古塔つみは男性で顔画像や本名も判明?トレパク疑惑の作品画像も

今回は、人気音楽ユニット「YOASOBI」のキービジュアルなどを手がけたイラストレーターの古塔(ことう)つみが描いた作品について、ネット上で著作権侵害があるのではないかと指摘が出て、何かと騒がれているので調べてみました。

何やらネット上では、炎上しているようですね。

目次

古塔つみは男性?

まず、古塔つみは男性ではないかという疑惑が出ていたためTwitterなどから見てみましたが、どうやらその情報は疑惑ではなく事実の様でネット上では、トレパク疑惑の話題以上に、古塔つみが男だったという事で炎上しているようです。

根本的にイラストレーターという職業は芸能人の芸名の様に本名で活動する事はないのかも知れませんが、男が女のフリをして活動していた事になりますから、単純に作品に魅了されファンとなった方や興味を持って古塔つみを観ていた方からしたら大きなショックですかね。

以下が、古塔つみ本人の発表前文になります。↓↓↓↓

フォロワーの皆様 作品購入の皆様全ての関係者の皆様方へ

この度は私の作品制作に関しまして大変お騒がせ・ご迷惑・ご心配をおかけしています。 心よりお詫び申し上げます。また、引用・オマージュ・再構築として制作した一部の作品を、権利者の許諾を得ずに投稿・販売してしまったことは事実です。 この点につきましても深くお詫び申し上げます。 引き続き当事者とも協議を進めて参ります。私はかねてより写真素材や実際のモデルさんの写真を参考資料に制作することが多く、この度、話題に挙げられている中には同様の手法で制作したものもございます。 しかし、写真そのものをトレ-スしたことはございません。 模写についても盗用の意図はございません。私の作品を愛し、大切にしてくださる方々や多くの取引先の方々にご心配をおかけしましたことを改めてお詫びするとともに、今後はこのようなことがないように猛省し、しっかりと自らを律する所存です。著作権や権利についても改めて考えて参ります。なお、私の作品をご利用いただいていますクライアントの皆様方へも大変ご迷惑をおかけしています。 クライアントワークは全てオリジナル作品です。引き続き真撃に対応して参ります。 皆様からの問い合わせなどは、どうかお控えいただきますよう平にお願い申し上げます。この度はお騒がせして大変申し訳ございませんでした。 なお、今後はinstagramのみの運用にしていきます。

古塔つみ

yahooニュ-ス

どうやら、本人らしき画像も出てきておりますね。

古塔つみの顔画像は?

顔画像はTwitterでも大きく取り上げられていますね。古塔つみを、どの様なイメージで捉えていたかにもよりますが、例えば、若い女性をイメージしていたとしたら【アラフィフのオッサンが古塔つみやったんかい!?】って感じになりますよね。

以下の画像は最近のものなのか定かではありませんが、かなりハッキリと出てしまってます。↓↓↓↓

プロフィールが載っちゃってますが、詳細は次の項目で。

古塔つみの本名は?

プロフィール

名前 古塔つみ(ことう つみ) ???本名 後藤宏光(ごとう ひろみつ)【注意:確定されてはいません】

生年月日 1976年4月26日(2022年2月現在45歳)既婚者

出身地 愛知県  家族 子供3人(息子2人、娘1人)

ネット上では、ほぼ確定とされていますが、古塔つみ本人の発表はまだされておりませんので事実は今後明らかになるかと思われます。

果たして、古塔つみ本人の発表はされるのか分かりませんが、ここまでネット上で流出して個人を断定されてしまうというのも時代なのか恐ろしいという意見もありますね。

古塔つみのトレパク疑惑の作品画像とは?

トレパク疑惑の作品は数々上がっている様ですが、その一部を以下に紹介します。↓↓↓↓

ちなみに、注意して頂きたいのは以下のTwitterで説明がある様に炎上した絵師と、夜に駆けるの絵師は別です。↓↓↓↓

物にあふれて、便利な時代になった反面で人間力の低下が垣間見れる一件だったと私は感じております。昨今では、盗撮や窃盗や強盗や万引きなど子供の頃に【やってはいけない】と、言われてきた事を平気で犯してしまう。その様な人間が増えているというのは、正に人間力の低下と私は観ています。裕福になり豊かさは必要で良い事ですが、大切な事を失ってはいけないと思います。世界に一つだけの花の様に人間一人一人はみんな違って個性があるのですから良い所、得意な分野を成長させていけば必ずや良い結果は出るはずです。得意な所が大きくなれば苦手な所は小さくなってチャ-ムポイントとなりますから。

まとめ

以上が、古塔つみの疑惑などの調査でした。

最後までご覧いただきありがとうございます。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる