スター・トレック DEEP SPACE NINE

本文

みどころ:Season7

ディープ・スペース・ナイン(DS9)の最終シーズンとなる第7シーズンは、アメリカで1998年10月から1999年5月にかけて放映された。最後の9話(最終話は2時間)は10時間の連続ストーリーになっており、“最終章”と呼ばれた。

ふつう、アメリカのテレビドラマは、はっきりとした結末を描かずに終了するものだが、DS9は最終章で明確に終結し、最終回には7年間を回顧する長い回想シーンもあった。 10時間の最終章では、ドミニオンとの最終戦争や、預言者とパー・レイスの対決などが中心に描かれたが、多くのキャラクターや各種族の行く末も披露された。

この時点で、ヴォイジャーは遠く離れたデルタ宇宙域にとどまっていたため、DS9の終了は、アルファ宇宙域の24世紀の歴史が事実上終わることを意味した。誰もが万感の思いを持って、DS9との別れを惜しんだのである。

エピソード情報はこちら




ローカルナビゲーション