石原慎太郎の死因は病気で膵臓癌か?遺産額は億超えで相続がどうなるかも調査

今回は、2022年2月1日に89歳で亡くなった石原慎太郎について調べてみました。

一時代を築いたとされている、石原慎太郎の家族や生き様は?以下の項目から見ていきましょう。

目次

石原慎太郎の死因は病気で膵臓癌か?

近年は、メディアで姿を観る事も少なくなっていた石原慎太郎ですが、長男の石原伸晃元幹事長(64)が取材に応えています。↓↓↓↓

弔問後に次男の良純らと姿を現し、「ご存じの通り、父・石原慎太郎が本日の午前に急逝いたしました。89歳、数えで90歳でございます」報告。さらに、「膵臓(すいぞう)がんを患っておりまして、本当によく闘い、頑張ったんでございますが、昨年の10月に再発いたしまして、本日に至ったところでございます」と説明した。

yahooニュ-ス

死因は公表されておりませんが、以上のようなコメントから癌の影響が大きいと思われます。

近年は病床でも執筆活動を続けていたと言います。「12月でありますけども、短編小説をとりまとめまして、大変いい上下巻が出来上がりまして、喜んで『これが俺の遺作だな』って、こんなことを話していたそうです。その後も執筆の手を止めることがなかったと言い、年内に3冊が出版されるとの事です。伸晃氏は「都知事など政治家としての経験が長い父ではありますけれども、最後まで作家として仕事をやり遂げた。冥福を祈るばかりでございます」と、時折涙をこらえながら父の最期を報告しています。

若い世代の人達は、あまり御存知ないかも知れませんが、石原慎太郎は作家であり政治家でもありました。

1999年から2012年まで13年間東京都知事をされていた印象が大きいと感じますが、根本的には作家であり、いわゆる芸能人みたいな感じでしたね。

現に亡くなった、石原慎太郎の弟である石原裕次郎は昭和の大スターでありましたし、石原家の認知度は高いと思います。

石原慎太郎の遺産は?

遺産は約2億円はあると予想されています。4人のお子さんがいますので、どの様な分配になるのでしょうか?

歯に衣着せぬコメントが有名でありましたが、日本人の本質を伝えていたかも知れない石原慎太郎の生きざまは語り継がれていくのではないかと感じております。

石原慎太郎の相続はどうなるのか?

仮に遺産が2億円として考えてみますと、妻である石原典子が1億円受け取る事になります。

そして、四人兄弟は1人につき、2500万円の分配となりますね。

ちなみに、長男・石原伸晃(64)・次男・石原良純(60)・三男・石原宏高(58)・四男・石原延啓(56)という4人兄弟です。(今年の年齢です)

生前は、元プロレスラーのアントニオ猪木とも親交がありましたね。

アントニオ猪木も、現在は病気と闘っていると思われますが、偉大なスターでも最強の格闘家でも、病気にはなりますし、人間いつかは必ず死に至ります。それが自然の事で不老不死などという事はありませんし、人間も動物も植物も全ては地球の産物であり偉そうに生きていても人間様ではなく、たかが人間なんです。今の時代は、あまりにも贅沢な時代で物にあふれていて本質を見失う豊かさがあると思います。豊かな事は悪い事ではありませんが、人間の本質は失ってはいけないと思います。昨今は、奇怪な事件や事故が多い中でぶれない軸のある人間の人間強さが必要だと感じます。

そう言った事を言ってくれる人は、少なくなっている時代だと思います。石原慎太郎の様にハッキリとした男らしいい意見を言える芯のある在り方を、これから先の未来も生かされる人間は見習っていく必要があると私は思っています。

彼が全て正しかった訳ではないと思いますが、男らしい男が多く受け継がれていって欲しいという願いですね。

まとめ

以上が、石原慎太郎のことについての調査でした。

石原慎太郎氏のご冥福をお祈り申し上げます。

最後までご覧いただきありがとうございます。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる