ジャスティンビーバー2022現在の難病告白で病名が判明?病状や今後の公演についても調査

今回は、世界的な人気アーティストのジャスティンビーバーについて調べてみました。

ここ数年間で何種類かの病気を患っていますが、原因は明らかになってませんので、色々と見ていきましょう。

目次

ジャスティンビーバー2022現在の難病告白?

ジャスティンビーバーは自身のSNSで、顔の半分がマヒするラムゼイ・ハント症候群であることを公表 しました。そして、動画内で次の様にコメントしています。「この期間は休みを取って、顔のエクササイズもしてもとに戻れるよう頑張ります。どのくらい時間がかかるかはわからないけど、もとに戻します」「希望を持っているし、神を信じている。(この病気になったのには)何か理由があると信じています。その理由は今はわからないけど、とりあえずは休みます」といった事です。

ジャスティンビーバーは、2020年にもライム病を患っていることを告白しており、ライム病のせいでうつの症状が出ていることも明かしていました。しかし病名が判明した事により適切な治療にも取り組め、ここ最近は目立った症状もあまり見られなかったという事ですが、2022年現在でまた新たな病気を患ってしまい、私個人としては病状の早期回復を願うばかりです。

ライム病とは、野ネズミや小鳥などが持っている菌がマダニによって媒介される人獣共通の細菌による感染症。ほとんどの人は、この病気がみられる山間地域での野外活動中に感染する。欧米では現在でも年間数万人のライム病患者が発生し、さらにその報告数も年々増加していることから、社会的にも重大な問題となっている。

tvgroove

ジャスティンビーバー2022現在の病名が判明?

上記項目でも述べましたが、2022年現在の今回公表した病名はラムゼイ・ハント症候群という事です。

ラムゼイ・ハント症候群とは、帯状疱疹(ほうしん)の合併症で、顔面神経まひや難聴を生じる場合がある。ジャスティンは動画で「見て分かるように、こちらの目はまばたきしていない。顔の片側が笑えず、鼻孔が動かない」と説明。確かに表情の動きは通常とは明らかに違っていた。

yahooニュ-ス

原因は、小児期にかかる”みずぼうそう”のウイルス(水痘・帯状疱疹ウイルス)が顔面神経節内に残っており、体調不良や疲れ、ストレスなどにより免疫力が低下した時に、この潜んでいたウイルスの再活性化にともない顔面神経が傷害されて発症すると言われているという事ですが、世界的な人気アーティストが難病告白を公表した事で健康の大切さや健康である事への感謝が生まれてきますね。

ジャスティンビーバー2022現在の病状は?

病状は非常に深刻であり、しばらくの療養期間が必要であるとの事です。ジャスティンビーバーは現在ワールドツアー中ですが「一目瞭然だけれど健康上の理由でコンサートができない。見ての通り非常に深刻な状態だ。」といったコメントをしています。

神のお告げではないですが、頑張っている人間には必ずや休養期間も重要だと思われます。この機会に身体を安静にして完全復活する事を願います。

ジャスティンビーバー2022現在の今後の公演について

2022年の今後の公演については、まだ未定ですが、地元凱旋となるはず7、8日、8日のトロントのスコシア・バンク・アリーナでの2日連続公演と、10日のワシントンDC公演の3公演をキャンセルした。13、14日のニューヨークMS・G公演についての公式なアナウンスの詳細は出ていません。

2022年現在で28歳という若さですが、世界的なアーティストであるジャスティンビーバーは少年期からアメリカンドリームを築き、一般人では理解出来ない多くの苦労やしがらみなどがあると思われますので、休養の時はシッカリと療養してまた元気に復帰する事を願います。

まとめ

以上が、今回のジャスティンビーバー2022現在の難病告白で病名が判明?病状や今後の公演についても調査でした。

最後までご覧いただきまして、誠にありがとうございます。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる