トゥポル ジョリーン・ブレイロック

インタビュー : vol.3 ジョリーン・ブレイロック

Question5

バクラとの共演は?

スコットとの共演は素晴らしいわ。彼はリーダーとしても友人としても最高よ。撮影は朝から晩までとんでもない長時間に及ぶけど、スコットが現場のムードメーカーなの。彼が いい雰囲気を作り出して、それが全員に伝わる。最後だからじゃなくて、ずっと そうやってきたわ。私たちは自分たちでうまく対処できたの。ドミニク以外はね。1つのボートに 全員が乗っているようなものね。だからもし私たちが無人島に流されたとしても、うまく やっていけるわ。スコットは本当に素敵な人よ。よき父親で 素晴らしい俳優で立派なリーダーなの。“素敵”を絵に描いたような人。私も彼のようになりたいと思うわ。

トゥポル役が私に決まるまでに500人の女優をオーディションしたらしいわ。私のどこがよかったのかは分からない。きっと私が異星人っぽかったのね。当初 バルカン人の科学士官はトゥパウの予定だったの。結局 私の役はトゥポルになったけどトゥパウとは第4シーズンで会えたわ。トゥパウはバルカン人の重要人物で「宇宙大作戦」ではスポックと会うのよ。そんな人物との共演は緊張したけどやりがいがあったし、楽しかったわ。

精神的なつながりが大切なの。瞑想とか…。精神的なつながりを確認し、それを安定させることによって、怒りを抑えるの。それがバルカン人の本質ね。

私は「スター・トレック」に参加できて、具体的には「エンタープライズ」だけど、それだけで光栄よ。さらに ファンの記憶に残ることができたら大変な栄誉だわ。ラジオ番組でインタビューを受けた時のことよ。反響がすごかった。電話や数百通のEメールで回線がパンク状態になったの。とても感動したわ。電話やメールを通じてファンが番組に寄せる情熱が分かったからよ。

番組にとってファンの応援というのは、とても大切なものだもの。ファンに対しても敬意と感謝の気持ちを抱いているわ。そして人生の一部まで捧げてくれるほどファンに愛される番組に出演できて、ほんとうにうれしいわ。