スター・トレック VOYAGER

本文

みどころ:Season6

ヴォイジャー(VGR)のシーズン6は、アメリカで1999年9月から2000年5月まで放映された。このシーズンでは、ついにヴォイジャーと地球との交信が成功して、艦隊との定期連絡が可能となる。これまでは、はるか遠いデルタ宇宙域で孤独な航海を続けてきたヴォイジャーだが、これによって故郷への帰還に望みが出てくる。交信を成功させたのは、新スタートレック(TNG)のバークレーで、同じくTNGのトロイがそれをバックアップした。バークレーは、今後も地球側からヴォイジャーにかかわっていく。

一方、デルタ宇宙域では、ボーグの異変が明らかになる。ボーグ集合体が必ずしも完全ではないことが分かり、幼いボーグ(ボーグ・チャイルド)をヴォイジャー船内に保護することになる。ボーグ・チャイルドの世話をすることによって、セブンはさらに人間的な成長をしていく。

シーズン6では、ホログラム小説や白昼夢など、幻想的なエピソードも多かった。さらに、ケスが久しぶりに登場したり、セブンがレスラーと格闘競技で対戦したりと、注目作も多い。

シーズン6で地球への帰還が現実問題となり、VGRは、ますます面白くなってきた。

エピソード情報はこちら




ローカルナビゲーション