松下萌子の経歴や出身高校は?若い頃の顔画像やチョ-クア-トについても調査

今回は、船越英一郎との交際が発覚した22歳の年の差があるとされる松下萌子について調べてみました。

それでは、早速ですが彼女の詳細を観ていきましょう。

目次

松下萌子の経歴は?

【プロフィール】

名前:松下萌子(まつした もえこ)

別名義:Moeco

生年月日:1982年12月19日

年齢:39歳(2022年1月現在)

出身地:兵庫県神戸市垂水区

血液型:A型

身長:158cm

スリーサイズ:W82/W57/H85

松下萌子は芸能活動をしながら現在では、”チョークアーティスト”や”キャンドルアーティスト”として活躍しています。小さい頃から絵が好きで、テレビの番組でも絵を描かせてもらった事があるそうです。

松下萌子は1997年、14才のときに米倉涼子(46歳)らを輩出した『全日本国民的美少女コンテスト』で「マルチメディア賞」を受賞した。Moeco名義でチョークアーティストとして活動を開始したのは2013年9月。

船越英一郎松下萌子は、どこで接点があったのでしょうか?

松下萌子の出身高校は?

松下萌子の出身高校については、公表されていません。なので、どこの高校に通っていたのか予想してみました。

フレグラボのスペシャルインタビュー記事で以下の様にコメントしています。↓↓↓↓

「14歳のとき、事務所のオーディションに受かって、中学卒業と同時に神戸市から上京してきました。こちらの高校に通い始めたのです。自分にとってはそれがとても自然なことで、寂しかったという記憶はありません。若かったというか、子どもだったから、怖いもの知らずだったのですね(笑)」

frag lab

との事で、中学卒業と同時に東京の高校に通った事が分かりますね。

東京の芸能系で有名な高校だと以下の2校があります。↓↓↓↓

  • 堀越高校 トレイコース(旧、芸能活動コース)
  • 日出高校(現、目黒日本大学高校) スポーツ・芸能コース

女優の上野なつひ・歌手の上木彩矢と仲が良いという事で、同校を卒業した2人と一緒の高校であったとすれば目黒日本大学高校に通っていたのではないかと予想できます。

misonoとも仲が良いみたいですね。

松下萌子の若い頃の顔画像は?

若い頃の顔画像は多くは見つけられませんでしたが、デビュー曲を出した当時の顔画像は見つかりましたので、現在も非常に美人な松下萌子ですが、若い頃の顔画像も一緒にご覧ください。

若い頃の歌ってる映像も良いですね。

デビューしてから20周年が経っているという事ですが、とにかく美人だと私は思います。

今とデビュー当時の顔画像を比較してみてください。

こんな美人がなぜ船越英一郎と交際なんて・・・(笑)あくまでも個人的な意見です。(笑)

松下萌子のチョ-クア-トについて

松下萌子のチョ-クア-ト作品の価格や購入方法など、気になるところです。

価格はピンキリとなりそうですが、高額で落札されていた作品もありますね。

タレントでチョークアーティストの松下萌子(37)の作品が31日、都内で行われた絵画のオークション「第40回SBIアートオークション-モダン&コンテンポラリーアートセール」に出品され、400万円という高額で落札された。出品されたのは、1メートル四方のキャンパスにチョークで果物などを描いた作品。バロック期を代表するイタリアの画家・カラヴァッジョを参考にしたものだという。

400万円という落札額に、松下は「驚きというよりは、素直にうれしく思います。そして私としては更に身が引き締まる機会となりました」とコメント。「オークションは、分かりやすくその価値が数字として現れる場所。それも一つの評価としてとても感謝しています。今回ご購入して下さった方にはもちろんですが、これからも一人でも多くの皆さまに私の作品たちを愛してもらえるよう精進していきたいと思います」と思いを語った。

デイリー

購入方法はMOECO CHALK ART | 松下 萌子

http://moecochalkart.com/こちらのリンクからオンラインで選択出来るようです。

芸能人というのは本当に多才ですね。と言いますか、松下萌子が多才だと言うべきか。女優も歌手も芸術的なチョ-クア-トなど凄いと思います。

まとめ

以上が、今回は船越英一郎と結婚が噂されている松下萌子の調査でした。

https://twitter.com/biwakozaru_be5c/status/1478377401520631814?s=20

若い頃の写真も可愛いですね。現在は、可愛いと言うより美人と言った方が正しいかと思いますが。

泥沼離婚をした船越英一郎の元妻だった松居一代が本当、ヤバいですよね。(笑)

最後までご覧いただきありがとうございます。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる