小久保颯弥の身長や体重と父親の教育法は?小学校はどこで進路についても

今回は、2021年12月30日のジュニアトーナメントで小学6年生にして神宮球場でレフトスタンド中段にホームランを放った注目の小久保颯弥選手について調べてみました。

小学校6年生で特大ホームランって凄いですね。

目次

小久保颯弥の身長や体重

まずは彼の身体的な事が気になりますが。

  • 名前:小久保颯弥(こくぼ そうや)
  • 身長/体重:173センチ/65キロ

すでに大人のような体躯を誇る小久保颯弥ですが、小学校6年生でこの身長/体重は規格外と言いたいところですが2022年現在となっては、さほど珍しい事でもないのかも知れません。私の小6時代は145センチくらいしか身長がありませんでした。しかし今では175センチで小久保と大差ありません。

正直言って、今でも小学校で173センチは凄いと思います。今後の成長と活躍が期待されますね。

小久保颯弥の父親の教育法について

父親の教育法について調べていきましたが、詳しい情報が得られませんでした。しかしながら、根本的に小久保という苗字を聞いた時に私個人的には小久保裕紀の息子か?と、思ってしまいましたが。どうやら、それはない様です。

信じられない事に小学校6年生でプロ野球選手並みの飛距離を出すホームランを放った小久保颯弥ですが世間一般ではこんな意見もある様ですね。↓↓↓↓

延長8回の無死満塁で、2ボールから来たファーストストライクを振り抜いた。「狙っていました。完璧です。あんなに飛んだのは初めて」。グラウンドに設置された小学生用の“外野フェンス”なんて軽々と越え、客席に飛び込む特大グランドスラムになった。

yahooニュ-ス

小学生用の外野フェンスを軽々と越えてプロ同様の飛距離を出すのがビックリです!

小久保颯弥の小学校はどこ?

小久保颯弥の出身小学校ですが、名古屋市立中島小学校だと思われます。

https://twitter.com/tiger_blog7240/status/1476424932536242178?s=20&t=jjU5KdHmMmQvTy5p_UG6Cw

愛知県名古屋市中川区中島新町2丁目である校庭で主に練習されている事からの推測です。

小久保颯弥の進路についても

進路が気になりますが6年後のメジャーリーグを見据えて今を生きている様です。

本当に、規格外な活躍をしていると私個人的には思いますが、今の時代では何でもありなのかも知れませんね。大谷翔平の様に二刀流で活躍する小久保颯弥ですが小学生の時点で記録を作っている様です。

話題となった特大ホームランですが、12月30日のジュニア大会準決勝延長8回の無死満塁で、2ボールから来たファーストストライクを振り抜いた。「狙っていました。完璧です。あんなに飛んだのは初めて」。グラウンドに設置された小学生用の“外野フェンス”なんて軽々と越え、客席に飛び込む特大グランドスラムになりました。このシーンは劇的過ぎます。

昔で言う斎藤祐樹の持ってる人。ドラマみたいなシーンですよ。ここで打てるというのは今後の活躍に期待出来ますよね。

中学で最速140キロ、高校で最速155キロ&通算100本塁打が目標

早くも周囲からは「二刀流」への期待が聞こえてくる。エンゼルスの大谷翔平投手を引き合いに出す人も少なくないが、いま楽しいのは投手よりも野手。「ピッチャーは打たれたら精神的に終わるんで(笑)。バッターは、普通に打てて楽しいから」。はにかむ表情は、やはり等身大の小学6年生。

yahooニュ-ス

↑↑↑↑以上のコメントを観ると、当然のことながら小学生だと思われますが、今後の成長と活躍に期待していきたいと思います。

まとめ

以上が、小久保颯弥についてにの調査でした。

小久保と言えば小久保裕紀の年代でしたので恥ずかしい限りです。

最後までご覧いただきありがとうございます。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる