峰竜太の経歴やプロフィ-ルは?接触した予想屋が誰で出場停止理由についても

今回は、ボートレースのトップ選手である峰竜太が、レースの予想を行っている者とインターネット上で接触して、4か月の出場停止処分を受けた件について調べてみました。

なかなかのイケメンで人気があり、ボートレースのトップ選手のスキャンダルとなれば報道されますね・・・

目次

峰竜太の経歴

峰竜太と言えば、私的には芸能人の方をイメージしてしまうのですが、ボートレーサーの彼の経歴を見ていきましょう。

峰竜太選手は、2004年11月10日に地元である唐津競艇場で開催された「西日本スポーツ杯争奪戦」(初日)の1Rでデビューし、12月30日に福岡競艇場で開催された「歳末特選レース」(最終日)の1Rで6コースからまくりを決めてデビュー22走目にして初勝利し、水神祭を飾っております。そして、2005年11月6日に唐津競艇場で開催された「九州スポーツ杯争奪 唐津くんち特選」で5コースからのまくりを決めて初優勝を飾りました。2007年1月13日に唐津競艇場で開催された「全日本王者決定戦」(初日)の2RでG1初出走、同年5月29日に住之江競艇場で開催された第34回笹川賞競走(初日)の1RでSG初出走を果たし、2009年2月3日に芦屋競艇場で開催された「第55回九州地区選手権競走」でG1初優出し、優勝戦ではイン逃げを決めてG1初優勝をしてます。2011年5月29日に尼崎競艇場で開催された「東日本大震災被災地支援競走 第38回笹川賞」でSG初優出し、優勝戦では2着に入り2017年7月3日に唐津競艇場で開催され「サマーモーニングバトル~ほぼ女子戦~」でイン逃げを決めたことにより通算1,000勝を達成し、同年7月17日に丸亀競艇場で開催された「第22回オーシャンカップ」でイン逃げを決めてSG初優勝を飾りました。2018年1月3日に唐津競艇場で開催された「第58回佐賀県選手権」でイン逃げを決めて通算50優勝を飾り自身2度目のSG優勝。この優勝で2018年の獲得賞金が2億円を突破し、自身初の賞金王が確定。さらに2020年、2021年に至るまでにも輝かしい経歴の数々がありますが、以降の詳細については割愛させていただきます。

2022年2月25日、日本モーターボート競走会は第346回褒賞懲戒審議会を行い、26日から4カ月間の出場停止処分を決定しました。

峰竜太のプロフィ-ル

  • 名前:峰竜太(みね りゅうた)
  • 生年月日:1985年3月30日(2022年3月現在で36歳)もうすぐ37歳です。
  • 身長/体重:173センチ/52キロ
  • 血液型:B型
  • 出身地:佐賀県唐津市
  • 登録番号4320の95期生。佐賀支部所属
  • 唐津市立鬼塚中学校卒業
  • 佐賀県立唐津西高等学校卒業

高校時代は、ヨット部に所属していた様です。

峰竜太選手の師匠は松尾孝明で、弟子に山田康二を始めとして上野真之介・高田明・安河内将・定松勇樹がいる様です。

36歳にして弟子が5名も挙げられていますが、凄いですね。

峰竜太が接触した予想屋は誰?

今回、峰竜太選手が接触したとされる競艇の予想屋はジェイソン先生という名前でSNS発信をしていると思われます。

なぜジェイソン先生とトップボートレーサーとの接触が疑問となりますが、SNS上で接触した事がキッカケみたいですね。

2021年11月頃に峰竜太選手はAPEX(ゲーム)の大会を開催し、大会を開くにあたって協賛者をツイッターで募集したところ、ジェイソン先生は自身の宣伝になるのではないかと思い協賛者として参加したとの事です。

峰竜太の出場停止理由についても

出場停止理由は峰竜太選手が、個人的なゲーム大会で予想屋と接触があったためです。

自身が主催するネット上の個人的なゲームイベントにおいて本来、交流を避けなければならないレースの予想を行っている者(予想業)とネット上で接触するなど、ボートレースの信頼を失墜させたとし、25日に行われた褒賞懲戒審議会において出場停止4カ月の処分となっております。

「この度は、自分の身勝手な行動により、多くのボートレースファン、施行者、関係者の皆様を出場停止という形で裏切ることになってしまい、本当に申し訳ありませんでした」と謝意を示した。「ボートレースを広めたいという気持ちで始めたSNSですが、僕の軽率な判断により、大好きなボートレースができない状況になってしまったことを反省し、情けなく思っています。今回のことで、僕自身に足りないものは技術や努力などではなく、プロとしての自覚だということに気がつきました」とも。そして「今回の件で、ファンの皆様からの信用、人気、実績などたくさんの大切なものを失ってしまうことになりました。またゼロからやり直してもう一度、賞金王を夢見て走りたいと思います。こんな僕ですがこれからも応援してもらえると嬉しいです。最後に自粛期間中のTwitterへの投稿はやめたいと思います。本当にすみませんでした」と結んだ。

スポニチ

悪気はなかったとは言え、軽率な行動により、自身の選手人生に泥を塗ってしまった峰竜太選手ですが、今回の事を機に復帰した際はより一層の活躍に期待したいと思います。

まとめ

以上が、今回の峰竜太選手についての調査でした。

上記は、ジェイソン先生のYouTubeでの説明です。↑↑↑↑

最後までご覧いただきありがとうございます。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる