上がる米を前にこっぴどく叱られている友人と、テレビに映る耳のとがった変な異星人とがセットになった思い出です。

ANCHOR(2006年09月01日 16:41)

■トリッキー=トレッキー

 私のスタトレとの遭遇はやはりTV放送、「宇宙家族ロビンソン」とは違う魅力を感じ、結局アニメシリーズまでお付き合いしてしまいました。それから完全にSFにはまった事を考えれば、STってのは私に取ってはSFへの道しるべだったのかも。  STのすごさは初期シリーズで脚本家に何人ものSF作家が参加している事、「レンズマン」や「スカイラーク」などのシリーズ小説の面白さが受け継がれている事、小道具一つとってもこれ以上無いって位こだわっているでしょ?  今のSF作家にも影響を残していますよね、スコット=カードとかラリィ=ニーヴンとか。  そしてなにより凄いのは、トレッキーとも、トレッキアンとも呼ばれるファン層。そのファン倶楽部組織は全世界にあり、その支部ごとにしっかりした活動をしている事。TVドラマや映画の中では一番最初にファン倶楽部が起ち上がったのがSTだと思ったけれど。  それとやっぱり参加してみたい「スタトレ大会」!国内の SF大会には何度か参加したけれど、本国アメリカのコンベンションには参加した事がないんです。きっと「ギャラクシークエスト」みたいな雰囲気なんだろうなあ

白ケムシ(2006年09月01日 14:14)

■シリーズをみんな見たつもり。

シリーズを みんな見たつもりですけれど 小生の周りの人は せいぜい 一作目くらいしか 知らない、これでは話ができない。寂しい。

7of8(2006年09月01日 11:30)

■「DS9」以外のシリーズの略は分かりませんけど…     

ファーストコンタクトは?と聞かれれば。子供の時に観たカーク船長の『宇宙大作戦』(って言うんですか)ですが、この頃は「ああ、あったな」という程度で。メチャハマったのは、それから数十年後の『TNG』シリーズ(なの?何の略かも分かっていません)でのピカード艦長からです。それからは現在の『DS9』もしっかり観て、グッズもそれなりに買い集めるようになりました。

浅〜い地上波オンリー者(2006年09月01日 06:17)

■奇跡のファーストコンタクト

スタートレック・・・それは今では高校生活をおくる僕の人生である!しかし、つい数年前はその存在すら知らなかった・・・当時、目標もなく適当に勉強をしていた僕は、コンビにでスタートレックフィギュアに出会った。僕は見たこともなかったかっこいいデザインにひとめぼれしてそれを買った、今思えばあの時がスタートレックとのファーストコンタクトである!ちなみに中に入っていたのはシークレットのエンタープライズEで、これはまさに奇跡である、と今になって思う。その後、とりあえずスタートレックというのを見てみようということになり、ビデオ屋で借りたのが映画スタートレックジェネレーションズである!とはいえ、突然予備知識もなくみたため始めは何が起こっているのかわからなかったが、クライマックスの盛り上がりには魅了された。そして、なによりもアンドロイドのデータの成長に感動して思わず共に涙を流してしまったものである。・・・こうして私はスタートレックに他の作品とは違う何かを感じその後劇場版から見始め、やがてもっと見たいと思うようになり、テレビ版のDVDBOXを買い始めるようになり、そして今にいたるわけである。しかしそれにしてもスタートレックには驚かされたものである、未知の宇宙へ踏み出していく話もあれば、データの人間に近づこうとしてゆく姿を描き、視聴者に人間とは何かを訴えかける話もある。見所満載といえばまさにスタートレックのことであろう!私はスタートレックに出会い、ピカード艦長や、さまざまなクルー達を見ていくうちに、ある夢をもった。それは、人類のもう一つのフロンティア、海を航海する船に乗り、ピカード艦長のような立派な船長になる、というものである。そして私はその夢にむけて勉強中である。私は自分に夢、目標を与えてくれたスタートレックにとても感謝している。そして、スタートレックはこれからも永遠に人々に夢や希望をばら撒いて宇宙を突き進んでゆくだろう!長寿と繁栄を!

カトウとしき(2006年09月01日 01:09)

■ファーストコンタクト

高校生のとき、深夜のフジテレビで新宇宙大作戦を見かけたのがきっかけ。 数年後、スターチャンネルでほかのシリーズがあるのを知り、すべて制覇して今に至る。

無學童子(2006年09月01日 01:08)

■トレッキー

40年前からのファンになるんですな〜。 こんな奴 私しかいないだろうな〜 と思っていたら、世の中狭いものでなんと同じ会社にトレッキー2名発見 ! 居酒屋で盛り上がってます(笑)

basie(2006年08月31日 19:53)

■人生はスタートレック

 生家で「宇宙大作戦」を観ていた1960年代。再放送に熱中した高校入学頃。映画版の登場した大学入学時。メルボルンに留学していた1991年には「彼らはいまだに飛び続けている」の新聞コラムを読み、TNG放送は日本でもあるのか、と期待。帰国し、火曜日深夜の放送を大喜びした1990年代中期。2000年代に入るとCATVのおかげで色々なシリーズを毎日見られるようになりました。今はピカード艦長の年齢に近づいてきたことをひしひしと感じながら、エンタープライズ完結したらどーしょー、と思っております。  今までありがとう、スタートレック。これからもよろしく、スタートレック。

ねことし(2006年08月31日 01:04)

■スタトレ自分史

かなり昔のお話ですが、子供の頃、日曜の午前中に「宇宙大作戦」を観たのがきっかけです。 その後、何十年かして深夜番組に「スタートレック」の名を見つけ、再びハマったのがTNG。 CSに加入し、DS9はそれほどではなかったものの、ボイジャーでまたまた燃え上がり、現在はエンタープライズを楽しみにしております。(もうじき完結ですね)

9of9(2006年08月30日 13:52)

■私の海外ドラマのはしり

私にとってのスタートレックは、宇宙大作戦。一人夜中に起きてこっそり見てました。オープニングが流れてくるととてもわくわくしたものでした。最初は、カーク船長のファンでしたが、何度も再放送を見るうちにスポックに傾いていきました。今思えば海外ドラマにのめりこむきっかけになったドラマでした。

mawmawneko(2006年08月29日 13:13)

■子供のころから潜在的に

ファーストコンタクトは中学生のころ(22年ほど前)母親が深夜スタートレックを見ていたのを、一緒に見ていました。そのときはさほど興味がなかったのか、スポックとクリンゴン人が強烈に頭の意識に残っていました。大学4年の時に、深夜番組を見ていたらスタートレックTNGがやっていました。なんだ、スポックがいない。というよりもなぜ、クリンゴン人がエンタープライズに乗っているの?っと疑問だらけ。この時期からスタートレックにはまりまくりです。十数年前はグッズが少なく、探すのに必至だったけど、最近はグッズも多く、40周年となるとなおさらで、金銭感覚が麻痺するほど。おかげさまで、子供たちは0歳児からスタートレックへのファーストコンタクトが実現。ボーグやフェレンギが怖いといって興味なさそうだけど・・・潜在意識の中で焼きついているだろう。

キュブノン(2006年08月28日 13:26)

■ウーピーゴールドバークさん

確か、ゴールドバークさんは、オリジナルシリーズのウラ(ウフーラ)を見て感銘をうけた。 後に、その番組に出演するも、最低報酬だけで仕事を引き受けていると聞いたことがあります。 当時としては、黒人で女性が重要なポジションにつくなんてことは、考えられない世の中だったとか。そのため、この作品で、励まされたとか聞きましたよ。

NF_NI Data(2006年08月27日 21:42)

■Where No Man has Gone Before

考えてみると、 オリジナルシリーズの ”Where No Man Has Gone Before” と、 THE NEXT GENERATIONSの ”Where No ONE Has Gone Before”は、タイトルが似ています。 オリジナルシリーズでは、前人未踏の領域に足を踏み入れた者が殺されたのに対して、TNGでは、(ウェスリー・クラッシャーを)うまく伸ばすようにとなっています。 考えさせられる作品です。

NFNI data(2006年08月27日 21:25)

■ファーストコンタクト

8年くらい前、深夜にTVを見てたら偶然にも「TNG」がやっていて、それから毎週みるようになる。運命を感じました。その後結婚、妻に感染し、今に至る。

ひこま(2006年08月27日 17:49)

■宇宙大作戦

小学生の頃、「宇宙大作戦」というタイトルでTVで見てからのファンです。 当時は、宇宙船=ロケットのイメージしかなかったためエンタープライズ号のスタイルに衝撃を受け、やたらとテクノロジーを使って問題を解決するわけではなく、敵のコンピュータさえ説得してしまうカーク船長に感動したことを憶えています。 STARTREKの世界よ永遠なれ!

たかさん(2006年08月26日 23:42)

■25年前

私が初めてスタートレックを知ったのは、25年前、たまたま買ったハヤカワ文庫の「明日への帰還」です。 その面白さにあっという間に読んでしまい、初めてSFの面白さを知りました。そして、それ以来「宇宙大作戦」シリーズの文庫本を買い続け、それに関連した本も集めて、一大コレクションとなりました。 映像へのファーストコンタクトは、最初の映画「スタートレック」ですが、どうしてもテレビシリーズを見たかったのですが、私の住んでいる地域では、再放送はありませんでした。そして10年前、ケーブルテレビに申し込み、初めてオリジナルの「宇宙大作戦」を見て、ますますはまりました。ネクストジェネレーション、DS9、ヴォイジャーと続けて見続けましたが、やはりカーク船長やスポックなど、魅力的な人たちが出ている、オリジナルスタートレックが好きです。これからも、”トレッキー”を続けていきたいです。そのためにも、新しいエピソードシリーズを始めてほしいです。

ちー(2006年08月25日 23:59)

■ビームアップのひとりごと

スタートレックを見ていると 自分が今どう生きているかとか、どう生きてきたかを考えてしまいます。 自分がどんな人間なのかな? ここで何をしているのかな?と 自分を見直すきっかけになったりする事が多かったです。 だだのSFの番組ではないですよねー。 一つ一つのエピソードに何かテーマがあり 番組を見終わってからも もし 自分だったらどうしただろうかと考えたりよくします。 例をとると データの目を通して、人間とは何かを考える事がよくありました。 機械から人間のことを学ぶということは ちょと皮肉だなと思いませんか? でも それは 後の方になってからかもしれません。 最初はスポックの話かたや あの片目を上げるしぐさが面白かったり、キャプテンカークのPLAYBOYなとこが。。。行くとこ行くとこで 女性のキャラに惚れて いつもKissをしていたような気がします。。。   ドクターマッコイ ボーンズもかんしゃく持ちで 何か問題を解決できないと、すぐ自分の専門分野でないというのを口実にして怒っていまうところがちょとおちゃめな感じがした。 三人で漫才をしているようで面白かった覚えがあります。 そんなところに引かれてはまってしまったのかなぁ〜  スタートレックが1964年に Gene Roddenberry氏によって作られ1966年にアメリカのTVシリーズとして放映されだした頃のアメリカの1960時代をちょと考えてみてください。 外交的には、1950年から1953年にかけての朝鮮戦争の後1960年代今度はベトナム戦争。 1962年にはキューバ危機 要するにあの冷戦時代です。 国内では 1963年 Martin Luther King jrが あの有名なスピーチ I have a Dreamをした年 まだ 人種差別が問題な頃。  また J.F.Kennedyの提案でアポロ計画を進めていた時代です。 そんな時代に エンタープライズ号は5年間の宇宙調査飛行に出発したのです。 (皮肉な事にシリーズは3年でうち切られてしまいますが) そのメインクルーの中に 主任パイロット ヒカル スールー中尉(アジア人)  航海士     バベル チェコフ中尉(ロシア人) 通信主任    ウフーラ中尉(女性の黒人) が 大切なポジションに配置されている。それって すごいなぁ〜と思った! それをTVで見たアメリカ人はどう感じたのでしょうか? 人種男女差別もないエネルギーも平和に使われる地球を夢見たんでしょうか? そこに 副長 科学士官 であるスポック中佐(ヴァルカン人と地球人のハーフ)が扱う 話すコンピュータ、デスク、フェイザー、 レプリケーター、テレポーテーションなどなどを見て今から40年前の人達は遠い遠い未来の話だったでしょか? そんな事を考えて初代スタートレックを見てたら僕もはまってしまったのかなぁ〜

ビームアップ(2006年08月25日 16:05)

■スタートレック万歳!

私がスタートレックに出会ったのは、小学生の頃の宇宙大作戦が最初です。 高校になっても、「転送っ!」とか言って友達とよくスタートレックの話をしておりました。 現在では、当時の通信装置も現実となり(携帯電話?)驚いております。 早く、転送装置及びワープ航法も現実とならないかな。

NOB(2006年08月25日 06:40)

■学生の頃

大学生の頃(今から10年ほど前です)、たまたま深夜にTV(当時TNGシリーズでした)でやってたのを見てファンなりました。

かじゅ(2006年08月25日 00:22)

■昔

私がまだ小学生の頃 夕方の再放送枠で ルパン3世(アニメ)や トムとジェリーなどと一緒に 放映されていました(TOSです) あれから数年 未でもトレッキーです

いぬさんず(2006年08月24日 20:44)

■スタートレックとともに40年…

思えば、宇宙大作戦を白黒テレビで一人見ていました…いつのまにかテレビも映画になって、スタートレックになっていました。そして、40年。早いですねー。私も年をとりました。でもスタートレックは不滅です…。

HIK.SCORPIO(2006年08月23日 22:37)

■人生が変わった!

初めてST(当時は宇宙大作戦、NHK23:00から?)を観たのは中学一年生の時です。私はもう就寝しようとしていたのですが、『おいおもしろいのやってるぞ!』と父から声を掛けられて、『もう寝るのに〜』と言いながら一階に下りて来て・・・。『何じゃこれ!?』と思ってからすでに40年・・・。早いと言うか、やっと手に入れたTV版DVD。まだまだ私の中では青春真っ只中です!

さいたまのくま(2006年08月23日 10:28)

■人生を決めてくれた瞬間

私とSTの出会いは友達のおかげでした。当時全く洋画に興味が無かった頃、洋画好きの友達がインディージョーンズという映画が面白いので見に行こう、と誘ってくれました。その時の同時上映が私の進路を決めてくれたST3でした。今思うと、2も見て無いから全く意味不明だったにも関わらず見入ってしまいました。特に特撮技術に見入ってしまいました。邦画では見ることの出来ないストーリーに、技術。そしてカーク船長のかっこよさに一目ぼれ。すっかりファンになり、一からSTについて調べまくりました。ファンクラブに入ったりビデオを借りてテレビシリーズ、映画と有るだけ見ました。そして、その後映画の特撮を勉強するためにアメリカに留学することにしました。アメリカに渡ってからは毎月あるSTコンベンションに顔を出しすっかりトレッキィーを得て、トレッカーまで行きました。思えば、STに出会わなければおそらく海外に出る、と、言うことも無かったし思いつかなかったことでしょう。

ininlovelove(2006年08月22日 20:17)

■深夜ドラマ

最初に見たのは関西テレビで深夜に放映されていたTOSやTNGですね.毎回見ていた分けではないですが,見れば必ず最後まで引きつけられて見ていました. はまったのは関西テレビでやはり深夜やっていたDS9でした.なんか宇宙ホームドラマみたいな感じで,妙にはまってしまい.CSに入り,全シリーズを再度見直しました.

karma(2006年08月22日 14:01)

■スタートレック=青春ですね

上京して間も無い頃です。毎日仕事で帰宅は深夜になり、クタクタになってテレビをつけた時にTNGを偶然見て、はまってしまいました。ボロアパートのちっこいテレビでナターシャに目を奪われていましたね。

おかもん(2006年08月22日 12:23)

■フジテレビの深夜ドラマ

夜遅くまで起きていたら、 TNG(シーズン3ぐらい?)を放送していた。 数回見たらハマリました。

しら(2006年08月22日 10:21)

■ハマるならイマ!…で

3日前にハマりました。 毎日の放送がとても楽しみです♪

corumn(2006年08月22日 01:55)

■40周年といえば…

日本ではウルトラマン. 日米の文化の違いをしみじみ感じます. とは言え,自分の幼少期のファーストコンタクトでは,STも,ウルトラマン,ウルトラセブンも,サンダーバードも,果てはキャプテンウルトラまで,同列の世界の中に混在していたように思います. (頭の中がワープ以前だったのだ…) なので,本当のファーストコンタクトは,TMPから,と言った方がいいかも知れません.中学生になっていたでしょうか.自分の中で本当にSTが根付いてきたのは,TNG第3シーズンくらいからでしょうかね.とにかく40周年おめでとう.

saka(2006年08月21日 09:15)

■いつがファーストコンタクトやら…

中学生か小学生か覚えておりませんが、深夜放送で宇宙大作戦にファーストコンタクト!! カーク、スポック…のキャラクターやストーリーなどなど、とにかくおもしろくそれ以来、とりこに。。。最近、ちとおもしろくないシリーズも…ですが。

なつみかん(2006年08月20日 22:57)

■夫の影響で

なんとなくタイトルだけは知っていたのですが、結婚したあと夫が大のファンで、一緒に見るうちに私もすっかりはまってしまいました。

星猫★ちょびすけ(2006年08月20日 19:52)

■初めて知りました

スタートレックのファンで、どこのサイトに行っても沈滞してましたが、ここには、本日の会話が、乗ってるじゃないですか 嬉しいですね

akisuke(2006年08月20日 17:34)

■きっかけ

今、知りました。

カエドン(2006年08月20日 15:40)

■超時空惑星カターン

TOSの頃から時々は見ていたのですが、私がトレッキーになったのはなんと言ってもこのお話です。単なるSFでは片付けられないカタルシスがこの回にはあります。ドラマとしてもこれを超えられる映画がどれだけあるでしょうか。

akio1966(2006年08月20日 14:40)

■もう何年に・・

最初に出会ってからもう何年になるだろう?未だに衰えぬ人気!流石ですね!

あおしん(2006年08月20日 11:59)

■兄貴と一緒に。

宇宙大作戦の最初の放送は日曜日の昼だったと思いますが、当時兄貴と一緒にテレビを見ることがあまりなかったが、兄貴に誘われて一緒に見ました。

ひできち(2006年08月20日 11:42)

■オリジナルファン

始めから見ています

かちん(2006年08月20日 10:12)

■出会いは極自然でした

TOSを子供のころ、夕方になると(地上はで)やつてるのを見た 。とてもいい時代だった、今ではメジャーな時間帯や放送網で放送されることがないのが残念。内容ストーリーはすばらしいこと間違えないので、メジャーでデビューを再びさせてほしい、応援団NC−01より

syuac(2006年08月20日 05:34)

■夏休みのam10:00

小学校の夏休み(3年生頃だったか・・・)、仮面ライダーの後TVのチャンネルを変えると放映されていたのがTOS(当時は『宇宙大作戦』だったと思います)。日本のドラマとは一風変わったアメリカのドラマで、それだけで「かっこいいなぁ」と思って見ていました。確か毎日10:00頃の始まりで、夏休みのみの特番、「夏休み子ども劇場」という番組枠だったと記憶していますが、この時間だけは、とにかくTVに噛付いていたものです。ドラマの面白さもあったと思いますが、エンタープライズ号の斬新さに惚れ込んでいました。これがSTとのファーストコンタクト。そして年月は流れ、すっかりSTを忘れていた頃の深夜。何気なく見ていたTVでTNGを見て、再びというか改めてファンになったのが、もう一つのファーストコンタクトです。それ以来トレッキーとしてST中毒になっています。

こたねこ中佐(2006年08月20日 03:33)

■なんとも妙な宇宙船

初めて、宇宙大作戦を見たのは、中学生の時と思うが、まず、あの宇宙船エンタープライズの形に違和感を覚えた。なんとも妙で、簡単には受け入れられなかったという印象だった。しかし、エンジン部と居住部を離すのは、理に適っている気がしたし、とにかく、話の内容が、これまでになく面白かった。特に、地中にシリコンベースの生物がいると言う設定は、「そうだよな、炭素系の生物がいるなら、珪素系の生物がどこかにいても不思議はない」と思え、目の前に違う世界が広がったような気がした。宇宙船のユニークさだけでなく、他にもそんなエピソードがたくさん出てくるところが、スタートレックの数ある魅力の一つと思う。

よろごうざ(2006年08月20日 01:38)

■10代の思い出

中学生の頃、せっせと深夜放送で宇宙大作戦を見ておりました。クラス内ではなぜか自然とカーク船長、スポック他数名のキャストの担当が決まっており、教室内では役名が飛び交っておりました。最低条件は「宇宙、それは・・・」で始まるあの有名なナレーションを記憶しスラスラとお話できること。エライもので歴史年表はとっくに忘れているのに30年以上たってもナレーションの台詞なんかは意外とスラスラ出てくるんですね。

toshikunPaPa(2006年08月19日 23:50)

■初めての海外ドラマ

私がスタトレに出会ったのは 中学時代の夏休みです。民放で昼過ぎに放送しているのを偶然みて大ファンになりました。 生まれて初めてみた海外ドラマでもあり、その後SF好きになったキッカケの作品でもあります。 その後映画版、 現在はケーブルテレビで全シーズンを楽しませてもらっています。

猫の国22(2006年08月19日 22:15)

■なんじゃこりゃ〜〜

貧乏学生だった、 とある深夜 見てしまった 「ネクストジェネレーション」 なんじゃこりゃ〜〜!面白すぎる! 来週も見よう!ビデオはないから忘れないように!でもお子様なので、 この時間は眠いよぉ (泣) 「絶対おもしろいから!」と友人をはめ、 次の週から深夜のモーニングコールが始まりました 。 つらいとき、 うれしいとき、 見るたび 得るものがかわります。 大好きです!

あおちゃん(2006年08月19日 22:02)

■深夜放送で・・・

私のスタートレックとの出会いは、中学生の頃に深夜放送で、TNGに出会ってからでした。それからTOS、DS9、VGR、ENTと全て制覇してます☆

HNF(2006年08月19日 20:47)

■初めて“スター・トレックを

30年くらい前ですTVで Mrスポックが レオナルド・ニモイという 俳優でした。 それからのフアンなんです スターとレックは!!

しぶいまま(2006年08月19日 14:52)

■First Contact

小学生低学年のとき深夜番組でTOSが再放送されていたとき何気なくスポックを見ていたのが最初の出来事です。

TUCHIDA(2006年08月19日 13:24)

■昔から知っています

モノクロの宇宙大戦争の頃からのファンです。

頑固一徹(2006年08月19日 13:08)

■私にとってのスタートレック

スタートレックに出会ったのは遙か昔のことです。「宇宙大作戦」の頃からのファンで、私の場合田舎に住んでいたので、テレビ放送より早く、文庫本で知りました。その頃SFや神話が大好きで、常に本を読んでいました。その頃にスタートレックと出会ったのです。スタートレックを読み始めたら止まりませんでした。一冊読み終わるのに2〜3日かかったでしょうか?今では、親子そろってスタートレックファンです。DVDも殆ど持っています。今非常に淋しく、残念なのは「エンタープライズ」が第4シーズンで終わったと言うことです。9月に発売されるシーズンであとがないと思うと、とてもとても淋しいです。新しいシリーズは出来ないのでしょうか?

キュウ(2006年08月19日 12:28)

■深夜の秘め事

あたしがスタートレックと出合ったのは 深夜に親父がひとりで白黒テレビを見ているのを覗き見たことが始まりです 当時家には親父が学生時代に購入した白黒テレビがありました カラーは居間に有り白黒は押入れにありましたが屋内アンテナ内蔵だったので使用時のみ電源をのばしてました 深夜に押入れの中で… なんかヒミツ基地っぽい感じが好きでした

@っと(2006年08月19日 10:16)

■『人間の条件』でハマリました

どっぷり漬かった自分に気がついたのは10年前、深夜にやっていたTNG、1シーズン終盤頃から観始めて、数回のうちにタイトルのエピソードを見ていたときですね

秋人(2006年08月19日 10:09)

■出会い

SF小説が好きでたまたま出会った。

キクッチーーーーー(2006年08月19日 09:22)

■出会わせた

自分の出会いはクラッシックをガキの頃に見ていたくらいしか覚えていない。ミスターカトウの世界だ。その当時はまだ一視聴者にすぎなかった。 それがピカードの頃から熱心な布教活動に入る。周囲の人間に吹聴しまくり、同化される者、静かに去り行く者、さまざまであった。 特に友人の女性などはいい迷惑だったろうにと思う。会う度にDVDや資料を貸し付けられ、間接的についには彼女の両親まで同化に成功してしまう。 聞くと今では毎週土曜の放映日(京都地方)には両親と彼女が並んで見て「ワープ9て出したらアカンのとちゃうん」「緊急時やさかいええんや。それよか亜空間でのボーグインプラントの干渉が心配やな」といった会話が日常的に交わされているらしい。 改めて断っておくが、50代の、スタトレ未経験の、文系の、おっちゃんとおばちゃんの会話であることにご注意願いたい。 げに、スタトレは恐ろしい・・・

あったん(2006年08月19日 01:34)

■スタートレックの世界観

初めて見た記憶は遠い昔で、とにかく「エンタープライズ」という名前はずっと記憶の中にありました。もともとSF映画が好きで見始めましたが、最近は 「人種差別がなく、自然環境を保護する」というようなメッセージがあるような気がします。 ごく最近、大型TVを購入したので、以前購入したDVDをもう一度、迫力のある映像で楽しんでいます。

流星(2006年08月19日 00:50)

■SFへの誘い

小学生時代にTOSをTVにかじりついて観ていた.当時,ミステリーゾーンやタイムトンネルなどと共に,私をSFの世界に誘ってくれた.LaserDiscで劇場版BOXを買い,敢えて日本語吹き替え版で楽しんでいる.私にとって『宇宙大作戦』は,矢島正明らの吹き替えがベストなのだ.映画館で劇場版第1作を観た時,テーマ曲に乗ってエンタープライズ号が初めて登場するシーンでは,涙が出てきたものだ.DVD劇場版も買ったし,TOSのDVD BOXも買ったが,今でもLaserDiscは最高かも!!

中澤利彦(2006年08月19日 00:29)

■豊かな時代

「スペース1999」の再放送の後番組として「宇宙大作戦(TOS)」の再放送を観始めた小学生時代。 ごく普通のテレビ番組として観ておりましたが、なんとも贅沢な時代でした。

科学の子(2006年08月18日 22:03)

■エンタープライズ

私のスター・トレック”とのFirst Contactは3?年前、幼稚園の時に見たTOSでした、未だ小さかった私には宇宙をテーマにしたドラマくらいしか認識は無かったですが、斬新かつ優美なエンタープライズには見た瞬間から虜になりました。未だにエンタープライズを超える宇宙船は無いと思います。 いつも私の宇宙にはエンタープライズ、決断を迫られた時には艦長の心があります。

picard01(2006年08月18日 21:39)

■友人に

高校生の時、友人に面白いから、絶対観た方ががいいと言われたけど、内容がかなりディープなんじゃないかと思って最初の何週間は観ずじまいで、友人がとりあえず観てみれば分かるからと促されとりあえず観てみるとみるみるうちにはまってしまって、友人とあの話は凄かったとか、あのキャラクターいいねと言ってるうちにDVDを買い始める始末・・・今では友人よりもスタートレックの事に詳しくなってしまいました。映画、TVの新シリーズはどうなるんですかね?今から楽しみです。

ヴィラン(2006年08月18日 21:32)

■私の

TOSを小学校時代、土曜日の朝に放映されていた再放送を見てから、早30年以上の歳月が過ぎました。TNGを土曜日の深夜に見たのが始まりで、”浮遊機械都市ボーグ”で完璧にはまりました。以来、Super Channel(現、Drama Channel)等でスタートレックシリーズを数々、観てきました。後に、映画でボーグが登場し、新型のエンタープライズEが見事に活躍するFirst Contactは本当に圧感でした。これからも、より発展したシリーズが作られることを心から待っています。

kentopapa(2006年08月17日 12:50)

■Beam Us Home

宇宙大作戦が私にとってのファースト・コンタクトでした。「転送装置」が少年だった私のハートを鷲掴みにしたことを憶えています。後に偶然、SF作家ジェームズ・ティプトリー・ジュニアの小説の中でTOSを題材にした作品を見つけた時、スター・トレックがいかにスタンダードな存在か改めて驚かされたものです。

SE/30(2006年08月16日 21:42)

■出会いは36年前

高校生の頃、SF小説が大好きで、色々読んでいた時でしたので、新聞の番組欄の「宇宙大作戦」というタイトルがずっと気になっていました。 たまたま、風邪を引いて学校を休んだ日が、「宇宙大作戦」の放送日だったんです。 タイトルは「宇宙暦元年 7・21」でした。タイムスリップ有り、ちょっとコミカルな面も有りで、もう一目で大ファンになってしまいました。 毎週学校を休むわけにはいかないし、ビデオレコーダーも無かったので後で見ることも出来ず、ほんとに悔しい思いをしました。 そのうち放送が土曜の午後4時になり、毎週見られるようになりました。週末が待ち遠しく、用事があっても必ず放送に間に合うように家に帰ったものです。 ずっと前からDVDでシリーズが発売されたらいいなと思っていましたが、今では全てのシリーズが手に入ります。本当に嬉しい限りですね。

きょう(2006年08月16日 14:57)

■私も生まれて・・・40年

丁度、私が生まれた年にスタートレックの放送が始まったんですよね。で、中学生くらいの時に、何度目かの再放送で深夜にたまたま観て・・・スポックさんに一目惚れvv当時はビデオもなけりゃ、ネットもない。母に聞くのがやっとでした。 高校に進学したまたま入ったクラブの先輩がスタトレファンだったので、そりゃ〜〜〜いろいろと教えてもらいました。原作も読み、今に至っているわけです。 でも、私が好きなのはやはり初代ですので、その後のものについてはあまり詳しくないので、まだまだですね・・・・頑張ります。

ようメル(2006年08月15日 23:45)

■平行世界

小学生のころに見た、ヒゲ面のスポックのエピソードが印象に残ってます。 それから10数年、DS9で平行世界が出てきたときは、まじなつかしくて感動。 平行世界のエピが大好きになりました。 DVD、平行世界BOXとか出ないかなー・・・

MEIJIN(2006年08月15日 00:52)

■クリティカルヒット

正直その時まではスタートレック否定派だった私、Dr.スランプでスポックをいじられる位のレベルだと思っていました。スターウォーズのほうが面白いとさえ高言してました。  しかし、その時(忘れもしません高校2年の夏休みの午前10時)TNGの放送を観て雷に撃たれたようなショックで本当に観終わってから”ボー”っとしてました。 良いものに出遭うと言葉を失いますよね!!  以来、ビデオ屋巡りをしては購入してました。  今では全ストーリーがDVDで観られるので幸せです。  新しいシリーズが始まるのを心待ちにしてます。

スタトレ貧乏(2006年08月14日 23:15)

■スタートレック88、新宇宙大作戦

昔昔まだ私が20代で独身だったころ、近くのレンタル屋さんで見つけた『スタートレック88』というタイトルのビデオを借りたのがファンへの始まりです。

よっこさん(2006年08月13日 22:34)

■歴史

アメリカでホームステイした時、そのうちのおじいさんはスタトレの大ファンで、いつもは無口なのに、スタトレのこととなると、饒舌であったのを思い出します。おじいさん、子供、孫と三世代にわたって楽しめるスタトレには歴史を感じますね。

メロン姫(2006年08月13日 11:57)

■日曜日のお楽しみ

小学校の頃、秋田では毎週日曜日の朝に「宇宙大作戦」は、放送されておりました。 四十年前の子供は当然、日曜日に寝過ごすことなど無く早朝より一仕事(遊び)を終え、確か十時頃だった放送時間には 友人宅(持ち回り)でテレビの前に釘付けだった。 TNGやVOYのように綺麗で華麗な艦ではありませんでしたが私をドキドキワクワクさせるには十分でした。

秋田おやじ(2006年08月12日 03:08)

■ハマるなら、イマ!

アゴに手を当てて、往年のアイドルスターみたいなポーズで微笑むカーク船長の小粋な笑顔に惚れた!

400才の少女(2006年08月12日 00:49)

■スタートレックとの遭遇

私が初めてスタートレックを観たのは、もう数十年前。私の故郷では日曜日の12時に海外TVが放送されていて、その時にスタートレックを知りました。ド田舎に住んでいたので、SFは未知の世界!すぐに夢中になりました。ドクター・マッコイがお気に入りで日曜日が楽しみでしたね。

ビデオステーション(2006年08月11日 23:14)

■マイブーム

40年位前に見て、それが今まで強く印象に残って時々思い出していました。最近またTVの深夜に再放送され、カレンダー、フィギュア、書籍等を買い集めています。「スタートレック」とともに昔を思い出しています。

audi-a4(2006年08月11日 15:54)

■私のファーストコンタクト

私のスタートレックとの、ファーストコンタクトは、中学生の頃、宇宙大作戦のTV放送でした、深夜帯の放送でしたが、大変、大きな、カルチャーショックを、受けました。依頼、40年間、ずーっとスタートレックのファンです。

kyuusyuu-sinndenn(2006年08月11日 11:28)

■3Dチェス

小学生の時、「宇宙大作戦」を観たくてしようがなかった。が、深夜だったので、親は許可してくれなかった。高校生の時、夕方に「スタートレック」のタイトルで再放送された。今度は思う存分、観る事ができた。静止画でしか観たことのなかったスポックの3Dチェスを動画で観られて、すごく嬉しかった。

きんどー(2006年08月10日 19:03)

■はじめての宇宙パトロール

小学校5年に毎週日曜日に30分2回に分けて放送されていた。オープニングが好きで再放送時もかかさず見ていたのが最初である。

JouJou(2006年08月09日 18:49)

■深夜テレビ

5〜6年くらい前、深夜テレビで放送しているのを見始めたのが、最初の出会いだったと思います。ただ全放送を見ていないのが、残念です。

yochi(2006年08月09日 15:07)

■親の目を盗んで

小学校時代に深夜帯の再放送ではまりました。 確か、番組の前は11PMだったかと 親が寝ている部屋にテレビが置いてあり、夜遅い時間帯だったので、イヤホン&布団で光が漏れないようにして見ていたのが思い出です。 今では、アニメ番を除く全てのDVDで繰り返し見ている昨今です。

ひじり(2006年08月09日 14:57)

■魔の宇宙病

小学校低学年のとき,夏休みに再放送されていた「宇宙大作戦」を見ていました。新婚旅行はラスベガスのエクスペリエンスに行き,今では車のナンバーまで1701です。

光るめだま(2006年08月09日 13:22)

■カッコイイ!!

最初に見た作品は、DS9の、シスコとジェイクが宇宙帆船でカーデシアに行くエピソードでした。あのオープニングを見たその瞬間から、トレックの世界に引き込まれてしまいました。劇場版最新作XIが楽しみです。

borger(2006年08月09日 12:49)

■ガキの時代に同化?

ヒーロー物を見るように、小学生のころ夕方テレビに噛り付いて見ていました。当時夏休みにアメリカに行ったとき、スミソニアン博物館でエンタープライズの模型が天井からぶら下がっているのを見て感動し、NYのおもちゃ屋でグッズが大量に売られているのを見つけて有り金全部使い、アメリカ土産も買わずに帰ってきたことを思い出します。私の39年間の人生の大半に渡り勇気と感動をもたらしてもらいました。今思うと小学生のころに同化されていたのですね!この集合体から一生はなれたくありません…

はっちぃ(2006年08月08日 20:12)

■カークと独立宣言

ずいぶん昔、小学生のころコンバットが好きで海外ドラマに興味を持った。宇宙大作戦も、その一つであり、フェザーガン、転送、ワープ、etc。いろいろ興味の沸くキーワードが記憶に残ったが、タイトルは忘れたが、敵対する部族間の争いが、地球の文化であり、カーク船長が独立宣言書を読むシーンから、STのストリーが好きになり、アメリカに興味を持ち、我が人生のスタートに、なったような気がする。

HAYA884(2006年08月08日 13:28)

■私の中の子供と大人の再会

幼少の頃、ドイツでTOSを見ていた。帰国して大人になって、日本でTMPで再開した。それ以来生活に欠かせないエッセンスである。

DT(2006年08月07日 16:45)

■円盤部切り離し

僕はTNGのテレビ放映から見始めました。後からTOS、DS9と順不同になってしまいましたが、なにより感動したのは、ストーリーの一貫性です。つじつまがシリーズを超えてまで崩れないスタートレックは最高です。円盤部切り離しにはこれまた驚きましたけど。

けんちゃん(2006年08月06日 17:59)

■不謹慎かも

夢中になって見始めたのは小学生の時でした。地方局の日曜日、朝の10時からTOSのファーストシーズンを放送していました。子供ながらSFの世界の話にわくわくするのと同時に、ピチピチしたユニフォームを着たブロンドの髪の女性に目が釘付けになった覚えがあります。成長後は映画公開を待ちわびるトレッキーとなっていました。

きたぴー(2006年08月05日 22:27)

■初めてのスタートレック

私が始めてスタートレックを見たのは、小学生ごろ夕方「宇宙大作戦」の再放送だと思います。 日本のSF作品では、設定に無理があったり、子供だまし的な感じがしたのですが、「宇宙大作戦」は違いました。 将来は、「宇宙大作戦」に登場する技術は本当に実現するんだとそのとき確信しました。 ワープ、転送などわくわくする技術が盛り沢山で、毎日学校から帰るのが楽しみでした。 今も、当然「エンタープライズ」を見るのを楽しみに会社から帰ってきます。

tune(2006年08月05日 15:51)

■スタトレとの遭遇

ん十年前、子供とき(天文ファンでした)にTVで放映され始めたTOSを見たのが、ファーストコンタクトです。それから映画は全部見に行きました。しばらく遠ざかってましたが、数年前CATVにしてから、TNG、DS9、VOY(これは途中からで全部はまだ見てないで再・・放送を期待してます)と最近また、はまってます。

uss_voyager(2006年08月05日 11:17)

■おないどし

私とスタートレックの出会いはたしか小学校に入る前で、地元ではたしか土曜日の夕方だったと思いますが放送していました。母子家庭だった私はもっぱら家でテレビを見ながら母の帰りを待っていましたが、放送の時間だけは私もクルーの一員として宇宙を旅していました。当時の私はストーリーが半分も理解できる訳もなく、しかしながらどっぷり浸っておりました。考えてみれば私も今年で40歳。なんとなく同い年という事に因縁といいますが、大げさにいうと運命を感じる今日この頃です。

やまちゃん(2006年08月05日 03:23)

■小学校の頃の思い出

30年以上前のこと、親が何気なくつけていたTVで「宇宙大作戦」を観ました。「神との対決」でした。子供心にドキドキしながら観たのが最初で、それから病み付きです。スタトレとの付き合いも長くなりました。

とし(2006年08月05日 01:29)

■最初は子供のころ

最初は子供の頃「宇宙大作戦」を見て、弟と宇宙大作戦ごっこをやっていました。自分がカーク船長になり、ミスタースポック(弟)と転送で知らない星に下りたつもりになって調査していました。転送の最中はは雰囲気が出るように2人でピタッと止まってました。 ネクストジェネレーションは、ピカード艦長に始めは違和感があったのですが今はカーク船長以上に好きになっています。 またこの時代の新作が作られないかしら。

かっぱ(2006年08月04日 23:43)

■ものすごい偶然から・・・

最初は、民放で夜中にやっていた「陽だまりの樹」を見るために前もってテレビをつけていてなにげなーく『ヴォイジャー』を見たのが本当のファーストコンタクトでした。実際にはスタートレックという意識はあんまりなかったですけど・・・(スタートレック自体は、聞いたことはありました) そのあと何気ない会話の中から彼氏にうんちく・うんちくの嵐に遭い、今では彼氏(今は旦那様)以上にスタートレックファンです。 私の中ではTNGが一番(映画も含めて全部DVD買っちゃいました!)ですが、TOSの何ともいえない雰囲気たまりませんねー。 これからもずっとトレッキーであり続けます。

かおる(2006年08月04日 23:10)

■サイト

【サイトに入った瞬間、全体の雰囲気がよく見やすかったです、商品画像の大きさも丁度よく、一覧から気に入った商品から商品情報などの丁寧な説明でページが見やすいです。そして利用者のことをとても大切にしているサイトだなぁと感じました。メルマガも届いたら必ず見てますので、お得な商品がありましたら、家族や友人に紹介したいと思います。これからも素敵な商品を紹介してください。いつまでも今のまま皆に愛されるサイトであって欲しいです。】

シュートム(2006年08月04日 18:18)

■第一種接近遭遇は宇宙大作戦

最初はTOSのテレビでハマり、映画シリーズが始まってからも、ずっと見続けていました。 TNGは優等生タイプの淡白なキャラが多くて、なにかいまいち好きになれなかったけど、濃いめのヴォイジャーでまた大ハマリ! 現在もドップリ、トレッキーです。

オリオンの踊り子(2006年08月04日 16:11)

■カーク船長!

深夜にやっていたTOSを見たのがきっかけですね。カーク船長の強さと、人間的な弱さとないまぜになった姿が大好きです。

NOMADO(2006年08月04日 16:07)

■ヴォイジャ〜!!

私は、真剣に見だしたのは、ヴォイジャーからです。 ジェインウェイ艦長も好きなのですが、やっぱ、トムですよね〜、かっこいい(^^)。 最終回が、一番好きです。

パリス(2006年08月04日 12:42)

■なんといっても宇宙大作戦

はじめて見たのは、35・6年前の夏休み特別企画番組の宇宙大作戦でした。小学5年か6年でとにかく大好きでした。カーク艦長、スポック、ドクターマッコイの掛け合いが面白かったし、子供心に、いろいろと考えさせられました。その後、深夜の再放送が何回かありましたが、内容はもちろん面白いと思ってみるのだけれど、昔見た番組を頭で美化して覚えているので、「こんなんだったかな・・・?」という場面がしばしば。  でも、これほど内容まで覚えているのは宇宙大作戦だけですね。  これから200年ぐらい生きたら、ガイナンのような人になれるのでしょうか?

いつかはガイナン(2006年08月03日 13:20)

■青春を取り戻せるひととき

何時見ても新鮮なエピソード、画像、100年後に見ても新鮮さは、損なわれないだろう

s7create51(2006年08月02日 20:50)

■題名すら知らなかった

高校生の頃、なんとなく変えたチャンネルで放送していたのが、TNGでした。 面白いとは、思ったのですが番組名を覚える前に寝てしまい、いつしか忘れ去られました。 そして数年後レンタルビデオ屋で、偶然テレビシリーズを10本発見し、それからは、トリッキーまっしぐらでした。 今では嫁も私の影響で、すっかりトリッキーです。

まさ(2006年08月02日 16:08)

■深夜のYV

見るからに作り物の安っぽいセットなのに、妙にひきつけられる番組に出会ったのは、高校生の頃でした。知っている人も少なくって、友人にもバカにされたことがありました。 でもこれだけバリエーション豊かに育ち、数々の宇宙物の元祖になった番組。もっといろいろなエンタープライズが見たいですね。

みみちゃ(2006年08月02日 11:34)

■活字からハマりました

幼少の頃、両親が見ていた番組を一緒に眺めていた(見ていたのではないと思う)のが最初の最初ですが、高校の時にSF小説をよく読むようになり、何か面白いものはないかと、本屋をぶらついていた時に、ノヴェライズを見つけました。「確かこれは耳の尖った人と、中国人のようなカトーさんが出ていた番組ではないか?」ぐらいの軽いキモチで読みはじめたら、面白いのなんの。すっかりはまってしまいました。小説を制覇した後は、もちろんビデオ。そのままトレッキーまっしぐらです。

ゆぴ(2006年08月02日 00:10)

■いくつになってもトレッキー

私のファーストコンタクトは、 深夜の宇宙大作戦。 スポックのクールさに惹かれて 以来ずっと他のシリーズも見ています。 VHSテープに取り貯めてあった、 最初のシリーズから順にDVDに 落とす作業をしていたら、何と 旧スーパーチャンネルで放送してました。ヘナヘナ〜としたことを思い出します。 文庫本でもスタトレが出ていましたね。全部買っておけば良かったと後悔してます。

ヴァルカン星江(2006年08月01日 23:53)

■スタートレック大好き

小さい頃からテレビシリーズを見続けてきました、話に夢があってよい作品です。ずーっと続いて欲しいと思います。

準ちゃん(2006年08月01日 14:14)

■昔々…

意味も分からず,TOSの再放送にかじりつき,エンタープライズのクルーになったつもりで,逆さまにした椅子の底を操舵パネルにして遊んでいた小学生の頃. それから十数年後… ‘新宇宙大作戦'88’というビデオをレンタルショップで手にしたのが,TNGとの出会いでした.こんなに深みのある作品.目から鱗,でした. それ以来,20年近く…感慨深いですね.長寿と繁栄を.

S'Kal(2006年08月01日 12:59)

■ファーストコンタクトは深夜のTNGです

高校生のころ夜中まで起きてテレビを見てたら、スタンド・バイ・ミーで惚れてしまったウィル・ウィートンが出てるじゃないですか。 ウィル・ウィートン目当てで見てたらすっかりスタートレックの虜に。 今じゃぁ、ウェズリーよりもクァーク好き。

tap(2006年07月31日 19:29)

■拾ってきたテレビで...

僕が小学生の頃に兄が独立し、兄の部屋を与えられました。 その頃、たまたま近所のゴミ捨て場に捨ててあった15インチの白黒テレビを見つけて”捕獲”(^ ^

funky nakajima(2006年07月31日 17:59)

■スタートレック

40周年おめでとうございます。 最初に、スタートレックに出会ったのは、子供のころ、TVの放送を兄につられて見たのが最初だと思う。 ハッキリ記憶がないくらい、何時のまにか、知っていたという感じが正しいのかもしれません。 子供のころは、あまり興味がなかったのですが、大人になり登場人物の性格や人間関係が分ってくると、だんだんはまり、好きになっていきました。 これからもスタートレックを応援していきます。 楽しい情報をおねがいします。

アトム(2006年07月31日 11:30)

■私の世代は...

友達が仮面ライダーや宇宙戦艦ヤマトを学校で話題にしていた小学校高学年の時に、私ともう一人がスタートレックの再放送を見て二人で分かったような顔をして、あそこのエンタープライズの大きさはおかしいとかの話をしていたのを思い出しました。

toshiyan62(2006年07月30日 19:32)

■深夜に

小学生のとき『宇宙大作戦』のタイトルで、深夜のテレビ番組として、偶然出会いました。メイン・キャラクター3人の「カーク船長、ミスター・スポック、ドクター・マッコイ」の掛け合いが楽しみでした。特に「論理的なスポック」vs「感情的なドクター」の独特の掛け合いが秀逸でした。PS.声優の野沢雅子さんも「少年役で声を当てておられた」のも覚えています。

茶碗(2006年07月30日 13:30)

■物事の考え方が変わりました

テレビで映画ST3を見ました。 カーク艦長が自分の船を自爆させるシーンが衝撃的でした。 それからどんなに不利な状況でも必ずチャンスはあるものだと考えるようになりました。

緊急医療ホログラム(2006年07月30日 02:44)

■13年前のあの日

同時2歳だった自分は、初めて、スーパーチャンネルで、TNGをみた。それから13年間、毎日のようにスタートレックをみています。

sugi(2006年07月29日 21:36)

■ファーストコンタクト

私の、STARTREKとの、出会いは、今から、35年程前に、関西テレビの、日曜お昼12時から、放送されていたシリーズでした。

99(2006年07月29日 17:10)

■深夜放送

はじめてみたのは確か新スタートレックの深夜放送でした。

匿名希望(2006年07月29日 15:06)

■スタートレックとの出会いは

宇宙戦艦ヤマト(映画版)のときにヤマトとエンタープライズが戦ったら!の記事から興味を持って映画、TVを見て、ノベライズを読んでました

たこ8(2006年07月29日 11:38)

■スタートレックトの出会い

それはあまりにも衝撃過ぎました!

おかなお(2006年07月29日 11:11)

■ファーストコンタクト

 1960年代、まだ物心がつき始めた頃、祖父と共に「宇宙大作戦」(たぶん「400才の少女」)を見ていました。これがスタートレックとのファーストコンタクト。そしてSFファンになったキッカケ。はまったのは、ずっと後で、ネクストジェネレーション。(中京テレビの深夜放送でした。)すっかりトレッキーになってしましました。「宇宙大作戦」、「まんが宇宙大作戦」、「ネクストジェネレーション」、「DS9」、「ボイジャー」、映画全作品、「エンタープライズ」のCS放送分まで全て見ています。スタートレックの世界観に憧れています。

なんば〜わん!(2006年07月29日 05:07)

■前回の続き 今回は「人種」

1960年代、公民権運動の盛んな頃、クルーは、多人種・意人種の混合であった。かつての敵国・日本、その頃の敵国・ソ連、黒人プラス異性人の混合チームアメリカ社会への挑戦である!それは、歴代のSTに受け繋がれている。将来、北朝鮮と日本も手を繋ぐ時が来ることを希望する!

垂井町民(2006年07月28日 22:56)

■最高!!!

本気、最高!!! 青春の1ページ♪ 言葉にできない感動をありがとう!!

ぴょんぴょん(2006年07月28日 22:50)

■星の夢

( 真夜中は スタートレック 見て眠る ) ☆関西テレビで深夜スタトレが放送されていました。必ず観ていました。勝手に川柳しちゃってゴメンナサイm(__)m

秋乃浪漫(2006年07月28日 15:45)

■コメント

すべてのシリーズに登場する Q(キュー)の活躍を期待します

kan(2006年07月28日 15:27)

■宇宙大作戦

宇宙大作戦。よかったよ。 奥深かったよね。

タケイ(2006年07月28日 14:47)

■人間と重力

人間と重力について自然に逆らうメールがきました。私は宇宙は神秘的で、そういうものだと映画で皆さんに伝えてほしい。

yossy(2006年07月28日 13:37)

■宇宙大作戦を見て!

初めて宇宙大作戦(スター・トレック)を見た時に、今までのSFとは異なった放送で有ったので、それ以後、のめり込み欠かさず見ると同時にビデオに記録致しました。人生に於いて苦難の時はビデオを参考に応用して来ましたが、 宇宙大作戦以後のものは、見ていても又見たいとも思いませんが、宇宙大作戦は、何度見ても見飽きる事が全く有りませんので、何故そうなのかを研究しています。 又、ビデオも長期保存が出来ず半分ほどはダメに成り、スーパーチャンネルでも本月24日に終了で、残念ですが購入しか無いのかと思っております。

HERO(2006年07月28日 13:14)

■会社の先輩が・・・

スター・トレックが面白いと。 もう、その一言だけでTNGのボーグの話だけをまとめたビデオを一本渡されて宿題のように見させられました。 見せられた感が強かったのですが もう今となっては自分から見ている立場なので恐ろしいですね。

鮎川政美(2006年07月28日 12:41)

■ファーストコンタクト

初めて見たのは深夜、地上波で何気に見たのがきっかけでした。 感動出来る話や、アドベンチャーな話が多かったニュージェネレーションが好きです。

ぴあ(2006年07月28日 12:17)

■なつかし

最初のバージョンをテレビで見ていたころが懐かしい。まだ小さかったけど、興奮して。いつも見逃さないようにしていたなあ

カメやん(2006年07月28日 12:08)

■洗脳されました・・・

スタートレックを「まじめに」見始めたのは、海外滞在中。言葉が通じないため、部屋にこもりっきりで、テレビばかり見てました。もともと一緒に住んでいた彼がスタートレックが大好きで、その影響で見るようになりました。で、はまったのが、ネクストジェネレーション。初めはセリフがさっぱりでしたが、だんだん分かるようになって楽しさ倍増!帰国後は、CATVやDVDをレンタルして見まくりました。その後のシリースも見てますが、やっぱりネクストジェネレーションが一番好きですね。もともとパトリック・スチュアートのファンだったのもありますが。

マギスター(2006年07月28日 11:32)

■CS放送で

はじめて見ました 広大な物語ですよね 役の人の印象がとても深いです

☆の王子(2006年07月28日 10:15)

■スター・トレックといえば

スター・トレックといえば、やはりMr.スポックですね!ロナード・ニモイ扮するスポックの特徴的な耳と風貌、最初に見た時はこれぞ宇宙ロマンだと感動しました!

ラスカル坊や(2006年07月28日 05:07)

■TOSだが。。。

私のファースト・コンタクトは小学生の時に親父と一緒にビデオで見たTOSの映画だった。その時は難しいSFというイメージしかなかった。しかし、深夜テレビでやっていたTNGを見る頃には、はまるはまる。何度でも見る見る。ピカード艦長のリーダーシップに憧れる。その点ではジョンウェイン艦長も同じである。ただ、カーク艦長は、リーダーシップというよりチームワーク重視というか、仲間に頼り過ぎ?助けられ過ぎ?な気がするのはおれだけ?

真式(2006年07月28日 01:55)

■ギリシャの神々

TOS 日本放送分 #33『神々との対決』これが僕のFCです。 夜中に、なんとなく目が醒めて眠れそうもないので、テレビを付けたら開始5分後にハマリ見続けてしまいました。その後は、全シリーズを5回以上見ています。学んでいる事は、人間性の確保と努力という事。 世間には、人間である事を病めてしまう人たちが居ます。そうならないように、日々の努力が必要な事を痛感しています。

トム・ライカー(2006年07月28日 01:16)

■始めは知らずに呼んでいた・・・。

中学に入ったとき、『スポック君』とよばれていた同級生がいた。あだ名の由来を知らずに呼んでいたが、ある時・・・TVで『スタートレック』を見て衝撃!!そっくりだったのです。当時、登場人物の区別がつかず、洋画系は観ていなかったが個性豊かなキャラ揃いの『スタートレック』は、言うまでも無くその後、ハマッテしまいました。

スポックは同級生!?(2006年07月28日 00:44)

■トレッカ−歴15年?

私のスタートレックとのファーストコンタクトは、15年位前の関西テレビの深夜放送のTNGシリーズだと思います。1話完結なので、すぐにハマりましたね。以来、色んなシリーズも見て来ましたが、やっぱりTNGが1番大好きです。いつの日か宇宙艦隊に入り、ピカード艦長の下で任務につくのが夢です!!(本気)ラスベガスのスタートレック・ジ・エクスペリエンスは最高でした!1日3回行きました!絶対オススメです。

やまこ(2006年07月28日 00:41)

■スタートレックとの最初の出会い

米軍基地のそばに住んでいた子供の頃、米軍向けテレビ放送で初めてスタートレックに出会いました。白黒でした。なにせ英語でしたから会話の内容は解りませんでしたが、娯楽番組の少ない時代に毎回楽しみに観ていました。

南のトラ(2006年07月28日 00:39)

■どんな怪獣がでるのかと..

今から31年前の1975年夏、大阪の関西テレビで放映されていたとき初めて見ました。 新聞のテレビ欄に「宇宙大作戦『地底怪獣ホルタ』」とあるのを見て、 「外国の番組?どんな怪獣が出るんだろう?」 と日本の怪獣ものに出てくるような怪獣が出るのかと思っていたらびっくり。ホルタはシリコン生命体で、しかも最後にはコミュニケーションを取って共存してしまうという展開は新鮮でした。

甫琉汰(2006年07月27日 23:36)

■StarTrekとスポック博士

なんといっても、スポック博士があまりに印象的で、それがアメリカでの最初の出会いでした。

Mindy(2006年07月27日 21:06)

■小さい時から

子供の時から宇宙大作戦は父と見ていました。新しいスタートレックやDS9、ボイジャーも深夜みてましたよ。もう新作はしないんですかね?映画でもテレビでも何でもいいから新作見たい。

かのみーぽぽ(2006年07月27日 20:46)

■思えば長い付き合いです

STのファンになったのは,1969年か70年,中学生のころからです。他のドラマとは全く異なり,心に染み込むような感動を覚えました。すでに私も50代,思えば長い付き合いです。当時周囲にファンは見当たらず,異端児扱いでしたが,今はネットに友達が出来,職場では部下を「同化」しています。 「生きるためなら,死をも恐れず」は,仕事柄,座右の銘として,大切にしています。

東(2006年07月27日 12:47)

■はっとしました

はっとしました。新鮮な気持ちになりました。 新しい自分発見ができました

yukoyuka(2006年07月27日 02:08)

■エンタープライズ号?

私のファーストコンタクトは、1983年私の故郷の佐世保港に入港したUSS Enterprise(CVN-65)でした。 冗談はさておき、高校生の頃有線放送でTOSを見た記憶があるのですが、特撮技術の進んだSFを見慣れた子供の目には、映像がちゃちに見えて全くはまらなかったのですが、二十歳を過ぎて深夜枠でTNGをたまたま見たのがきっかけで大はまりしてしまいました。なんと言ってもデータのキャラが最高で、毎週ビデオに撮って何度も見てました。TOSも今改めて見るとすごく面白いのは、SFと言う枠にとらわれないストーリーが良いからなんでしょうね。自分の子供たちもトレッキーにすべく、家族でDVDを見ています。そうそう、映画「故郷への長い道 」に、幼少の頃見たUSS Enterprise(CVN-65)が出てきた時はちょっぴり嬉しかったです。

KNT-1701-E(2006年07月26日 18:44)

■小学生のとき

TVで初めてみた時からはまりました。わくわくしながらみていた事を覚えてます。NGシリーズになってドラマが奥深くなりますます好きになりました。

yosi(2006年07月26日 18:19)

■僕のファーストコンタクト

僕のファーストコンタクトは、深夜にTV放送されていた、ヴォイジャーでした。一発ではまってしまいました。チャコティが、ものすごくかっこよかったのを覚えています。

ジョー(2006年07月24日 23:08)

■実は・・・・。

前世は同化されていました。

NewNewちゃん♪(2006年07月24日 12:34)

■昔々

スタートレックとのファーストコンタクトは、小学生の頃です。たぶん、今から10年以上前のことだと思うのですが、平日(水曜日だったかな?)の深夜に放送されていた「TNG」を観ていました。父が昔からスタートレックが好きだったようで、毎回録画しては、日曜日に父子で観るのが習慣になっていました。 当時からピカード艦長のファンで、特に「Fire!」のセリフが大好きでした。 ホロデッキや転送システムなど、小学生だった私にとって、ドラえもんのアイテムと同じくらい魅力的に見えていたものです。 あと、ライカ副長のラブシーン?が気まずかったのをよく覚えています。笑。

k(2006年07月24日 12:31)

■TNGでハマりました

友人から半ば無理やりにTNGの浮遊機械都市ボーグを見せてもらいました。とても面白かったですね。

上原一臣(2006年07月23日 23:57)

■バルカン人に憧れて

子供の時に、TVでやっていた劇場版のスタートレック1作目を見て夢中になったのがきっかけです。バルカン人に憧れました。どのシリーズも好きですが、特にジェネレーションズとヴォイジャーはDVDで繰り返し見ています。ユーモアと哲学的な思想、メッセージがうまく込められている、不滅のシリーズだと思います。

astromedia(2006年07月22日 23:01)

■燃えるタイトル「宇宙大作戦」!

私がスタートレックを知ったのは小学生の頃に見ていたTOSでしたね。 毎年、夏休みになるとよく再放送をやっていて、毎日、夢中になって見ていました。 特にカーク船長のかっこ良さには痺れました! スポックやカークの台詞をよく学校とかで真似していましたね。 今でもスタートレックシリーズの中で一番好きなのは「宇宙大作戦(TOS)」で、カーク船長は今も少しも変わらずに、私の中で最高のヒーローです!

じぇーむす(2006年07月22日 04:22)

■偶然の出会い。

ある日、レンタルビデオ屋さんへ行ったときに何気なく手に取ったビデオが「ジェネレーションズ」でした。 スタートレックの存在自体知らない世代でしたが、「ジェネレーションズ」を見て何か無性に興味を持ってしまい、新スタートレック88のビデオを見始めました。 それ以来LDを全巻買い集め、そしてDVDのコンプリートといつのまにやら莫大な資産を投資するまでになってしまいました。 「ジェネレーションズ」のピカードとカークとデータに出会わなければ今日の私はなかったと言っても過言ではありません。 偶然手に取った1本のビデオが私のファーストコンタクトでした。そして同化されました。 拒絶することも抵抗することもできずのめり込みました・・・。「抵抗は無意味だ」

木白民(2006年07月21日 23:21)

■親が見てたテレビで...

僕のスター・トレックとの出会いは、子供の頃、親が見ていた「宇宙大作戦」の放送ですね。 当時、どう思って見ていたのかは覚えてないけど、両親が勤めていたホテルの呼び出し用ポケベルをTOSの通信機に見立てて遊んだっけ。 その後、中学になってから映画を沢山見るようになって、劇場版が公開。もちろん前売り券を買って行きました。 オマケの小冊子はヨレヨレになっちゃってるけど、今でもあります^^ 「カーンの逆襲」の時は「フライングハイ2」との2本立てで、楽しかったな〜 全ての映画版は劇場で見たし、TVシリーズ見たさで、スカパーに加入したし、これだけ長く楽しむ事ができる作品は、このシリーズだけでしょうね。 これからも、新作映画、新作TVシリーズに期待しています。

konantaka(2006年07月21日 22:08)

■白黒テレビだったのに

小学生の時、父親が入院していた病院の地下食堂に置かれていたテレビで、「宇宙大作戦」を観たのが「私のファーストコンタクト」でした。置かれていたのは白黒テレビだったはずなのに、なぜかクルーの服は色が付いて見えた様に記憶しています。DVDで宇宙大作戦を観ていると、今でも父が亡くなるまで、私が預けられていた親戚の家の白黒テレビを思い出します。こんなきれいな画像で、好きな時に鑑賞できる日が来るとは、当時は考えもしませんでした

スポック博士(2006年07月20日 10:27)

■私のファーストコンタクトは!

静岡放送で深夜放映していたヴォイジャーです☆ 仕事が遅くて見る番組といえば通販番組しかなかったのですが、ある日たまたまヴォイジャーを放送していて、見た瞬間から引き込まれてしまいました(*∂∂*)

Lizza(2006年07月19日 22:13)

■トレックと私

15年ほど前、深夜番組でなんとなく見てているうちに、どんどんはまっていってしまいました。 ただのSFと違い、人間ドラマなところが、私の中では、とても魅力的に感じたのだと思います。 ラスベガスに旅行に行ったとき、これだけははずせない!と思い、一緒に行った人は興味なかったんですが、無理やりつきあってもらいました。 ここまではまるとは、当時は予想もしていませんでしたが‥

KAZU(2006年07月19日 21:32)

■いつの間にか不毛の地

仙台で夜中にやっていたTNGをちょこちょこ見ていました。そしてDS9で完全にはまってしまいました。かつては日本最速だった仙台もいつの間にかスタトレ不毛の地になりちょっと悲しいかな。

porhtos(2006年07月19日 20:22)

■スタートレックとの出会い

子供の頃、30ウン年前ですか。新聞の番組欄に「宇宙大作戦」というタイトルを見たのが始まりです。当時はとにかくSFモノが大好きで「宇宙」という文字が入っているだけで興味がわき、テレビを見ました。 カーク船長、ミスタースポック、ドクターマッコイ、機関士チャーリー、ウフーラ、ミスターカトー、チェコフ、と実に国際的なクルーたちにすぐに夢中になりました。「おお!ミスターカトーって日本人なんだな」と当時は親近感を抱いたものです。 私の自慢は、後から知ったことなんですが、レナード・ニモイと誕生日が同じことです。

ラトムス(2006年07月19日 19:23)

■フジの深夜放送

深夜放送されていたTNGが初体験でした! 特にボーグの回にガツンとやられちゃいました!

おしゃむ(2006年07月19日 18:44)

■深夜の出会い

私が知ったきっかけは名古屋の方で深夜に放送されたTNGです。最初は何か不気味な外人さん(データのことですw)が映ってな〜と思ったのですが、見ているうちにどんどんはまってかかさなくなりとうとうドップリ。映画DVDはもちろんグッズ買ったりQに入る夢みたいりwそんなです。 買ったり

ちょうじろう(2006年07月19日 17:48)

■はまったきっかけ

昔の宇宙大作戦も好きで見ていた記憶があるし、無印エンプラも好きでしたが、ファンというほどではありませんでした。 ある晩、たまたま深夜にやっていたTNGを見て、その作品のすばらしさに感動しました。 それが「呪われた妄想」で、それ以来、なんとか全作品を見ようとレンタルビデオをあさりまくったりして、結局LDを全作購入してしまいました。 当然今はDVD全作持っています。

クロ猿(2006年07月19日 10:37)

■僕のファーストコンタクト

子供の頃(30年位前)何気なくテレビでしているのを見ていました。 でも、20年程前に成人して、20代半ばに兄弟でスタートレックの話しが何気なく出てきて・・・ちょうどその頃、毎週 TNGが放送されていました。 そこからです!ハマリにハマリました! TNGに関しては全ての物語に精通するくらいです。 40年ですね。。。 ジーン・ロッテンベリーさんは100年以上続くとおっしゃいましたが、僕の生きている限りこれからも観ていきます。

黒影(2006年07月19日 07:59)

■私とスター・トレック

宇宙それは人類に残された最後の開拓地・・・ 私のスター・トレックとの出会いは宇宙大作戦でした。 SFでありながら、当時のアメリカの社会を見事に描いていて 絶対に負けないカーク・沈着冷静で優れた能力を持つスポック、それに対抗するドクター・マッコイ、修理の天才チャーリー、日本人のミスター加藤など 様々なキャラクターも魅力の一つでした。

壱百萬弗の笑顔(2006年07月19日 07:19)

■邪道かも。

名前だけで中身はまったく知らなかった「宇宙大作戦」。私にその魅力を教えてくれたのは、高校の部活の先輩でした。「おまえが知らないのはおかしい!これを読めっ!」と文庫本を貸してくれたのです。その日のうちに、魅力的なキャラクターと壮大な世界観にハマッたのは言うまでもありません。

Lady(2006年07月18日 23:50)

■初めての

やはりカーク船長、当時神戸は、サンテレビしか放送してなかった。野球で、見れない時は、つらかった、見れた時は、次の日は、会話は、意味もなく何を、話ても非論理的と最後に言う。スコップも好きでした

toshihiko(2006年07月18日 22:53)

■First Contact

スタートレックとのFirstContact。 今から10年以上前に深夜にやっていたTNGがちゃんとした出会いかな? 昔からSF系は好きだったから名前くらいは知っていたけどちゃんと見たって記憶があるのはTNG。 それ以来TNGにはまり不定期にやる深夜の放送を心待ちにしてた。 もちろん、今ではTNGのDVDBOXと映画のDVDは全部買っていつでも見られます。

りょう。(2006年07月18日 18:26)

■今では家族で

私自身、TOSからのファンでしたが、すべての放送を見てはいなかったので、スタートレックには憧れに近い思いを持っていました。最近はやっとすべてのシリーズのDVDが揃い、いっぱしのトレッキーを気取れるようになりました。また、私の影響で、子供までが「長寿と繁栄」のまねをする始末です。

USS-TOBATA(2006年07月18日 18:13)

■テレビで

 放映されていた「宇宙大作戦」。当時三歳上の姉がスポックにはまっていて、その影響で幼稚園から見ていた。・・・時は流れ、いまやDVDコンプリートしてるのは、私のほうだったりする。人生ってそんなものなのかも。

Noel(2006年07月18日 17:17)

■草原でのファーストコンタクト

両親がTOSのファンだった為、物心ついた頃には私は既にトレッキーでした。 初めて覚えた単語はたしか「クリンゴン」!!父の草野球チームの名前(!)でした。クリンゴンの名誉を背負い、草原を駆ける父の背中が今も鮮明に思い出されます★ 今でも実家には野球チーム「クリンゴン」のユニフォームが眠っているとのこと。 ST40周年記念に私も草野球チーム作ってみようかな!?もちろんチーム名は、がんばれ「ナイナーズ」で!!

EMH Mk-3(2006年07月18日 16:10)

■宇宙大作戦

再放送でTVで観ました。なんだか解らないけど、凄く印象に残る番組でした。宇宙大作戦のDVDBOXも買ってしまった・・

Moopon(2006年07月18日 15:58)

■母からの影響でした

私のファーストコンタクトは、母からの 「スタートレック深夜にやってるから、ビデオに取ってくれない?」 でした。 母は、TOSを見たことがあり、印象に残っていたそうです。 それから、深夜枠でやっていたTNGを母と共に見ていました。 親子と見れる番組って良いですね。 私の子供と、一緒に見れるといいなと思っています。 STAR TREK 50周年位に。

かとまさ(2006年07月18日 15:53)

■エンタープライズ号にショック

私がスタートレックに出会ったのは中学の時でした。地元(岡山)の放送局が、夏休みの特別プログラムとして、TOSを放送しているのをたまたま見たのがきっかけでした。だいたい物心ついた頃からSFは好きでしたが、あのエンタープライズ号の雄姿を見て、いっぺんにスタートレックが好きになりました。それまで宇宙船というと円盤型かロケット(葉巻)型とばかり思っていた私は、エンタープライズ号のあの独特な形に、こんなのもあるのかと大きなショックを受けました。

ハタック(2006年07月18日 15:36)

■なつかしの・・・

私が初めてスタートレックを見たのは、職場の先輩にファンがいて、35年位前のモノクロ・テレビ放送でした。 たぶん「宇宙大戦争」の時代と記憶しています。 ウィリアム・シャトナー、ロバート・ニモイ等、個性的だったのが印象に残っています。 現在はTV放送が深夜(フジ8Ch・DS9)、以前はUHF等見逃していました。 DVDで購入していますが追いつきません。 この番組は、その時代のアメリカ人の良心、自由、平等への思いを表現していると思います。

正行(2006年07月18日 01:33)

■今はENTに凝っています

TOSを数十年前に見てからTNG、DS9、VYGと続けてDVDを購入して今はENTを集めています。全体のストーリーからするとENTが最初ですよね…!

DS90(2006年07月18日 00:02)

■宇宙、それは…

「宇宙、それは人類に残された最後の開拓地である。」で始まるナレーションは今でも耳に残っています。スタートレックとの最初の出会いは、中学の頃で、まだ『宇宙大作戦』だった。宇宙での冒険を描く…やはり日本のドラマとは違い、海外の作品は凄いという印象でした。初期のカーク船長やスポック、マッコイ、チャーリー、チェコフ、ミスターカトウ、ウラ、クリスティンなどが活躍するスタートレックが大好きで、DVDセットも持っています。タイトルは忘れたけど、宿敵クリンゴンとの戦いの中で、”自爆コード”を打ち込むのがありましたよね、あれはとても印象に残っています。また、映画では、過去の地球からクジラを運んでくるのがありましたが、あれも良かったです。当時のワクワク感は自分も歳を重ねたせいか、今はないけど、それでも時々休みの日には本棚からDVDを引っ張り出しては一人鑑賞しています

フナハシ マスミ(2006年07月17日 20:56)

■STとの出会い

初めての出会いは、38年前ぐらい、小学生の高学年で外国映画がまだ流行っていてシュウビュウー号と同時期でした。最初は、メカが斬新で再放送で内容に魅入られました。ビデオが無い時代、深夜TVを見るときは翌日、睡眠不足になりました。今は、TNGもVGR・EPも録画で見ました。どれもが内容が深く政治家や宗教者に見てもらいたい。SWには、人気では負けたが内容では勝っていると思います。今後、新シリーズが出る事を期待します。

垂井町民(2006年07月17日 20:52)

■土曜の昼の}お楽しみ

小学5年生のある土曜日のお昼すぎ 8チャンネル関西テレビで衝撃的な 外国ドラマを見た。宇宙船の話で宇宙人や未知の惑星の探検やワープ航法初めて見る本格SFに小さな胸はワクワクした。  次の日の話題はエンタープライズ・スポック・カーク船長・ワープワン・ミスターカトーなどでいっぱいだった。

kei(2006年07月17日 18:18)

■TOSの宇宙の巨大怪獣

小学生の頃、夕方4時頃から放送していた宇宙大作戦が最初です。よく覚えている話は「宇宙の巨大怪獣」、「危険な過去への旅 」、「危機一髪! OK牧場の決闘 」かな、TOSファンが少なくてちょっと寂しい思いをしています。

すずきさん(2006年07月17日 08:28)

■小学生の頃

「宇宙大作戦」を初めて観たのは小学生の頃だったと思います。 この頃は、ビデオがなかったので深夜眠ってしまい見逃した時はがっかりでした。せめて音声だけでもとカセットテープに録音していました。その後、文庫本もそろえました。 SF好きは「宇宙大作戦」の影響だと思います。

panchi(2006年07月17日 01:31)

■ディープインパクト

始めて見たのは中学生の時。夜中にやっていた新スタートレック。初めは、何がなんだか分からなくて見ていたが、いつの間にか虜に。 その後、スタートレックの存在は忘れていたが、ボイジャーが現れた。そこからスタートレックについて、調べ始め、今ではDVDを買いまくっている。

まろ(2006年07月16日 23:50)

■スター・トレックって何なんだ!

幼い頃、スターウォーズと違うの?ファーストコンタクトはとても不思議な気持ちでした。映画「スター・トレック」に出会ってから30余年、情報網(テクノロジー)の発達につれて日本に居る私にも次第に明らかになっていゆくスター・トレックTVシリーズの事実!まさに宇宙を冒険し新たな発見してゆくクルーのような気分です。 全てのDVDシリーズを買いそろえても、まだまだ、新しい世界を知りたいという探究心は尽きません!

スター・トレック世界の探求者(2006年07月16日 23:09)

■TNG

最初に見たのは高校生の時です。深夜に何気なくテレビを見ていた時にデータに出会いました。クルーに反対されながらも毅然と船を指揮する姿に惹きこまれ、気がついたら次の週から毎回見ていました。今でもデータのファンです。

おこじょさん(2006年07月16日 21:40)

■斬新な科学技術に感動

最初出会いはTOSの再放送を深夜に実施しているのを始めてみたのがきっかけです。初めは普通の特撮もの程度にしか見ていなかったのですが、見ていくうちに引き込まれていったようです。今でもあんな科学技術を生かせたらいいなと思いながら一企業のエンジニアとして頑張っています。

藩さん(2006年07月16日 20:24)

■TOS

宇宙大作戦を、リアルタイムで見ていた世代です。カーク船長・Mr.スポック・Dr.マッコイ・カトー・ウフーラすべての登場人物が、いまでも、いつまでも僕の心に残っています。 スタートレックは不滅です!

robert picardo(2006年07月16日 19:10)

■小説『過去から来た息子』がきっかけでハマりました!

 当時田舎の為、テレビ放送もなく、テレビ欄に時折でるスポックの顔だけは知っていました。 昭和60年頃書店で同本を見つけ、スポックの顔写真をみて昔見たかったテレビのだ!と思い、それ以来スタトレにはまりました。 その後、レーザーディスクのセットが出ると聞き、本体もその為だけに購入しました。 今はDVDのセットを再度購入中です。 小学1、3年の娘達もスタトレファンになっています。

ますまさあい(2006年07月16日 18:09)

■私のスタートレックとの出会い

普通は、TVシリーズなのでしょうが、私は、小説版でした。映画のパンフレット集めがはやっていたときに、ST?のパンフレットの派手さを記憶していて、本屋でそのパンフレットがデザインされたノベライズを手に取ったのが、STにはまるきっかけでした。中学3年の受験時期にペリーローダン、キャプテンフューチャーと合わせて3種類のシリーズを買いあさったものです。最近は、ウイリアム・シャトナーの翻訳以降新作が出ていないのが、残念です。40周年記念で出版物もたくさん発売されて欲しいですね。

ゴノツアル13世(2006年07月16日 17:22)

■ファーストコンタクト

随分以前のことでうろ覚えですが、日本でTOSが放映される前に米国で放映が始まったという記事を不鮮明なNCC1701白黒写真とともに読んだのが最初です。たしか、今は廃刊になった少年無化月刊誌ボーイズライフの別冊付録だったような記憶があります。NCC1701の形がロケット型の宇宙船しか考えられていなかった当時の常識から全く違うので強い印象が残りました。あれから40年過ぎても根強い人気を誇るスタートレックの秘密は、案外常識を覆したエンタープライズの形にあるのかもしれませんね。

江ノ島のトミー(2006年07月16日 16:57)

■隠れトレッキーから自称トレッキーへ

初めての出会いが、長崎在住時の「宇宙大戦争」であった。小学生頃だった。あのあやしい光と一緒に転送されるのに驚き、何処へでも行ける事にあこがれた。以来、仲間内のテレビ談義等で話題にしても社会人になった頃までTOSの事を知っている人も少なく、いつしか隠れトレッキーになっていた。結婚して、子供授かりいつしかアメリカで生活する機会ができ、現地でのサテライト、Web、DVDと夢の様な環境でいつしか「トレッキー」を自称するようになっていました。現在は日本に帰国してしまい、アメリカ滞在中に購入した色んな関連グッズを飾るスペースのない狭い日本の家にいると、怪しい光と共にアメリカへの転送を夢見る中年です。

ながさきのへへ(2006年07月16日 16:29)

■私のファーストコンタクト

いつだったろう・・・15年くらい経っているが 夜10時頃に放送していたのをたまにみていて 深夜に移ってしまった時にはじめてハマっていた事に気がついて必死に録画していたのがはじまりでした 今なお深夜で不規則に放送されているDS9を必死にみています 何故かみていると心が落ち着くんです

mikochi(2006年07月16日 13:44)

■はまった

地方に生まれ、住んでいるので、日本でのテレビ放送をリアルタイムで見ていません。 35年以上前の小学生のころに、アポロ11号の月着陸に胸を躍らせました。 その頃にスタートレックに出会ったように、おぼろげに記憶しています。 宇宙への夢が、現実とSFの両方で広がったのでした。 いま、TOSだけでなくいくつかのシリーズで、ますます夢が広がり、嬉しい悲鳴です。DVDで全て見られるのですから…。

へいへいほー(2006年07月16日 12:37)

■三度目の出会い

小学校のときが始めての出会いで、少し前にローハイドをよく観ていてこれも面白いなと子どもながら感じました。 二回目が映画の第1作。それから次の作品はないのかと思っていましたが、こんなにあるとは気がつきませんでした。 三回目が4年程前DVDがあるのを知ってから。 スタートレックなら数年後でも何回何回でも見れるなと、思い買い始めたのがため、全巻それえだしてしまいました。 多種多様な話題や問題点をテーマに、SFで提議されていて今後もこのシリーズが続いていったらと思い願っています。

ヒカル スルー(2006年07月16日 12:01)

■あと70年

ゼフレムコクレーンの初ワープの日まで生きていたい。

ncc1701-d(2006年07月16日 11:37)

■最初のスタートレック…

ほんと、小さい頃にTVで「宇宙大作戦」を見たのが最初だけれど、質的にはTNGでピカード館長が「禿頭なのになんでかっこいいの?」が最初です。Dr.クラッシャーファンとしては、ピカードは邪魔なのですが。

こぉたろぉ(2006年07月16日 11:33)

■Premier Contact

スタートレック(宇宙大作戦)を最初に見たのは深夜放送でした。バイトが終わり早く寝ないと次の日が辛いのが判っていながら最後までみて、翌日眠かったのを覚えています。 あの時は見逃すと二度と見れなかったのですが、今はDVDのおかげでいつでも見れます。 今でもよく見るのがTNG「ファーストコンタクト」です。全てのDVDを集め何時でも何処でも見れるようになるとこの中毒症状が改善するのですかね。

Kazusan(2006年07月16日 11:29)

■最初は宇宙大作戦

子供の頃にテレビで始まった宇宙大作戦つまりスタートレックを見たのが始まりです。エンタープライズ号もかっこよかった。SF大好き少年だったので、設定がしっかりしている点も好きでした。こばやし丸の話は、私の人生に大きな影響を与えました。

とらんく(2006年07月16日 05:45)

■小学校のとき

小学生でSFが好きでした。でも宇宙家族ロビンソンはストーリーがマンネリで,面白く無かったです。そんななか,サンダーバードと「宇宙大作戦」は一味違いました。

落語弟子(2006年07月16日 04:46)

■あれ?

スコップ君がスタートレックへの興味を持つきっかけでした。 その後、映画第一作を見てからハマり現在にいたります。 そのためか未だにスポックが好きなキャラです。

ぷう(2006年07月16日 04:04)

■文字どうり・・・クス

TNGの映画「ファースト コンタクト」が初見です。それまでSWが好きだった私はSTと何かと比較され、ドラマに厚みが無いだの、アクションしか見るとこがないだの言われることに反発して、大のST嫌いになってました。それでも仕事で映画FCのビデオの画像チェックをすることになり(レンタル屋さんです)テープを持ち帰ったのですが、やっぱり嫌い(笑)つまらなそうと思って放置してました。(給料泥棒)そしたらある日ウチの母が食い入るように見ていて「データが大変で…ピカードが…」とか言い出すもんだから、私はびっくり!「何でそんな詳しいの!?」と聞いたら「スーパーチャンネルで毎日見てる」…って。あなたいつの間に!?そして当初の仕事を全うするために母のやたら詳しい解説付きでビデオを見終えたのでした。そのあとはスーパーチャンネルのベルトアワーのお陰でかつてないスピードでハマって行きました!!最初の感想は「…やだ、ちょっと面白いコレ」でした。しばらくして「…やべ、マジ面白い」(笑)

P!(2006年07月16日 01:14)

■再放送を見に走って帰る

初めてスタートレック(宇宙大作戦)と出会ったのは30年ほど前の夕方4時からの再放送でした。当時中学生の私は、授業が終わると走って帰ったものです。学校で行事があり帰りが遅くなるときは、一日中不機嫌でした。当時ビデオなどは普及しておらず見逃すとそれっきりでしたからね・・・

JTK(2006年07月15日 23:50)

■深夜の放送

小学生のころ、TOSを深夜にやっていたのを、こっそり起きだしてよく見ていました。 そのころから、スポック氏の考え方やカーク船長のふるまい方にいろいろなことを学びました。 その後、TNG、DS9と見ていますが、やはりファーストコンタクトは、カーク船長、スポック副長、マッコイの三人組です。

magicbroom(2006年07月15日 23:14)

■するめのような……

20数年前、深夜の再(再々?あるいは再々再?)放送で「宇宙大作戦」に出会いました。 はじめの数回は真面目に見ておらず、BGM的な役割しか果たしておりませんでした。 が、回を重ねるごとにストーリーの面白さがじわじわと沁みこんできて、それからはとりつかれたように夢中になって見まくりました。 個性的な登場人物と普遍性のある物語は、私の中で今でも新鮮であり続けています。

midori(2006年07月15日 23:12)

■論理と道徳

日本での初回TOS放映時に観てました。宇宙に興味を持ったきっかけでしょう。論理+葛藤のスポックと道徳のボーンズがその頃の私の教師に加わったのです。一番気に入っていたのは「何とかなるさ」的な楽観主義でした。私が最初に無条件幸福(笑)した作品です。

Lasluck(2006年07月15日 22:46)

■ネクストジェネレーション以降

初期のスタートレックはほとんど見ていなかったけど、 ネクストジェネレーション DS9、ヴォイジャー、スカパーでみてました。今でもヴィデオ引っ張り出してみてます。 いろんな話が同時進行してすすむのがスリリングで今でもストーリーのトリックにはまります。 ホロデッキで起きる事件とか、 タイムパラドックスとか。 とにかく最高です。

nishihoge11(2006年07月15日 22:43)

■引きずられるように…

出会いそれは、うちの旦那さんがファンだったからです。熱く語られビデオや映画をたくさんみせてくれました。でも今では私のほうがはまっているかも知れません。

みおりん(2006年07月15日 22:01)

■startrek farstcontact

初めて見たのは、初代エンタープライズ(カーク船長)のストーリーでした。親が見てるのを一緒に見たのが初めてでした。それから何年の月日が経ったのかは分かりませんが、僕自身はヴォイジャーが大好きになりました。最初はストーリが全く分かりませんでした。今では妻も一緒に見ています。

松山 虎志(2006年07月15日 21:46)

■Mr.スポックに憧れて

「船長その意見は非論理的ですね」このセリフが好きでした、当時通っていた小学校で毎日のように使っていたと記憶しています

NGC(2006年07月15日 21:05)

■初放映から観てました

中学一年の頃、初放映から観てました。 実は宇宙や科学の興味を決定付けて、その後理系に進む道を開いてくれたのが TOSであり、アポロ11号でした。 勿論全作品観ております。

hirocame(2006年07月15日 19:13)

■スタートレック大好き

子供の頃スタートレックを何気なく見ているうちにスタートレックのとりこになっていました。いままでのシリーズを楽しみにみてきましたがエンタープライズがシーズン4で終わってしまうがざんねんでなりません。スタートレック40周年記念ですが。もっともっと新しいシリーズを出してください。

ギャラクシーアトム(2006年07月15日 19:06)

■単位と引き換えに得た出会い

ちょうど四半世紀前、仙台のとある大学に入学し、初めての一人暮らしを謳歌していた頃・・・。風邪をひいて講義を休み、夕方近くにたまたまテレビのスイッチを入れたら・・・。それがカーク船長達とのファーストコンタクトでした。以来、宇宙大作戦(なんとも懐かしい響き!)を見たいがために、その時間帯の講義をサボり続け、結局はいくつかの単位を見事?落としてしまいました。当時はちょっぴり後悔もしましたが(笑)、今となっては懐かしい思い出です。

koba(2006年07月15日 14:26)

■初期の宇宙大作戦

初期のこのTV番組を大変興味を引かれ毎週待ちどうしく楽しみに見ていましたが、ある時から人生で困った時に応用が利くことに気づき、録画するように成りましたが途中からでしたので全てが揃っていませんが、初期の宇宙大作戦を録画されることを、特に若いビジネスマンにお勧めしたいと思います。しかし放送されているところも余り知りませんので、お探し頂ければと思っております。それ以後のスタートレックは私には興味が有りません。何故なら同士討ち的なストーリーが余りにも多い為TVでも見ることも有りません。関西ではKBS京都で土曜の夜12時ごろから放送されています。

hero(2006年07月15日 12:33)

■ファーストコンタクト

私のスタートレックとのファーストコンタクトは、中学2年生であった1969年の夏休みの土曜日朝10時から放送されていたことを覚えています。  当時のタイトルは、「宇宙大作戦」、その頃は何でも”○○作戦”ということが流行して「スパイ大作戦」「原潜シービュー号、海底科学作戦」という具合でした。  そのとき覚えた”宇宙歴0401年”、”ミスタースポック”、”ワープ1で前進”という言葉は、クラスで話題なりました。  ちょうどアポロ11号が月面着陸に成功した年でもありました。  セカンドコンタクトは、大学生であった1977年頃、関西TVで夜中に再(再々?)放送されており、当時流行していたマイコン(パソコンの黎明期)にアメリカで”スタートレック”というゲームが流行していると雑誌で読んだことがあります。  その後、就職して夜中に帰宅すると放送されていた「next generation」、「voyager」、「enterprise」と今まで続いています。

40年前からのタイムトラベラー(2006年07月15日 11:58)

■子供の頃からずっと・・・

子供の頃、ふとしたきっかけから、「宇宙大作戦」を見ることになりそれからはまっています。地方に住んでるので、途中で放映中止になったり、しらぬまに始まったりと、所々見れなかった事が有ったのですが、ヴォイジャーのDVDを購入してからは、毎夜自宅でプロジェクターを設置し見ています。グッズもそろえて、40過ぎのおじさんがオタク化しています。これからも、はまり続けます。

モモスター(2006年07月15日 11:26)

■探査2年目

過去、所々見た覚えはあるのですが、いつ頃かはわかりません。1話通してみたのは2年位前のエンタープライズの戦場の絆からです。それから、はまっています。

探査はじめ(2006年07月15日 11:23)

■関西テレビで

受験勉強で遅くまで起きていることが多かった学生時代。 集中できなくてふと、テレビを付けてみると、TNGがやっていました。SF好きだし、と思ってなにげに見てただけなのに、ひきこまれていって、毎週欠かさず見るようになりました。 あれからもう15年以上たちます。私の人生の半分をスタートレックをみて過ごしたことになります。 最新作がないのは寂しいけれど、これからも付き合っていきたい作品です。

しおこ(2006年07月15日 11:19)

■マイ・ファースト・コンタクト

今でも鮮明に覚えています。 中学生の時、夕方から放送されていたTOSの「光るめだま」を偶然観て激しい衝撃を受けました。(たまたま日本での第1話から観れたのも僥倖だったのかもしれません。) 斬新な設定等もさることながら、いかにもアメリカらしい大家族的な雰囲気、そしてカーク艦長(あえて船長とはいいません)の魅力に完全ノックアウト! その後、走って学校から戻るやテレビの前に正座する毎日が始まったのでした。 それから20年強、スタートレックは私の人生の一部となっています。

NCC-1701Z(2006年07月15日 11:13)

■24年前?

中学2年か、3年か。とにもかくにも転送、ワープ、フェーザー、光子魚雷・・・四半世紀前。うーん、ミスター・カトーだったしなー・・・

ばうだばうぞう(2006年07月15日 10:18)

■3度?のファーストコンタクト

最初は、中学生の頃、兄が何気なく見ていた「宇宙大作戦」を一緒に見ることから始まりました。コンピュータに非論理的な矛盾を言うと「それはプログラムされていません。」と自爆するシーンが思い出されます。 そして、10年後の2度目は、ビデオ屋さんで「故郷への長い旅」を借りて見た時でした。 とても新鮮な感動を受けました。数年後、3度目は、深夜TVをつけると、ウェスリーが花畑に入った場面を見たのが始まりのTNG。人間と法を扱ったストーリーに魅了されました。

QT(2006年07月15日 09:32)

■スタートレック

 今から30数年前、私が小学校の低学年の頃土曜日の午後0時から、テレビで放送していたのを楽しみに見ていた思い出があります。  今では、集めたDVDや、アメリカで買って来たグッズの数は自分でも分からなくなってしまいました。  

タック(2006年07月15日 07:54)

■スポック大好き

私の場合は昭和50年代初め、日曜日のお昼に放送されていた(宇宙大作戦という名前だった)のが出会い。宇宙というものはウルトラセブンで終わっていた私にとっては衝撃的な内容でした。LDをそろえ、夜中に放送していた新スタートレックというものに気づき、DVDを全てそろえ、データとスポックのなんと似ているキャラか。今ではこの二人に会うのが夢となっている。

よっちゃん(2006年07月15日 07:38)

■いつだろう・・・

ファーストコンタクト・・・ 何時だろう、正確には覚えていないし、エピソードも覚えていない。ただ、当時深夜放送でやっていてそれが宇宙大作戦と言う番組であったことは間違いない。 「何時まで起きてるんだ」と散々言われたことは良く覚えている。。

サラトガ(2006年07月15日 06:30)

■スタートレック、それは…

スタートレック、それは初めての海外ドラマとの出会い。 小学生の頃、深夜に放送されていた宇宙大作戦を見たのが最初です。 深夜放送だったため親に早く寝ろと言われつつTVにかじりついていました。 当時は、海外ドラマの放送は珍しかったように記憶しています。 私をハリウッド映画好きにしたキッカケは、スタートレックです。まちがいない。 本気でスタートレックに大ハマリしたのはTNGからですが、ストーリー的に一番のお気に入りは、TOS劇場版4作目の『故郷への長い旅』です。 DVDも劇場版含めすべて持っていますし(あとはENTのシーズン4のみ)、何度観ても飽きないのがいいですね。 現在は、ENTシーズン4のオンエアを毎週楽しく観ています。

こばごん(2006年07月15日 02:32)

■レンタルビデオ

93年頃、レンタル店で何気なく借りたTNGのビデオ。なんと出会いは、最終回の字幕版でした。ピカード艦長とQのやり取りにシビレました!LDが欲しくなりましたが、なんせ就職したばかり&高価でとても無理。なかなか全話見る機会がなかったですが、DVDのおかげで本当に満喫する事が出来るようになりました。オリジナルはもちろん、DS9,VOY,ENTまで全て購入!!ハッキリ言って、もう想い残す事はございません!感謝!感謝です!!

ねこため(2006年07月15日 02:11)

■生まれたときから見てました

わたしが初めてスタートレックを見たのは、母によると生後数カ月の頃だそうです。父が私に哺乳瓶をくわえさせながらスタートレックを見ていたとか。その後の再放送も幼い頃に何度か見ており、漠然と「転送とは物を一回分解して送って、また元に戻すんだ」ということを理解していました。それから約15年後、夜中に父がTNGを見ているのに気付きました。最初は特にスタートレックとは意識していませんでしたが、英語の勉強になると思って副音声で見はじめました。すると徐々に「エンタープライズ、カーク船長、スポック・・・」と記憶が戻りはじめ、ようやく全てがつながりました。見はじめたのはTNGの第4シーズンで、当初は半分くらいしか聞き取れなかった英語も数カ月後にはほぼ理解できるようになりました。まだ自分のことしか頭になかった若い私に、社会問題や戦争責任、愛することの意味など、それまで気付いていなかった面を見せてくれました。目が開けた、という感じでしょうか。それにスタートレックのおかげで英語力もつき、今では英語を扱う仕事に就いています。まさに人生を変える出会いでした。

I_LOVE_KERMIT(2006年07月15日 02:05)

■再会

最初がいつだったかは、定かではありません。再会は確かテレビ朝日系列の深夜放送でした。新スタートレックを約二年間楽しんでました。毎週録画予約して、放送時間がずれたりするので、録画テープをダビング編集してました。その後フジでも深夜3時頃に放送してましたね。毎週火曜日は寝不足で困りました。4年くらい前に一気にDVDを買いました。

Deanna(2006年07月15日 02:00)

■キューピット

今から3年前のこと。とある合コンの席でスタートレックについて熱く語っている男性がいた。私はその時初めてスタートレックを知り、興味を持った。ちょうど、その頃『ネメシス』が上映される頃で、この男性に「一緒に『ネメシス』を観に行こう!」と誘われた。そして、スタートレックを全く知らない私に、映画を観る前に少しでもスタートレックの良さを知っておいてほしいと『ファーストコンタクト』のビデオを貸してくれた。それからすっかりスタートレックの虜になってしまった私。その彼が今のだんな様☆ 私たちを結びつけてくれたものはまさに『スタートレック』なのでした♪

Benchan(2006年07月15日 01:12)

■17,18年前ほど

中学生の頃深夜に宇宙のドラマがやっていてそこからファンになりました。 当時科学雑誌Newtonを講読していたためかなりリンクする部分が多く感動しました。 現在、発売しているDVDを買っていますが昔見た印象と今の印象が違うのが面白いです。

mabo(2006年07月15日 00:44)

■スタートレックにはまりこんだわけ

深夜にFBS(福岡放送)でやっていたのをたまたま見かけたのがきっかけです。奇抜なストーリーはもちろん、人情味あふれる話に惹かれました。以来、NEXT、DS9、ボイジャーのDVDボックスを家族でなかよく見ています。

yasuyasu(2006年07月15日 00:38)

■出会いは随分前だなぁ〜。

初めて認識したのは、小学生か中学生か忘れてしまったけど、深夜に放送していた『宇宙大作戦』です。その時に“カーク”“マッコイ”“スポック”の3人や“エンタープライズ”とかを覚えたような気がします。その後は映画を見たりはしていたけど、沢山あるSF映画の内の一つという位置付けでした。本格的にハマったのは、高校生の時、何の気なしに買って読んだ小説『スポックの世界』。哲学的で、構成も面白く、物凄く衝撃を受け、こんな『宇宙大作戦』があったのか!って感じでした。それからはむさぼるように小説を読みあさった。ちょうどその頃、深夜でTNGが始まって、毎週欠かさず見てました。その後は、スカパーでどっぷりハマって、ここにこのようなコメントを書いている次第です。(笑)TVシリーズがもう終わってしまうのがとても淋しいです。

ひろゆき(2006年07月15日 00:36)

■先輩から薦められて・・・

僕が会社の仕事で落ち込んでいるときに、先輩がこのTNGを観てごらんとDVDを貸してくれました。タイトルは「超時空惑星カターン」でした。第2の人生を送るという魅力的なストーリーでした。これをみてもっともっとスタトレが観たくなって全てのシリーズを買い揃えてしまいました!先輩のおかげで会社の仕事で失敗してもスタトレのことを思い出してがんばっている今日この頃です(^^)

mappamundice(2006年07月15日 00:06)

■ささいなきっかけですが。

スタトレに興味すら無かった15年前。バイトから深夜に帰宅すると度々目にする外国ドラマ。「スポック」程度しか知らなかった私は「スタートレックの様でスタートレックで無いのか?!」と不思議に思いつつ、ストーリーの深さに引き込まれて行きました。それが関西テレビ深夜の「新スタートレック」で、作品の概要を知ったのはさらに数年先の事でした。しかしこの出会いが、後に自分の人生に影響を及ぼす事になろうとは。。。(笑)

sasa(2006年07月15日 00:05)

■私のSATR TREKファーストコンタクト

私が初めてSATR TREKをテレビで見たのは「宇宙大作戦」のタイトルで放映されていた頃で、家族とチャンネル争いをしながらなので、毎回は見られなかった思い出があります。

Rance(2006年07月14日 23:48)

■25年以上前です

最初に見たのは、夕方放送してた漫画のSTAR TREKです。それから、小説を読みすっかりはまって、DVD発売には狂喜しました!!何度も何度も見返しては、夫にあきれられてます。もちろん映画は1からすべて映画館で見てますよ。

mikako(2006年07月14日 23:13)

■深夜に

テレ朝で夕方四時ごろTOSを観たのが最初。確かゴーンが出ていたと思う。本格的にはまったのはCXで金曜深夜に放映していたTNG。最初に見たのはボーグだった。

greedo(2006年07月14日 22:55)

■子供の頃は・・・

幼い頃、父親が見ている隣で一緒に見てました。意味が分からずちょっと退屈な時間だったはずなのに、今ではすっかりハマってしまった自分に笑ってしまいます。

すこっぷ(2006年07月14日 22:46)

■Mrスポックとの出会い

 私が中学生くらいの時,夕方放送されていた(たぶん再放送)テレビシリーズ『宇宙大作戦』をよく見ていました。話の内容は忘れてしまいましたが,どんな状況でも冷静なMrスポックが好きになり,忘れられなくなりました。

於堂丸(2006年07月14日 22:44)

■私の転送時期は・・・

宇宙大作戦や劇場版の存在は知っていましたが、スタトレの世界に完全に転送されてしまったのは、TNGのTV版からです。個性的なキャラクターの面々にも惹き付けられましたが、その時代の社会に対するメッセージ性に強く惹き付けられました。トレッキーの方々は、今は亡きロッデンベリーのメッセージに強く魅せられた方が多いのではないでしょうか。

pine(2006年07月14日 22:37)

■は・じ・め・て・の

TOSの存在自体は知っていましたが、田舎育ちの私の地元では、当時「宇宙大作戦」を放映していませんでした。従って事実上のファーストコンタクトは劇場版スタートレック第一作(やたらテーマ音楽が印象に残った!)です。 が、実質的に「ハマった!」という意味でのファーストコンタクトは、東京にて生活するようになり、深夜に放映していたTNGです。あの劇場版スタートレック第一作のテーマ音楽が引き継がれているわ、エンタープライズも格好良く進歩してるわで、TNGのLDが出た時は、ボーナスを毎回叩いて、歯を食いしばりながら全部揃えました。(勿論その後、DVDも全部買いました!その勢いで、DS9もVOYも、DVDは全部揃えました!!!)

apogee(2006年07月14日 22:26)

■遠い昔の・・・

 あれは、一体いつ頃のことなのか。小学生だったと思うのですが、とにかく内容もわからずに「宇宙大作戦」という題名だけにつられて見始めたのだと思います。  すっかり虜になっていたことを忘れていたところ、突然深夜番組に「DS−9]が登場していることを知り、昔の思いがわき返り、すべてのDVDシリーズやら、関連もので部屋の本棚を埋めるまでに・・・  邦題とは違った形の哲学的なストーリーが気に入ってます。

YYおやじ(2006年07月14日 22:08)

■私は、ヴォイジャーから

私は、夜中に勉強をしているときに偶然ヴォイジャーを見ました。 スター・トレック自体は、エンタープライズなどの名は、昔から知っていましたが、そのときの衝撃と感動は、計り知れないモノがありました。 今は、ユニークなキャラクター達との関わり合いが、一番好きです。

I LOVE VOYAGER(2006年07月14日 22:03)

■スコッティ、スタートレックの世界へ転送を頼む!

私が始めてスタートレックと出会ったきっかけは、友達に進められた「ヴォイジャー」でした。あの優美なスタイルの宇宙船を見たとき私はスタートレックの世界観に同化されてしまったのです。その後、レンタルビデオ店に足を運び、劇場版を片っ端から見ました。特に、劇場晩4作品目の「故郷への長い道」は思い出深く、あのときの興奮は今でも忘れられません。今、こうしてスタートレックが再認識されることは、喜ばしいことですね。

カーク船長(2006年07月14日 21:50)

■私のFCは

ファーストコンタクトは、小4の頃にやっていたヴォイジャーでしょうか。 しかし、はまったのは2年前。 撮っておいたビデオを見て、なぜかすっかりはまってしまった私です。

みらる(2006年07月14日 21:43)

■ファースト・コンタクト

最初の出会いは中学生だったかな? クラシック、日曜昼の再放送でした。その後成長して深夜の再放送で再認識し、社会人になりLDボックスを購入するハマり方に。ある意味バイブルです。

こてつ(2006年07月14日 21:38)

■宇宙・・・・

カーク船長こと矢島氏のナレーションで始まる宇宙代作戦、それが私にとってのファーストコンタクトである。

cpt-picard(2006年07月14日 21:32)

■西洋かぶれの未来派

小学五年生の夏休み、汗まみれで帰り着いた我が家で冷たい麦茶を飲みながら、毎日見ていた 憧れの世界です。 毎年繰り返される「夏休み・こども劇場」で飽きずに見たものです。

ケン・ジェイムス・トーダ中佐(2006年07月14日 21:25)

■故郷への長い道・・・

あれは中2の時、場所はさびれた映画館。運命のST4との出会い。エディ・マーフィの「ゴールデン・チャイルド」の同時上映でした。今思えば抱き合わせか・・・ あれから20年。今じゃ全シリーズ制覇の立派なトレッキーです。

mnv(2006年07月14日 21:07)

■小学4年の頃

私が小学4年の時白黒テレビで見てました。ミスタースッポクが好きで胸をキュウンとさせてました。中3で7才上の兄から面白い番組があると言われて見ると、スタートレックで、私の方が先に知っていると思うと優越感を覚えました。

ユキママ(2006年07月14日 20:58)

■暇だった(笑)

関西テレビの深夜にTNGを毎週放送している時です。 たまたまその日は何も見たい番組がなく暇で仕方ありませんでした。 話の途中からだったけど、へぇ〜面白いやんってな感じで見ました。 次の週はなんか凄く気になって初めからきっちり見ました。面白いなぁ・・・・。 また次の週、データが主人公の話だったと思います。メチャメチャ面白いやんか!!! それから現在に至りますが色んなグッズを購入したりもうドップリはまってしまいました(笑)

かずぼん(2006年07月14日 20:50)

■スタートレックとの出会い♪

旦那さまと付き合っている頃 「深夜に面白いSFドラマやってるで、絶対見たらはまると思うで」と 言われて見始めたのが最初です。 残念ながら一番最初に見た話は新スタートレックの何話だったかは思い出せませんが今ではすっかりスタートレックの世界にはまってます♪

ちゃこぷー(2006年07月14日 20:48)

■学校から帰ってからのTV

地方のテレビ局でしたので、スタートレックは夕方から放送していたと思います。しかし何かひかれる魅力(特にエンタープライズの飛行シーン)があり、友達と遊んでいても帰宅して、自然にTVの前に座って見ていたのが、ファーストコンタクト。ぼんやりとした記憶だが、今でも思い出します。

ミズハー(2006年07月14日 20:46)

■ウォーバードはいずこへ・・・

ここに書くべきではない事かもしれませんが、書かずにいられない・・・ ロミュランの戦艦ウォーバードはご存じのことでしょう。 あれには2タイプ有り小型のものはどうでもいいのですが、あの大型のウォーバード!実に美しいデザインではありませんか。 猛禽類をモチーフした顔立ちといいあらゆる面であの宇宙戦艦は他に類を見ないすばらしいデザインと惚れ込んでおります。 ところが・・・それが無いのです。 ネットや海外サイトをどれだけ探してもあのウォーバードのプラモデルが無い。 前は\4,000〜\15,000くらいの間で結構あったんです。 ところがある時からピタっとなくなった。 これはおそらく意匠権の問題でもおきて販売並びに増産できなくなったのではないかと思ってるんです。 それほどに美しい戦艦だと思ってます。 そうそう、そういえばラスベガスのスタートレックエクスペリエンスはこれからもずっとあるんでしょうか? あり続けて欲しいものです。

ムネ(2006年07月14日 20:45)

■宇宙歴1314.2

私とスタートレックのファーストコンタクトは今から28年前の我家の居間のTVでした。当然「TOS」で宇宙歴1314.2の「光るめだま」でした。 未来を描いているのに何故か古臭く感じるコスチュームに違和感を感じていました。 でも、エンタープライズのデザインは物凄く気に入り授業中でもノートのはじにはいつもエンタープライズを描いてましたね。 カーク船長の「宇宙歴・・・・」の 言葉は非常に新鮮で何時を起源に始まったのか?といつも考えてました。周りでスタートレックを知っている人は極わずかでしたが、映画「未知との遭遇」で主人公の部屋の天井からエンタープライズの模型がぶら下げられているのを見た時は嬉しかったのを覚えています。

ピカード艦長代理(2006年07月14日 20:41)

■中学生の頃

地方局の夕方にやってました。親父と二人で夢中になって見てましたね〜

beater(2006年07月14日 20:40)

■おぼろげな記憶

私が本当にスタートレックに嵌りだしたのはつい最近(まだ5年位)で、それまでは殆ど見ていないと言うか見ても印象に残っていなかった。只記憶を遡ると それは多分20数年前、私が中学生の頃だったと思う。その頃まだ田舎に居た私は何時もの様に晩御飯を食べながらTVを見ていた。週に何度かやる映画が好きで家族と一緒に見ていたと思う。(あの頃は娯楽自体が今より少なく、田舎の放送なんて民放が2つしか無かった時代)数少ない楽しみのひとつだったと思う。SFといえばSPACE1999とか謎の円盤UFOとかのシリーズ物が大好きで見ていた。映画の方はと言うとSF物は少なく西部劇が多かった様な気がする。そんなある日映画をみていると、その日はどうやらSF物でワクワクしながら見ていると、タイトルが「スタートレック4 故郷への長い道」これに出てくる宇宙船(クリンゴンのバードオブプレイ)と鯨の取り合わせだけが妙に記憶に残っていた。

data2740(2006年07月14日 20:33)

■深夜放映にて

私のファーストコンタクトは、深夜に放映していた、TNGです。ピカード艦長は、今までの宇宙物での艦長の有るべき姿(背が高い、制服をビシッと着ている、帽子をかぶっている、etc・・・)などからは考えられない容姿、人間味のある言葉、ボーグにされる間抜けさ、全てがピカードの魅力ですぐにピカードのファンに成りました。

ニッシー(2006年07月14日 20:27)

■スーパーチャンネルで

むかーし、むかし、CSで見たのがファーストコンタクト。 征服されちゃいました。 長寿と繁栄を♪

ほしと(2006年07月14日 20:21)

■そんな昔のこと

覚えちゃいませんよ。もう四半世紀以上前のことなんですから

やまぐち(2006年07月14日 20:12)

■コミュニテーターもどき

私が高校一年のときに宇宙大作戦を見始めそれ以来のファンです。このころ学校の連れも見ていたらしく、通学中、雑談しながら話題が変わるたびにおもむろに折りたたみの財布を取り出しコミュ二ーターよろしく「こちら***、エンタープライズ応答せよ。」「こちら***、現在異常なし。次の定時連絡は****。***以上。」などと遊んでいました。16歳の思い出です。

gegegeoyaji(2006年07月14日 20:11)

■昔々テレビで

今から30数年前テレビで見てました。

おとう(2006年07月14日 20:01)

トラックバック一覧


STARTREK® First Contact

STARTREKが1966年9月8日の放送から40年。 40周年記念のサイトが日本にもあってコメント&トラックバックを募集中。とゆうことで俺もトラックバッ...・・・ [ 続きを読む ]

そりゃ溺濘叢談だぜ (2006年09月25日 16:55)

私の“スター・トレック®” First Contact

トラックバックで応募だったんで とりあえず書いてみよう・・・。・・・ [ 続きを読む ]

友貴のblog(かなり久しぶり) (2006年09月14日 01:05)

私の“スター・トレック®” First Contact

スタートレックの40周年記念キャンペーンの一環で、お題が出されました。 私の“スター・トレック®” First Contact あなたが初めて“スタ...・・・ [ 続きを読む ]

どつかれさん (2006年09月10日 23:00)

40周年おめでとう!

今日、9月8日はスタートレックが初めて放送されてから40年目。 40年ですよ。40年。 すばらしい。 宇宙大作戦、ネクストジェネレーション、映画シ...・・・ [ 続きを読む ]

時々日記・・・。 (2006年09月08日 01:42)

ファースト・コンタクト

「宇宙、それは最後のフロンティア...」のナレーションで始まると ドキドキしました。 ・・・ [ 続きを読む ]

Have Web Lag (Vol.2) (2006年09月04日 22:46)

スタートレックは死なず!

今度の9月8日は、スタートレック40周年にあたる、私にとっては特別な日です。子供のころ、日曜昼に札幌テレビで「宇宙。それは人類に残された最後の開拓地であるー」と...・・・ [ 続きを読む ]

キターの国から (2006年09月04日 02:13)

私の『スター・トレック®』First Contact+。:.゚ヽ(*´ω`)ノ゚.:。+

            [[img(http://www.startrek-dvd.jp/40th/common/images/bnr00100.gif)]] ...・・・ [ 続きを読む ]

★・°°・転勤族の女・°°・★ (2006年08月20日 09:42)

私の“スター・トレック” First Contact

ハッキリ言ってスタートレックキライでした! 最初に見たのが映画版スタートレック(カークやスポックの)で意味不明だったのが原因だと思います(^^;) 当時は宇...・・・ [ 続きを読む ]

日々の戯言 (2006年08月20日 07:27)

わたしのスタートレック・ファースト・コンタクト

スタートレックは、今年で放送40周年 だそうです。 本当にすごい事だと思います。 親子3代が、それぞれに、「 自分の時代のTVドラマ 」 だと思って...・・・ [ 続きを読む ]

■ 酒肴の趣向 ■ My Favorite Things (2006年08月19日 15:46)

祝40周年!

しばらく野球が無いのでつなぎに。。。「宇宙大作戦」を初めて見たのは小学生の頃だったような。。。ストーリーはよく覚えてないけど「怖い話」があったのが印象に残ってま...・・・ [ 続きを読む ]

#24'log (2006年08月13日 17:47)

私の“スター・トレック®” First Contact

あなたが初めて“スター・トレック®”を知ったきっかけはなんですか?“スター・トレック®”に初めて出会った時の思い出や、初めて観た作品。あなたの“スター・トレッ...・・・ [ 続きを読む ]

blog "quark's" (2006年08月10日 23:21)

私の“スター・トレック®” First Contact

「おおぉ、ピカード艦長〜」 これを付けたいがためにTBしました スタートレックとの出会いは小学校低学年? …だったと思います。 夜...・・・ [ 続きを読む ]

俺が泣いたらお前は笑う? (2006年08月10日 19:45)

私の“スター・トレック®” First Contact

STAR TREK/スター・トレック40周年記念サイト|プレゼントキャンペーンに応募するために書いてみました。 私の“スター・トレック®” Fir...・・・ [ 続きを読む ]

CINEMANIAX! (2006年07月30日 19:22)

STAR TREK(TM) TICKERで最新情報をあなたのホームページに!

40年間愛され続けてるスター・トレック。 「スター・トレック」シリーズは1966年9月8日(木)午後8時30分、米NBCネットワークで第一回の放送が開始さ...・・・ [ 続きを読む ]

ブログパーツをさがせ (2006年07月30日 16:04)

スタートレックとのファースト・コンタクト

  <a href="http://www.startrek-dvd.jp/40th/common/php/bnr.php?theme=1" t...・・・ [ 続きを読む ]

映画にプロレス、日々の理 (2006年07月28日 01:17)

スタートレックとのファースト・コンタクト

  <a href="http://www.startrek-dvd.jp/40th/common/php/bnr.php?theme=1" t...・・・ [ 続きを読む ]

映画にプロレス、日々の理 (2006年07月26日 09:54)

スタートレックとの出会い

ファーストコンタクトは小学生の頃。 新聞のテレビ欄に'''「宇宙大作戦」'''のタイトルを見つけたのが始まりで...・・・ [ 続きを読む ]

スタートラベラー☆彡 (2006年07月19日 19:37)

スター・トレックとの出会い

スター・トレック。小学生の時、深夜の再放送で衝撃の出会い。ほとんどストーリは覚えてません。・・・ [ 続きを読む ]

宇治抹茶の言い訳 (2006年07月18日 19:43)

ファーストコンタクト

やっぱりこういう企画があるとじっとしておれない私でして。今日はもう超個人的に書きます^^ ・・・ [ 続きを読む ]

なのはなもどきの独り言 (2006年07月18日 10:03)

スタートレック40周年

スカパー(Super!drama TV)では「スタートレック エンタープライズ」・・・ [ 続きを読む ]

菅のあたりをぶらぶらと (2006年07月18日 01:32)

スタートレック40周年

今年は、スタートレック生誕40周年の年。新作映画の構想が発表されたり、オリジナルキャスト出演のイベントが企画されたりと枚挙に暇がありません。日本でも、パラマウン...・・・ [ 続きを読む ]

[ja]Masaki's BLOG[/ja][en][J] Masaki's BLOG[/en] - Masakiさんのブログ - Starship Class (2006年07月16日 16:46)

私のSTARTREKとのファーストコンタクト

40周年記念特別サイトでトラックバックでプレゼントキャンペーンをやっています.その中のテーマの1つが「私とSTARTREKファーストコンタクト」.プレゼントが欲...・・・ [ 続きを読む ]

ホビートレック (2006年07月15日 23:47)

「宇宙大作戦 GALAXY BOX」  スター・トレック

「宇宙大作戦 GALAXY BOX」  スター・トレック 完全予約制だったので、一昨年の秋に予約して冬に75,000円で購入したのだが、現在もまだ...・・・ [ 続きを読む ]

湘南のJOHN LENNONの独り言 (2006年07月15日 18:27)

スタートレック40周年記念特別ブログ

スタートレック40周年記念特別ブログにTBで応募してみることにしました。 テーマ1:私のSTAR TREKファースト・コンタクト  あなたが初めて“...・・・ [ 続きを読む ]

海外ドラマ☆SFワールド (2006年07月15日 17:51)

スタートレック40周年記念特別ブログ

スタートレック40周年記念特別ブログにTBで応募してみることにしました。 テーマ1:私のSTAR TREKファースト・コンタクト  あなたが初めて“...・・・ [ 続きを読む ]

海外ドラマ☆SFワールド (2006年07月15日 17:41)

STAR TREK/スター・トレック40周年記念サイト

パラマウント、スター・トレック特別選集DVD-BOX発売 http://www.watch.impress.co.jp/av/docs/20060516/pa...・・・ [ 続きを読む ]

しまたん☆ぶろぐ (2006年07月15日 02:31)

スター・トレック40周年記念!なのだ!

え〜っと、今まで書いた事なかったけど、スター・トレック大好きです。 自分の周りには殆どいないから、1人で楽しんでます。 ま、あまり他の人と情報交換とか交流会と...・・・ [ 続きを読む ]

時々日記・・・。 (2006年07月15日 01:00)

私の“スター・トレック®” First Contact トラックバック企画に投稿

私のスタートレック ファーストコンタクトはずばり 『宇宙大作戦』 子供の頃、いつ頃かは覚えていませんが夕方に再放送で放映されていました。 なかでもMr...・・・ [ 続きを読む ]

Live long and prosper! (2006年07月15日 00:01)

スタートレック40周年記念特別サイトよりメールが届きました♪

第1回オリジナルプレゼントキャンペーン 『'''私の“スター・トレック☆First Contact'''...・・・ [ 続きを読む ]

スタートレック☆クラフトカードなどなど☆趣味のBLOG☆ (2006年07月14日 20:51)

スタートレック40周年記念特別サイトよりメールが届きました♪

第1回オリジナルプレゼントキャンペーン 『'''私の“スター・トレック☆First Contact'''...・・・ [ 続きを読む ]

スタートレック☆クラフトカードなどなど☆趣味のBLOG☆ (2006年07月14日 20:41)

スタートレック

なにやらスタートレック40周年ということで、こんなメールが届きましたよ。 ちなみにスタートレックとは、60年代にアメリカで放映されたSFテレビドラマで...・・・ [ 続きを読む ]

MR.G in 我々はネコだ、抵抗は無意味だにょ (2006年07月14日 20:08)