大塚久美子の2022年現在は何をしている?経営コンサルの代表で会社名は?

今回は、2022年2月14日、連結子会社の(株)ヤマダデンキが(株)大塚家具を5月1日付けで吸収合併すると発表したので、大塚久美子について調べてみました。

ヤマダデンキと連携し、大塚家具の事業再建を進めていた。大塚家具のブランドは、今後も維持される見通し。1972年設立の法人としての「大塚家具」は消滅する。

yahooニュ-ス
目次

大塚久美子の2022年現在は何をしている?

毎日のようにニュースで騒がれていた大塚家具のお家騒動から6年ほどが経ち、大塚久美子元社長は現在は何をしているのでしょうか?

大塚久美子は2020年10月に大塚家具の社長から退任していますが、大株主であった彼女は現在は大株主から名前が消えている様です。

全てではないにしても生活のためや、新事業のために株を売却しているようですね。

現在、大塚久美子は2005年に大塚家具の広報・IRコンサルティング会社として設立した株式会社クオリア・コンサルティングの代表取締役として活動している様です。現在は業務内容が変わり、家具、インテリア、住まい、ライフスタイル」をテーマにしたコンサルトを中心に行っている様です。

大塚久美子は経営コンサルの代表?

現在はコンサルティング会社の代表取締役社長で2005年に個人で設立した会社のようですね。インテリアと住まいを中心テーマに、個人向けにはライフスタイル・コンサルタントとしての情報発信、セミナーの企画実施などを行う会社のようです。また、事業者向けには、インテリア関連業種・異業種間のコラボレーションの支援、新事業の立ち上げ・スタートアップ企業のサポート、人材開発・社内研修のコンサルティングなどを行うとの事です。

大塚久美子は2022年2月現在でも結婚はされてないです。

ずっと第一線で仕事をされてきた彼女ですから、結婚する時間が無かったのかも知れません。

彼女の生年月日は1968年2月26日ですので、もうすぐ54歳になりますね。大きなお世話ですが生涯独身で過ごされるのかも知れません。と言うのも、失礼ながら現在の年齢まで独身となると今から他人と生活をする事は難しいと思われるからです。やはり、世の中は上手く出来ているのでしょうか?裕福で何不自由なく育った人は、なかなか価値観の合う異性との出逢いがなかったのかも知れませんね。あくまでも、個人的な意見なのでご了承ください。

大塚久美子の会社名は?

大塚久美子の現在経営する会社名は、株式会社クオリア・コンサルティングという事です。

大塚久美子の経営コンサルタント能力に疑問の声がありますが、果たして事実はどこにあるのでしょうか?経営誌「日経トップリーダー」(日経BP社)が主催するセミナー「日経トップリーダー大学」に、講師として大塚久美子が登壇する事が発表されると、「冗談だろ」「ギャグでしかない」などの声があがりました。

しかしながら、彼女の経歴は多くの他人から批判をされる様な感じではないと思いますが・・・

真実と事実は差がありますから何とも言えませんが、参考までに経歴を以下に。↓↓↓↓

  • 1991年 総合職で富士銀行に入社(現みずほ銀行) 支店に配属され2年間、融資業務を担当
  • 1993年 企画係で国際広報などを担当
  • 1994年 大塚家具入社

ここから、下積み経験をして経営者側になったのだと思われますが、約25年ほど大塚家具で活動していたという事です。経営側になったのは何年の経験を積んだのかなども詳細は定かではありません。しかしながら、世の中は表裏一体ですから批判されているイメージは大きいですが、今後の活躍に期待したいと思います。

まとめ

以上が、今回の大塚久美子の2022年現在についての調査でした。

SNS上では、大塚久美子の批判や否定的なコメントが多い様に思われますが、真実は人それぞれで事実は1つしかありません。私は彼女の人間性や人間力など詳しくは分かりませんが、応援したいと思います。

最後までご覧いただきありがとうございます。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる